app note(アップノート)はiPhoneをもっと楽しくするための情報を提案します!

app note

iPhone wifi アプリ

簡単!iPhoneでワンセグ視聴はたったの3ステップ!

投稿日:

日本国内ではiPhoneの人気がとても高く、スマホの利用者の約半数がiPhoneシリーズを利用しているというデータがあるほどです。
とても人気のあるiPhoneですが、機能面で見てみるとAndroidスマホではできるけどiPhoneではできないということがありますが、その一つにワンセグがあります。
iPhoneにはワンセグ用のチューナーが内蔵されていないためそのままではワンセグを受信して視聴することはできません。しかし、iPhoneでワンセグを見る方法が全くないというわけではありません。
ここではiPhoneでワンセグを視聴するための3ステップを紹介しています。
現在iPhoneを利用しているけど、どうしてもワンセグを視聴したいと思っている方や、Androidを使っているがワンセグの視聴ができないことがネックとなっていてiPhoneの利用を見送っているという方は是非参考にしていただけたらと思います。

スマホを乗り換えるなら!


機種変更では、このような失敗をする方がとても多いです。
  • 有料オプションを契約させられ料金が高くなった。。
  • 待ち時間や契約時間が長くて、半日かかってしまった。。
  • キャンペーンや割引がきちんと適用されていなかった。。
スマホを乗り換えるときには、
→ おとくケータイで乗り換えキャッシュバックをもらう
で乗り換えをするとキャッシュバックがもらえます。

スマホの機種変更するときは、
→ソフトバンクはこちら
→ドコモはこちら
→auはこちら
キャリア公式オンラインショップがおすすめです。学割や限定キャンペーンなどがもっとももおとくな時期です。

アプリ「iDTV mobile」でワンセグを視聴する方法


 

ステップ1

AppStoreから「iDTV movile」をダウンロードし、インストールを完了しておきます。
◇iDTV movileアプリ
https://itunes.apple.com/jp/app/idtv-mobile/id505348925?mt=8

ステップ2

チューナーをiPhoneのライトニング端子に接続する。

ステップ3

アプリが自動的に起動してワンセグの視聴が可能な状態になります。
サンワダイレクトのライトニング端子対応のワンセグチューナーとアプリがあればたったの3ステップでワンセグを視聴することができます。
以下はワンセグチューナーの主な使用になります。
◇サンワダイレクトのワンセグチューナー「400-1SG002」の詳細
・iPhone 6/6s・6 Plus/6s Plus・5s・5c・iPod touch(第5世代)・iPad mini 4・iPad Air 2などのLightning端子を搭載した端末で利用可能。
・番組を視ている時に見逃してしまったシーンを巻き戻して視聴する事ができるタイムシフトに対応しています。
・ワンタッチ録画に対応しているため忙しい時に、録画しておき後で楽しむ事もできます。
また、録画したデータはiPhone本体内に保存されるため、チューナーを接続しなくても再生ができます。
・字幕再生が可能なため、音を出せないような場面でもワンセグを楽しむ事ができます。
・ワンセグのバックグランド再生ができるためインターネット閲覧をしながらワンセグの音声を楽しむという使い方もできます。
・ワンセグチューナー本体内にバッテリーを内蔵しているためiPhoneでワンセグ視聴時もiPhoneのバッテリーへの負担がかかりません。
USBケーブルでの充電に対応しており約3時間の充電で4時間の再生ができます。
◇スペック
■対応放送:
日本向け地上デジタル放送方式(ISDB-T)
1セグメント対応(UHF:13~62ch)
■映像/音声形式:H.264/MPEG-2 AAC
■テレビ音声:ステレオ/音声多重
■ビットレート:最大416kbps(放送波の内容に依存)
■アンテナ:ロッドアンテナ
■インターフェース:Lightningコネクタ、USB microB(本製品への充電に使用)
■バッテリー:リチウムイオン電池 3.7V 240mAh(0.89Wh)
■電源電圧:DC5V(USB充電時)、DC3.3V
■消費電流(最大):95mA(USB充電時)、60mA
■充電時間:約3時間(電源OFFの状態)
■視聴可能時間:内蔵バッテリー:約4時間
■外形寸法:約W35×D13×H31.8mm(アンテナ、突起部含まず)
■重量:約14g(アンテナ含む)

アプリ「iDTV WiFi」でワンセグを視聴する方法

ステップ1

AppStoreから「iDTV WiFi」をダウンロードし、インストールを完了しておきます。
◇iDTV WiFiアプリ
https://itunes.apple.com/jp/app/idtv-wifi/id675540752?l=en&mt=8

ステップ2

「iDTV WiFi」アプリを起動します。

ステップ3

Wi-Fiの設定でワンセグチューナーの電波に接続します。これでiPhoneでワンセグを視聴することができます。
先ほどの方法はライトニング端子に接続するタイプでしたがこちらはWi-Fi接続するタイプのため接続端子の異なるモデルでも利用できるほか、PCでもワンセグを視聴することができます。
◇サンワダイレクトのワンセグチューナー「400-1SG003」の詳細
・iPhone 6s/6/6s Plus/6 Plus/5s/5c、iPad Air 2、iPod touchなどWi-Fi経由で接続可能です。
・番組を視ている時に見逃してしまったシーンを巻き戻して視聴する事ができるタイムシフトに対応しています。
・ワンタッチ録画に対応しているため忙しい時に、録画しておき後で楽しむ事もできます。また、録画したデータはiPhone本体内に保存されるため、チューナーを接続しなくても再生ができます。
・字幕再生が可能なため、音を出せないような場面でもワンセグを楽しむ事ができます。
・ワンセグのバックグランド再生ができるためインターネット閲覧をしながらワンセグの音声を楽しむという使い方もできます。
・ワンセグチューナー本体内にバッテリーを内蔵しているためiPhoneでワンセグ視聴時もiPhoneのバッテリーへの負担がかかりません。
・USBケーブルでの充電に対応しており約3.5時間の充電で3.5時間の再生ができます。
◇スペック
■対応放送:日本向け地上デジタル放送方式(ISDB-T)1セグメント対応(UHF:13~62ch)
■映像/音声形式:H.264/MPEG-2 AAC
■テレビ音声:ステレオ/音声多重
■ビットレート:最大416kbps(放送波の内容に依存)
■アンテナ:ロッドアンテナ、スタンドアンテナ
■インターフェース:USB microB×1(本製品への充電に使用)
■バッテリー:リチウムイオン電池 3.7V 550mAh(2.04Wh)
■電源電圧:DC5V(USB充電時)
■消費電流(最大)540mA (USB充電時)
■充電時間:約3.5時間(電源OFFの状態)
■視聴可能時間:内蔵バッテリー/約3.5時間
■外形寸法:約 W64×D20×H40mm(アンテナ、突起部含まず)
■重量:約45g(本体のみ)
■無線LAN:IEEE 802.11b/g

まとめ

ここまで、たったの3ステップでワンセグを視聴することができるiPhoneアプリとチューナーを紹介してきましたがいかがでしょうか。サンワダイレクトのチューナーはライトニング端子に対応しているものとWi-Fi接続に対応したモデルがあります。
ライトニング端子タイプはコンパクトで軽量なため携帯も用意で取り付けと同時にアプリが起動するので、通勤や通学の移動中の利用に最適です。
Wi-Fiモデルは若干大きいですが、スタンドタイプのアンテナや家庭用のアンテナを接続することもできるため、外出時だけではなく、家の中でも楽しみたい方に向いているといえるでしょう。

関連記事

CM公表「ただ1つ変わった事は?」自分で確かめよう、iPhone6s
1分読めば分かる!新作iPhone6sのスペックはこれだ!
これにお任せiPhoneの電話帳移行で困らない方法5選
 

スマホの乗り換えで失敗する人の共通点

「機種変更してみたら、思ったより料金が高かった…。」なんてことありませんか?

いま、ショップの店頭で有料オプションや有料コンテンツに加入させらて、結局損をしてしまう人が続出しています。

スマホを乗り換えるときには『おとくケータイ 』などのオンラインショップを利用してください。

どんなショップよりも、賢くおとくに乗り換える方法です。
iPhone7も実質0円になり、学割などのキャンペーンや限定割引など、今月が一年の中でもっともおとくな時期です。


→ おとくケータイで乗り換えキャッシュバックをもらう (電話がおすすめ!)
→ソフトバンクはこちら
→ドコモはこちら
→auはこちら

-iPhone, wifi, アプリ

Copyright© app note , 2019 All Rights Reserved.