app note(アップノート)はiPhoneをもっと楽しくするための情報を提案します!

app note

new

バックアップは14段階でOK! - iPhoneアドレス帳の移行前の準備

投稿日:

Appleの人気のスマートフォンiPhoneの最新モデルiPhone6s/iPhone6sPlusが発売になってしばらく経過しますが、在庫も落ち着いてきておりショップによっては好条件で購入できる場合もあるため、購入を検討されている方もいらっしゃるのではないでしょうか。
既にiPhoneシリーズを使っている方はあまり気にならないかもしれませんがAndroidスマートフォンを利用中の方の場合にはアドレス帳の移行をしなければならないことからiPhoneを見送っているという方もいるかもしれませんね。
また、iPhoneのアドレス帳をパソコンと同期したいという場合もあると思いますが、端末やOSごとに個別に移行するのは大変です。
そこで一つの方法としてgoogleのアカウントにバックアップを作成し複数端末で同期をするというものがあります。
ここでは々な端末からgoogleアカウントにバックアップを作成するための手順、トータル14段階を紹介しています。
アドレス帳の移行でお悩みの方や、複数端末でのアドレス帳の同期をお考えの方は、ここでのまとめの内容を参考にしていただけたらと思います。
fig_color

スマホを乗り換えるなら!


機種変更では、このような失敗をする方がとても多いです。
  • 有料オプションを契約させられ料金が高くなった。。
  • 待ち時間や契約時間が長くて、半日かかってしまった。。
  • キャンペーンや割引がきちんと適用されていなかった。。
スマホを乗り換えるときには、
→ おとくケータイで乗り換えキャッシュバックをもらう
→ SMARTPHONE STORE
で乗り換えをするとキャッシュバックがもらえます。

スマホの機種変更するときは、
→ソフトバンクはこちら
→ドコモはこちら
→auはこちら
キャリア公式オンラインショップがおすすめです。学割や限定キャンペーンなどがもっとももおとくな時期です。

iPhoneからアドレス帳を移行するための準備をする場合

iPhoneのアドレス帳とgoogleアカウントのアドレス帳を同期する場合にはメールアプリの設定から行います。
同期をするための手順は以下のようになります。
1.「設定」アイコンをタップし「メール/連絡先/カレンダー」を選択します。
2.「アカウントを追加」をタップしGoogleを選択し、メールアドレスとパスワードを入力してログインします。
3. 上記で設定したGoogleアカウントを選択し、アカウント情報の一覧から「連絡先」のスイッチをオンにします。
これでiPhoneの連絡先とgoogleのアカウントと同期されます。
同期したデータをバックアップとして使うことでiPhoneからAndroidスマートフォンに機種変更した場合であってもスムーズにアドレス帳を移行することができます。
iPhoneから新しいiPhoneに機種変更する場合には旧機種でここの設定が完了した後に、新しい機種でも同様の設定を行うことでアドレス帳の移行が完了します。

Androidからアドレス帳を移行するための準備をする場合

Androidスマートフォンでアドレス帳のデータをGoogleアカウントと同期される場合には設定の項目から行う事ができます。手順は以下のようになります。
1.「設定」をタップしてメニューの一覧から「アカウントと同期」を選択します。
2.「Google」を選択し同期したいアカウントを選択します。
3.同期可能な項目の一覧が表示されるので「連絡先」にチェックを入れます。
これでAndroidスマートフォンのアドレス帳がGoogleのアカウントの連絡先に同期されますのでAndroidのスマートフォンに機種変更をする場合やiPhoneに乗り換える場合であってもアドレス帳の移行がスムーズになります。
iPhoneに乗り換える場合にはここで、Androidスマートフォンの設定を完了した後に、上記で説明したiPhoneとGoogleアカウントの同期の設定を行うことでアドレス帳の移行が完了します。
design-im

Windowsパソコンからアドレス帳を移行するための準備をする場合

AndroidやiPhoneなどのスマートフォンを利用している方の中にはWindowsパソコンも利用していて、アドレスを同期していると言う方のも多いのではないでしょうか。
定期的に携帯電話とパソコンを接続して同期をする方法もありますが、AndroidスマートフォンやiPhoneと同様にWindowsパソコンのアドレス帳もGoogleアカウントと同期する事ができます。
以下はWindows10の純正ソフトPeopleの設定方法になります。
1.全てのプログラムから「People」を選択し起動します。
2.「アカウントを追加」をクリックします。
3.アカウントの一覧から「Google」を選択します。
4.Googleのアカウントとパスワードを入力してログインします。
これでWindowsパソコンのアドレス帳とGoogleの連絡先が同期されます。
このGoogleのアドレス帳をもとにAndroidスマートファオンやiPhoneなどに移行することもできます。
a09

Macからからアドレス帳を移行するための準備をする場合

iPhoneの人気が高まるにつれてWindowsパソコンよりもiPhoneとの親和性の高いMacを選択する方もいらっしゃるかと思います。
MacとiPhoneの間でアドレス帳の同期をする場合には、AppleのiCloudを使う方法が最も簡単ですが、WindowsパソコンやAndroidスマートフォンも同時に利用している。
あるいは利用する可能性があるならば、どの端末でも利用可能なGoogleアカウントと同期しておく事をお勧めします。Macのアドレス帳をGoogleアカウントに同期する場合の手順は以下のようになります。
1.「連絡先」アプリを開きます。
2.「連絡先」をクリックし「環境設定」を選択します。
3.「アカウント」タブを開いて+マークをクリックします。
4.アカウントの種類を「CardDAV」に指定し、GoogleアカウントのIDとパスワードを入力します。
これでMacのアドレス帳をGoogleの連絡先に同期することができます。
あらかじめMacでアドレス帳の同期をしておくことでAndroidスマートフォンやiPhoneへアドレス帳の移行をする場合にもスムーズに行うことが可能になります。

まとめ

ここまで各種端末からgoogleアカウントにアドレス帳をバックアップする方法について紹介してきましたがいかがでしょうか。
Googleアカウントは様々な端末との同期に対応しているため、常にgoogleアカウントで同期しておくことで、いざ機種変更をするという時でもスムーズにアドレス帳の移行をする事ができます。
特にAndroidスマートフォンからiPhoneなどOSの違う端末へ移行するときやスマートフォンとパソコンの間でアドレス帳を同期する時に役立ちます。ここで紹介した合計14段階の手順を覚えておくことで大半の端末でのアドレス帳の移行がスムーズになりますので是非参考にしていただけたらと思います。

関連記事

実は簡単!iPhone間のアドレス帳を移行する4つのステップ
初めて機種変更する人必見!iPhoneへのアドレス帳移行術
iPhoneにアドレス帳を移行する時に超便利なアプリを3つ!

スマホの乗り換えで失敗する人の共通点

「機種変更してみたら、思ったより料金が高かった…。」なんてことありませんか?

いま、ショップの店頭で有料オプションや有料コンテンツに加入させらて、結局損をしてしまう人が続出しています。

スマホを乗り換えるときには『おとくケータイ 』などのオンラインショップを利用してください。

どんなショップよりも、賢くおとくに乗り換える方法です。
iPhone7も実質0円になり、学割などのキャンペーンや限定割引など、今月が一年の中でもっともおとくな時期です。


→ おとくケータイで乗り換えキャッシュバックをもらう (電話がおすすめ!)
→ SMARTPHONE STOREでキャッシュバックをもらう
→ソフトバンクはこちら
→ドコモはこちら
→auはこちら

-new

Copyright© app note , 2018 All Rights Reserved.