app note(アップノート)はiPhoneをもっと楽しくするための情報を提案します!

app note

auの料金プラン iPhone6s スマホの料金

2年縛りに注意!iPhone6s購入時auに機種変更する皆様に

投稿日:

iPhone6sは一括購入価格が8万4千円と高価ですから、ほとんどの方は購入時に2年分割契約で購入されるものと思います。
購入時0円、機種変更後の価格2万5千円になるのですから、分割を選択するのは当然の流れです。
これに下取りやポイント残高を加えて購入される方が多いと思いますので、一括支払いで購入される割合は低いかと思います。
お得に思える二年契約(いわゆる2年縛り)ですが、意外な落とし穴が潜んでいますので、要注意です。

スマホを乗り換えるなら!


機種変更では、このような失敗をする方がとても多いです。
  • 有料オプションを契約させられ料金が高くなった。。
  • 待ち時間や契約時間が長くて、半日かかってしまった。。
  • キャンペーンや割引がきちんと適用されていなかった。。
スマホを乗り換えるときには、
→ おとくケータイで乗り換えキャッシュバックをもらう
で乗り換えをするとキャッシュバックがもらえます。

スマホの機種変更するときは、
→ソフトバンクはこちら
→ドコモはこちら
→auはこちら
キャリア公式オンラインショップがおすすめです。学割や限定キャンペーンなどがもっとももおとくな時期です。

2年縛りってなんだろう?

「2年縛り」とは、本体機種代金が2年分割でできる契約で、分割機種代金の完済が2年後となる契約です。
本体代金だけでなく、キャリアと契約するプランが2年の長期契約となりますから、種々の割引が適用されて本体代金が安くなる仕組みです。
キャリアとしては2年間ユーザーを囲い込むことができるメリットがありますから、ユーザー、キャリアの双方にとってお得になり、広く普及して来ました。
ただし、2年の期間満了を待たずに解約した場合や、2年が終了しても解約可能期間後に解約した場合には、解約金が発生する仕組みになっています。
この解約を巡るトラブルは総務省も問題視しており、各キャリアに改善措置を求めていました。

解約のタイミングがわかりにくい

みなさんは2年分割で契約したスマホはいつ2年縛りが完了するのか、ご存知でしょうか?
よほど几帳面な方でない限り何年の何月に分割契約が終了するかを把握していないと考えます。
2年縛りが終了する時期を覚えていたとしても、契約に含まれている割引プランやオプション契約は本体代金の分割終了年月の翌月までの2年契約と期間にズレがあって、解約すること自体が面倒で複雑な仕組みになっています。
更に面倒なことに、契約には自動更新の条項があり、解約のタイミングを逃すと更に2年間契約が延長されてしまいます。
解約はこのように面倒で分かりにくいため、MNPでキャリア変更をする方以外は同じキャリアに囲い込まれることになります。
Apple Introduces Two New iPhone Models At Product Launch

解約可能期間を確認するには、どうする?

各キャリア共に2年縛りがいつ終了するのかを通知してくれることはありません。
auの場合は「auお客様サポート」から「ご契約内容の確認」で「端末ご利用期間」がわかります。
購入時から現在までの期間が表示されますから、購入した端末の分割払い完了月を確認することができます。
ただし先にも言いましたが、料金プランの2年縛り終了月はその翌月になります。
料金プランは契約の翌月から適用になるからです。
料金プランの契約内容確認は、同じく「お客様サポート」から「契約内容の確認」で調べることができます。
このように自分で調べないとわからないことから、気が付いたら解約可能月を過ぎてしまうのが普通だと思います。

2年を待たずに解約するとどうなる?

2年縛りの期間中に他のキャリアに乗り換えたい場合やSIMフリーに変更したい場合など解約を検討したいケースがあると思います。
2年縛り契約中に解約を行うと、まず解約金が発生します。
10000円で小銭がお釣りで出る程度の解約金ですから、痛い出費になります。
更に2年縛りは本体代金と割引プランの契約がセットになって本体代金を安く買っているのですから、中途解約すると割引プランも終了となり、残った本体代金を割引なしの金額で精算することになります。
これは更に痛い出費となります。
更に注意したいのが、2年縛りの契約時に割引額を増やすためにフォトフレームなどを2年解約で抱き合わせ販売された場合などは、それも2年以内解約違約金の対象になります。
解約金や端末代金の精算を考えると2年縛りの契約内容を事前に確認することが必要と考えます。
01-02

iPhoneの場合は特に気を付けて

iPhoneの場合は新モデルの発表サイクルが2年、その合間にSシリーズが登場しますから実質1年ごとに新モデルが発表、販売されることになります。
新モデルが出るたびに機種変更を繰り返していると2年縛りがますます複雑になって来ます。
iPhoneユーザーの方の大半はこのパターンにはまっていると思いますが、端末分割代金の完了年月と料金プランの契約満了年月が違うことになり、解約のタイミングを知ることが一層難しくなります。

タイトル画像:http://www.au.kddi.com/lifedesign/?bid=we-we-tpmpr-0048

2年縛りはなくなるのか?

総務省からの改善命令を受けて、ドコモ、au、ソフトバンクの大手キャリア3社は2年縛りの解約金を廃止する方向で検討を始めました。
現在検討されているのは、4年目に解約金ゼロになるプランを導入すると言う方向のようですが、新たな料金プランで毎月の料金は高くなると言う、益々訳のわからないプランのようです。
またauは2年縛り契約の自動更新を廃止すると明言していますから、今後の動向には注意して下さい。

関連記事

auの機種変更がお得!iPhone6sは下取りでさらに安くなる!
auでiPhone6sの機種変更は高い!?価格/料金を抑える秘訣
CMだけではないんです!30秒で惹きつけられるauの価格

スマホの乗り換えで失敗する人の共通点

「機種変更してみたら、思ったより料金が高かった…。」なんてことありませんか?

いま、ショップの店頭で有料オプションや有料コンテンツに加入させらて、結局損をしてしまう人が続出しています。

スマホを乗り換えるときには『おとくケータイ 』などのオンラインショップを利用してください。

どんなショップよりも、賢くおとくに乗り換える方法です。
iPhone7も実質0円になり、学割などのキャンペーンや限定割引など、今月が一年の中でもっともおとくな時期です。


→ おとくケータイで乗り換えキャッシュバックをもらう (電話がおすすめ!)
→ソフトバンクはこちら
→ドコモはこちら
→auはこちら

-auの料金プラン, iPhone6s, スマホの料金

Copyright© app note , 2019 All Rights Reserved.