app note(アップノート)はiPhoneをもっと楽しくするための情報を提案します!

app note

new

下取りで断然安く!auのMNP特典でiPhone6sが大幅割引!

投稿日:

アップル社から2015年9月に発売されたiPhone6s。
スペースグレイ、シルバー、ゴールドに、新色としてローズゴールドが追加。
16GB、64GB、128GBの3種類の容量が用意されており、記録を更新する売れ行きを見せています。
日本では主要キャリア3社すべてから発売。
MNPなどによって競争が激しくなり、キャンペーンも充実しています。
auへの乗り換えでiPhone6sの購入を検討している人も多いのでは。
MNPを使いauに乗り換えをする場合、どういった点に注意すれば良いのでしょうか。

スマホを乗り換えるなら!


機種変更では、このような失敗をする方がとても多いです。
  • 有料オプションを契約させられ料金が高くなった。。
  • 待ち時間や契約時間が長くて、半日かかってしまった。。
  • キャンペーンや割引がきちんと適用されていなかった。。
スマホを乗り換えるときには、
→ おとくケータイで乗り換えキャッシュバックをもらう
→ SMARTPHONE STORE
で乗り換えをするとキャッシュバックがもらえます。

スマホの機種変更するときは、
→ソフトバンクはこちら
→ドコモはこちら
→auはこちら
キャリア公式オンラインショップがおすすめです。学割や限定キャンペーンなどがもっとももおとくな時期です。

乗り換えの際の手数料

他社からMNPを使い、auへ乗り換えをする場合。
手数料が発生する事を頭に入れておきましょう。
今まで使っていた番号を、auのiPhone6sで使うにはMNP転出番号が必要になります。
16-01
乗り換え前のキャリアにMNP転出手数料として2,000円から3,000円が。
新しくauで契約する際に、新規契約事務手数料として3,000円が必要になります。
iPhone6sをMNPで契約した場合に発生する手数料は、約6,000円。
この手数料は、auにMNPをして契約した場合に対象となるキャンペーンで充分に補う事ができます。
最後の月の請求と初月の請求に手数料はまとめられるので、頭に入れておくと安心です。

乗り換え時のタイミングも重要

MNPをする場合、今まで使っていたキャリアを解約してauでiPhone6sを購入する形になります。
2年縛りとも言われる料金プラン、場合によっては解約金として9,500円が発生してしまうので注意が必要です。
安く使える代わりに、最低でも2年間の利用が義務となっているスマホの料金プラン。
途中で解約してauにMNPをすると解約金が発生します。
解約金が発生しないのは、契約更新月の1か月間のみです。
この1か月の間にMNPをする事が、よりお得にauのiPhone6sを購入するうえでのポイントと言えるのではないでしょうか。
また注意したいのは、2年以上使っていればいつ解約しても良いという訳ではないという点です。
自動更新となる事がほとんどなので、再び2年単位の契約に。
契約更新月の請求は日割りとなる事が多いので、なるべく月の始めにMNP手続きを行う事がオススメ。

端末の下取りでお得に

auでiPhone6sを購入した場合、今まで使っていた端末は不要になってしまうと思います。
自宅で眠らせておくのではなく、auの下取りに出してiPhone6sの値段を下げる事が出来るのです。
auのiPhone6s購入時に下取りに出すと、最大で27,000円もの割引があります。
アンドロイド端末であっても下取りをしてもらえるのは、嬉しいですよね。
料金プランに合わせて、iPhone6sの端末価格も2年間の分割での支払いがほとんど。
端末価格が下がるという事は、毎月の支払い価格を抑える事に繋がります。

下取り前に確認したい事

auで下取りをする際には、初期化を行います。
初期化するとすべてのデータが消去されて、電話帳などの個人情報流出を防ぐ事が出来ます。
しかし新しいiPhone6sには電話帳などが入っていない状態。データ移行ができるように、事前にバックアップをしておく事が大切です。
16-02
iPhoneであればiTunesやiCloudでバックアップが行えます。
アンドロイドでもJSバックアップアプリやGoogleアカウントを使えばバックアップが出来ます。

アプリの引き継ぎも忘れずに

MNPをして新しく購入した、auのiPhone6s。
新しい端末でも、以前からハマっていたゲーム系のアプリの続きがしたい。
SNSのアカウントはそのまま使いたいと思う人が多いのでは。アプリの引き継ぎ準備も、MNP前にまだ通信ができる状態で行いましょう。
ゲームであればアドレスなどの入力をするとセーブができる設定が多いです。
SNSのアカウントも、アドレスの入力やパスワード、IDなどを忘れないようにしましょう。

乗り換えで対象となるキャンペーン

auにMNPを使い乗り換えをして、iPhone6sを契約した場合「auにのりかえ割」の対象となります。
データ定額プランで、標準の5GB以上で契約した場合は毎月1,000円の割引が2年間。LTEプランで契約した場合は、毎月934円の割引が2年間続きます。
MNPをする際に発生した手数料を充分に補う事ができるauのキャンペーン。
iPhone6sを自分の使い方に合った料金プランで契約出来るのも嬉しいポイントです。

学割の対象となる場合は

新生活が始まるこの時期、auでは学割が実施されています。
25歳以下が対象となる学割は、MNPでiPhone6s購入時も対象となります。
特典の内容は、25歳までずっと毎月5GBがもらえる学割があります。
さらにauのビデオパスなどが無料で楽しめるので、データ容量も金額も気にせずに映画などを楽しめるのは嬉しいですよね。また毎月の通信料金からも1,000円ずつ割引されます。
17-k

家族もお得になる学割

学割は、家族もお得になります。MNPをして、キャリアをauに統一する事もオススメです。
学割で家族も毎月1,000円ずつ割引がされ、さらにスマートバリューで2,000円の割引があり、合計で毎月の割引は3,000円ずつになります。

適した料金プランで使う

auにMNPを使ってiPhone6sに乗り換えをする際には、自分に合った料金プランで契約する事が大切です。
iPhone6sを通話メインで利用するのか、データ容量をどの程度使っているのかきちんと考え、自分に合ったプランで計画しましょう。

関連記事

iPhone6sがお得に手に入る!auに乗り換えるべき3つの理由
2台でも一括0円?iPhone6sをauでお得に手にできる店はどこ?
価格で選ぶiPhone6sをauにする5つのメリットデメリット

スマホの乗り換えで失敗する人の共通点

「機種変更してみたら、思ったより料金が高かった…。」なんてことありませんか?

いま、ショップの店頭で有料オプションや有料コンテンツに加入させらて、結局損をしてしまう人が続出しています。

スマホを乗り換えるときには『おとくケータイ 』などのオンラインショップを利用してください。

どんなショップよりも、賢くおとくに乗り換える方法です。
iPhone7も実質0円になり、学割などのキャンペーンや限定割引など、今月が一年の中でもっともおとくな時期です。


→ おとくケータイで乗り換えキャッシュバックをもらう (電話がおすすめ!)
→ SMARTPHONE STOREでキャッシュバックをもらう
→ソフトバンクはこちら
→ドコモはこちら
→auはこちら

-new

Copyright© app note , 2018 All Rights Reserved.