app note(アップノート)はiPhoneをもっと楽しくするための情報を提案します!

app note

iPhone ドコモ 新着

【保存版】今ドコモを使っている人向けのiPhone6料金比較表

投稿日:

話題のiPhone6発売まで、もうまもなくですね。
今ドコモを使っていて、次のiPhone6を手に入れたいと考えている方も多いのではないでしょうか。
でも最近テレビCMでも、通話定額や新料金プランについてよく言われているし、iPhone6をつかうときには一体いくら払うことになるのでしょうか。
そんなドコモユーザー向けに、今回はiPhone6にした場合の料金比較表を作ってみました。
ドコモで機種変更した場合、auやソフトバンクにMNPで乗り換えた場合をわかりやすくまとめました。
機種変更する場合は、料金の心構えに。お得なMNPする場合の料金の目安に、是非、ご参考にしてみてください。

スマホを乗り換えるなら!


機種変更では、このような失敗をする方がとても多いです。
  • 有料オプションを契約させられ料金が高くなった。。
  • 待ち時間や契約時間が長くて、半日かかってしまった。。
  • キャンペーンや割引がきちんと適用されていなかった。。
スマホを乗り換えるときには、
→ おとくケータイで乗り換えキャッシュバックをもらう
→ SMARTPHONE STORE
で乗り換えをするとキャッシュバックがもらえます。

スマホの機種変更するときは、
→ソフトバンクはこちら
→ドコモはこちら
→auはこちら
キャリア公式オンラインショップがおすすめです。学割や限定キャンペーンなどがもっとももおとくな時期です。

iPhone6の本体端末価格

iPhone6の販売価格はまだ正式発表されておらず、前回のiPhone5やiPhone5cから予測するのが一般的です。
前回までの価格は以下の通りです。
・iPhone5
16GB 51,360円
32GB 61,680円
64GB 72,000円
・iPhone5S
16GB 700,80円
32GB 80,400円
64GB 90,720円
iPhone5からiPhone5Sになるときも値上がりしていますが、今回もAppleが各携帯会社に1万円前後の値上げ交渉をしていると言われています。
Appleの交渉力を考えると値上げは適用されると考えiPhone5Sの発売当時の価格から予測するとこうなります。
・この秋発売のiPhone6
16GB 発売なし
32GB 90,400円
64GB 100,720円
(単純に一万円足した金額です。)
本体端末価格はほとんどの方が分割で購入し、月々の料金に上乗せする形になっている方が多いので、あまり実感はないかもしれませんが、こう見るとかなり高額な支払いをしています。
今回のiPhone6で値上がりすることを考えると、これはかなりお財布が痛いですね。
iPhone6の価格や料金について詳しく書かれた記事はこちらの「【完全保存版】iPhone6の価格・料金プランを3社徹底比較!」を御覧ください。

ドコモ、au、ソフトバンクでそれぞれiPhone6にした場合の料金比較表

docomo-iphone6-price01

(データ容量は10GBプランと想定しています)
全体的に現在使っているスマホの料金に比べ、かなり高くなったという印象を受ける方も多いかと思います。
これはiPhone6の本体端末価格が高騰することが予想されることと、各携帯会社がこの夏から始めた通話&データ定額プランが適用になることが原因と考えられます。
通話&データ定額プランは、これまでとにかくスマホでは通話が多い、という方でない限りは実質的な値上げになっています。
この表を見て分かる通り、ドコモで機種変更した場合、月々の料金は他の2社に比べて高くなっています。
これは携帯会社がMNPで自社に入ってくるユーザーを優遇しているからです。
現在ドコモを使っている場合、auかソフトバンクにMNPで乗り換えると、様々な割引を利用してiPhone6をお得に使うことが出来るのです。
ちなみに今ソフトバンクにMNPで乗り換えると、データ容量5GBプラン以上を契約で、毎月+2GB増量してくれるキャンペーンをやっています。
割引とは違いますが、これはかなり嬉しいですね。

MNPなら更に料金を安く出来る

auやソフトバンクの場合、スマートバリューやスマホ割といった併用出来る割引サービスがあります。
ソフトバンクなら、スマホBB割という名前で自宅のインターネットや固定電話を申し込むことで、最大1,522円を毎月の料金から割り引いてくれます。
auならスマートバリューという、Wi-Fiルーターや自宅のインターネットや固定電話を申し込むことで、最大1,410円を毎月の料金から割り引いてくれます。
これは限られた人しか使うことは出来ないですが、もし特に自宅のインターネットにこだわりがなければ、毎月の料金が変わってくるので使わない手はないでしょう。

MNPでキャッシュバックを受け取る

MNPで乗り換えと言うとキャッシュバックが貰えるイメージがありますが、例年のiPhone発売の時を振り返ってみると発売当初はキャッシュバックがつかないことがほとんどです。
何故なら、お店側からするとiPhoneはキャッシュバックなどをつけなくても、在庫がなくなるほどよく売れるからです。
今年のiPhone6発売時もほとんどのお店が発売時にはキャッシュバックをつけそうにありませんが、その中でもキャッシュバックがつくお店があります。
それがWEB系の携帯販売店の存在です。
WEB販売店はあえて店舗を持たないことで、お店を運営するためにかかる高額の店舗家賃や光熱費、スタッフの人件費などをカットし販売経費を抑えることで、その分キャッシュバックにまわすことが出来るのです。
おすすめWEB販売店について詳しく書かれた記事はこちらの「iPhone6買うならここ!話題のWEB販売店TOP3」を御覧ください。

おさらい

・ドコモのままiPhone6に機種変更すると月々の料金が高額になってしまう
・iPhone6にするなら、auかソフトバンクにMNPしたほうが断然お得。
・au、ドコモなら自宅インターネットも変えると毎月の料金が更に安くなる。
・高額キャッシュバックを期待するならWEB販売店。
iPhone6発売まで、あともう少しです。
MNPする場合、キャッシュバックの多いお店はやはり、人気があるのでiPhone6発売前に早めに予約することをお勧めします。
iPhone6を手に入れて、キャッシュバックももらえるなんて夢のようですね。

人気ブログランキングへ
にほんブログ村 スマホ・携帯ブログ iPhoneへ
にほんブログ村

家電

スマホの乗り換えで失敗する人の共通点

「機種変更してみたら、思ったより料金が高かった…。」なんてことありませんか?

いま、ショップの店頭で有料オプションや有料コンテンツに加入させらて、結局損をしてしまう人が続出しています。

スマホを乗り換えるときには『おとくケータイ 』などのオンラインショップを利用してください。

どんなショップよりも、賢くおとくに乗り換える方法です。
iPhone7も実質0円になり、学割などのキャンペーンや限定割引など、今月が一年の中でもっともおとくな時期です。


→ おとくケータイで乗り換えキャッシュバックをもらう (電話がおすすめ!)
→ SMARTPHONE STOREでキャッシュバックをもらう
→ソフトバンクはこちら
→ドコモはこちら
→auはこちら

-iPhone, ドコモ, 新着

Copyright© app note , 2019 All Rights Reserved.