app note(アップノート)はiPhoneをもっと楽しくするための情報を提案します!

app note

Android SIMフリー 最新のスマホ・人気のスマホ

HTCのスマートフォン、買うならお勧めの機種スペック5選

投稿日:

HTCのスマホをご存じでしょうか?
日本ではauからHTC J butterflyが販売されていますが、多くの方には余り馴染みがないかも知れません。
HTCはHigh Tech Computer Corporationの略称で台湾のスマホ、タブレット専業のメーカーです。
台湾のスマホメーカーではASUS、Acerが著名なメーカーで日本市場向けにSIMフリースマホを投入しています。
HTCは従来はau向けが主体でしたが、最近は日本市場向けに最新のSIMフリースマホも投入していますし、タブレットではGoogleブランドのNexus9がHTCの製品になります。
日本国内のメーカーには見られない個性的なスマホも多く、国内MVNOでの販売と共にHTCのWeb通販ショップでも購入することができます。
今回はHTCのスマホからおすすめの5種類を紹介します。

スマホを乗り換えるなら!


機種変更では、このような失敗をする方がとても多いです。
  • 有料オプションを契約させられ料金が高くなった。。
  • 待ち時間や契約時間が長くて、半日かかってしまった。。
  • キャンペーンや割引がきちんと適用されていなかった。。
スマホを乗り換えるときには、
→ おとくケータイで乗り換えキャッシュバックをもらう
で乗り換えをするとキャッシュバックがもらえます。

スマホの機種変更するときは、
→ソフトバンクはこちら
→ドコモはこちら
→auはこちら
キャリア公式オンラインショップがおすすめです。学割や限定キャンペーンなどがもっとももおとくな時期です。

HTC Desire 626


ボディカラーはピンク、ブルーの二色で、ツートンカラーのボディが特徴のスマホです。
同社オンラインショップ上ではOCNの格安SIMとセットで税込3万円少々で販売されています。国内MVNOでも販売されており、楽天モバイルでは本体のみの価格2万4千円台です。
同社製品の中ではシンプルで使いやすい普及帯モデルに位置づけられています。
OSはAndroid5.1、プロセッサは1.2GHクアッドコア、メインメモリ2GB、ディスプレイは5インチLCD液晶、メインカメラ1300万画素、バッテリー容量2000mAh

HTC Desire EYE

02-02
Desire626のハイエンドモデルがこちらになります。
本体カラーは、スカーレットとマリーンの二色でこちらもツートンボディが特徴です。
「HTC EYE Experience」として搭載されるカメラ機能は、美肌効果、合成、顔コラージュ、インカメラ映像の合成、ビデオチャットでのフェイストラッキング、前後カメラの同時撮影、音声シャッターなど、さまざまな機能を備えており、充実のカメラ機能と言えます。
フロントスピーカーも特徴でサウンド機能も充実のスマホです。
価格はOCNのSIM込みで5万4千円弱です。
OSはAndroid5.1、ディスプレイは5,2インチsuper LCD、CPUはクアッドコア2.3GHz。
カメラはメインカメラ、インカメラ共に1300万画素、防水・防塵機能搭載です。

HTC J butterfly HTV31

02-03
 
au取り使いモデルで、キャリア経由での購入が可能なモデルです。
auオンラインショップでの価格は64,800円ですが、スマホ交換プログラムの対象商品なので、auユーザーであれば15,000円の割引で購入できます。
本体カラーはロッソ、インディゴ、シルクの3色。
こちらもカメラ機能に優れたモデルで、メインカメラは2千万画素、インカメラも1300万画素で充実のカメラ機能となっています。
フロントスピーカーにドルビーオーディオ搭載でサウンド面にもこだわりのある機種です。
OSはAndroid4.1液晶は5.0インチSuperLCD、CPUはクアッドコア1.5GHz、カメラ800万画素、バッテリー容量2020mAh、防水対応仕様です。
Jの冠がつかないbutterfly(海外版)もSIMフリースマホのショップで購入可能です。

HTC J butterfly HTL23

02-04
本体カラーは ルージュ、キャンバス、インディゴの3色。
HTV31の一つ前のモデルですが、デュアルカメラ、にJBLサウンド搭載とHTCのカメラ、サウンドへの拘りが体現されたモデルです。
こちらもau向けモデルですが、現時点でオンラインショップでの販売はされていないので、ショップなどに在庫があれば、お得な1台になるでしょう。
CPUクアッドコア2.5GHz、ディスプレイ5.0インチ super LCD、バッテリー容量2700mAh、メインカメラ1300万画素、インカメラ500面画素。
国内モデルですから防水・防塵対応です。

HTC J one

02-05
Jの文字がついているように、こちらも日本向けに開発されたモデルで、J butterflyシリーズの先代に当たるモデルです。
Butterflyシリーズと比較すればスペック面で劣ることは事実ですし、旧モデルのため手に入れることは難しいですが、コンパクトな割に機能はしっかりしていますから、中古ショップ辺りで拾えればスマホ入門にはちょうどよい機種だと思います。
OSはAndroid4.1.2、ディスプレイ4.7インチ super LCD、CPUはクアッドコア1.7GHz、
カメラ400万画素、バッテリー容量2300mAh

まとめ

HTCのスマホはSIMフリーのみの販売はDesire626とEyeの2機種、キャリアで販売されているのがJ butterflyと選択肢は少ないですが、いずれも洗練されたデザインのモデルで、持っていて楽しくなるスマホだと思います。
またDesire626はMVNOでも楽天モバイルの他に2社で販売されていますが、SIMフリーのスマホですから、オンラインショップで購入してお好みのMVNOからSIMを選んで別購入した方がよいと考えます。
SIMフリースマホと好みのMVNOとの組み合わせで、あなた好みのスマホライフを楽しんでみましょう。
●タイトル画像: http://www.htc-shop.jp/

関連記事

iPhoneを超える?HTC発売の高機能スマートフォン特集
今人気のHTCのスマートフォンを格安でGETする5つの方法
今話題のHTC発売のスマートフォン、その使用感はどうか

スマホの乗り換えで失敗する人の共通点

「機種変更してみたら、思ったより料金が高かった…。」なんてことありませんか?

いま、ショップの店頭で有料オプションや有料コンテンツに加入させらて、結局損をしてしまう人が続出しています。

スマホを乗り換えるときには『おとくケータイ 』などのオンラインショップを利用してください。

どんなショップよりも、賢くおとくに乗り換える方法です。
iPhone7も実質0円になり、学割などのキャンペーンや限定割引など、今月が一年の中でもっともおとくな時期です。


→ おとくケータイで乗り換えキャッシュバックをもらう (電話がおすすめ!)
→ソフトバンクはこちら
→ドコモはこちら
→auはこちら

-Android, SIMフリー, 最新のスマホ・人気のスマホ

Copyright© app note , 2019 All Rights Reserved.