価格に絶対の自信あり。au iPhone6sおススメの3つの理由

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

【どこよりもお得にiPhoneへ乗り換えるならこちら!】

08-04

iPhone6sは年齢、性別を問わずベストセラー端末になったようですね。
街中でスマホを使っている人を見ると、iPhoneを手にしている人の割合が圧倒的に多いです。

学生から高齢者までiPhoneを手にしています。iPhoneユーザーでも契約している通信キャリアはそれぞれ異なるのでしょうが、各通信キャリアにはそれぞれ独自のメリット、デメリットがありiPhone6sを購入しようと思った時に、どこの通信キャリアで契約するかが最も頭を悩ませる問題になるでしょう。

ドコモ、au、ソフトバンクの通信キャリア大手3社はいずれもiPhone6sを販売していますし、料金プランも似たり寄ったりで差がないように見えます。

iPhoneに限定した割引キャンペーンなどもありますが、通信料金を含めた価格、付帯サービスを考えるとauのお得度が高いです。iPhone6sをauで契約する場合のメリットを3つご紹介します。

本体価格

09-01

iPhone6sは本体価格が16GBで8万円強、128GBで10万円強とスマホの中では高額な部類に入ります。
キャンペーンや割引前の定価を見て行きますと、新規・機種変更共に16GBモデルが84240円、64GBモデルが97080円と大手3キャリアの中で最も安い価格になります。

128GBモデルは109920でドコモの99792円が最も安くなりますが、 128GBを購入する方はヘビーユーザーに限定されますし、売れ筋は64GBモデルですから、本体価格はauが最安と言ってよいでしょう。

64GBモデルの他キャリアとの価格差は2~3千円ですが、16GBモデルは約9千円の価格差があり、更にお得感がアップします。
16GBなんて容量が足りない、と感じる方も多いかと思いますが、データを入れっぱなしにせずにこまめにメンテやデータ移行をすれば16GBで十分使用に耐えます。

通信料金

 

気になる通信料金ですが、基本の所は大手通信キャリア3社で横並びです。ご存じのように通信料金は「通話料」+「データ使用料」+「インターネット使用料」+「オプション」から成ります。

この内通話料は定額通話し放題の場合は3社で同一、インターネット使用料の3社で同一、データ使用料はデータパックの選択によって変わります。

Auのデータパックは最大容量は13GBまでですが、他の2キャリアと異なり1GBから13GBまでの7段階にLTEフラットを加えた8種類ですから、小刻みにデータ容量が設定されています。

自分のデータ使用料を少量に抑えることができれば、auの通信料金が最安になります。データ使用料を抑える方法は難しいことではなく、ゲームや動画などのデータ容量が大きい物の使用頻度が高い人でもWiFi優先で使用すればデータパックは2GBで十分なこともあります。

また通話をあまり使わない人であれば、通話定額を契約せずにデータ通信専用の「LTEプラン」で契約すれば、通信料金は更に安くなります。

キャンペーン、割引

09-03

期間限定のキャンペーンですが、「スマバリバリキャンペーン」は、スマートバリューに加入すると一年限りですが1410円の通信料金の割引に加え一年間毎月2GBのデータ容量がプレゼントされます。

スマートバリュー自体で加入者には2000円の通信料金割引がされますから、ダブルでお得なキャンペーンです。スマートバリューはネット回線と固定電話回線をauにすることが条件ですが、ネットを契約すれば自宅でWiFiが使用できるようになりますからスマホのデータ使用料削減には最適と考えます。

またauのWiFiルーターとauスマホの組み合わせでも「スマートバリューmine」と言う割引が得られます。
他キャリア同様に下取りキャンペーンもあり、最大で27000円の下取り還元を受けることができます。

そのほかのキャンペーンでは「電話きほんパック」がお得です。スマホの機種の大半は端末本体に留守番電話録音機能がないので、オプション契約で留守番電話を契約する方が大半かと思います。

電話きほんパックは「留守番電話」と「待ちうた」、「三者通話サービス」、「迷惑電話撃退」がセットになったもので、それぞれを個別にオプション契約するよりも安くなり、契約時から3カ月は無料となります。

まとめ

これら3つのメリットの他にauでスマホを契約すれば全国のWiFiスポットでスマホ以外に最大3台の通信機器の接続ができるようになります。

スマホだけではなくPCやタブレットも接続でき、他のキャリアにはないサービスです。また近い将来の話ですが通信回線の高速化も準備されており、4GLTEとWiMAX2+を束ねて従来以上に高速なデータ通信を可能とするキャリアアグリゲーションの構想が進展中で一部地域の試験運用から始まり、全国へ展開して行く予定があります。

価格面だけではなく通信速度、通信品質も向上して行きますから、iPhone6sを検討する場合にはauを優先して考えてみましょう。

関連記事

価格で選ぶiPhone6sをauにする5つのメリットデメリット
au使用者の声を聞け!価格その他2つの視点でiPhone6sを見る
auのiPhone6sを買う前に!絶対確認しておきたい価格一覧

お得に携帯を乗り換える!キャッシュバック比較表を紹介

1. 今の携帯キャリアそのままで機種変更することは、機種代金・月額料金・キャッシュバックなどあらゆる面でをします!
2. au・ドコモからソフトバンクのように電話番号そのままで乗り換えることで、機種代金もお得に、毎月安く使うことが可能です。
3.特に、下記で紹介するようなスマホルームやおとくケータイのように店舗費のかからないWeb販売店を利用することで数万円の現金キャッシュバックを貰えます。

おとくケータイ

評価

★★★

キャッシュバック

20,000円〜30,000円

特徴

  • 高額キャッシュバック
  • 全国に店舗あり

デメリット

  • 実際のデモ機を触れない

SoftBank Online Shop

評価

★★☆

キャッシュバック

0円〜10,000円

特徴

  • 直営のため入荷が早い
  • 店頭の待ち時間が無い

デメリット

  • MNPでもキャッシュバックが少ない

docomo Online Shop

評価

★★☆

キャッシュバック

0円〜10,000円

特徴

  • 直営のため入荷が早い
  • 店頭の待ち時間が無い

デメリット

  • MNPでもキャッシュバックが少ない

au Online Shop

評価

★★☆

キャッシュバック

0円〜12,000円

特徴

  • 直営のため入荷が早い
  • わかりやすい料金シミュレーション

デメリット

  • MNPでもキャッシュバックが少ない

スマセレクト

評価

★★☆

キャッシュバック

0円〜10,000円

特徴

  • 月額0円スマホを選べる
  • SIMが豊富

デメリット

  • 海外で使用できない
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket