app note(アップノート)はiPhoneをもっと楽しくするための情報を提案します!

app note

new

iPhone買い替える人必見!3社下取り価格比較で賢くお得に

投稿日:

iPhoneを買い替えるには、キャッシュバックを利用したとしても、差額の支払いを求められるケースが主です。
しかし、買い替える前に使用していた機種を下取りに出す場合であれば、この下取りに出した時に発生する費用を、スマホの購入代金に充てることができます。
MNP乗り換えにより高額キャッシュバックを利用しても、結局は解約違約金や、新しく契約を行なう先のキャリア手数料として取られてしまうことになるので、下取りプログラムを上手く利用して、少しでもお得に新しいiPhoneの購入を行ないましょう。

スマホを乗り換えるなら!


機種変更では、このような失敗をする方がとても多いです。
  • 有料オプションを契約させられ料金が高くなった。。
  • 待ち時間や契約時間が長くて、半日かかってしまった。。
  • キャンペーンや割引がきちんと適用されていなかった。。
スマホを乗り換えるときには、
→ おとくケータイで乗り換えキャッシュバックをもらう
で乗り換えをするとキャッシュバックがもらえます。

スマホの機種変更するときは、
→ソフトバンクはこちら
→ドコモはこちら
→auはこちら
キャリア公式オンラインショップがおすすめです。学割や限定キャンペーンなどがもっとももおとくな時期です。

iPhone下取りプログラム

iPhoneの下取りプラグラムを御存知でしょうか?
下取りとは、前使用していた機種を、買い取ってもらうことを指します。
そもそもiPhoneは、毎年必ず発売されていますよね。
発売される度に、新しい機種が欲しいと思う人もいることでしょう。


しかし、iPhoneは高額な機種です。
高額キャッシュバックを利用したとしても、解約違約金などを支払うと、結局は手元にほとんど残らずに、自腹をきって支払うことになります。
分割を利用できる場合は、月々〇百円?〇千円程度の支払いが上乗せされるだけになるので、あまりストレスを感じることはないかもしれませんが、分割に出来なかった場合は、一括支払いを求められることになります。
最近では、分割を組めない人が増え続けているそうです。
そんな時に、少しでも本体価格を下げて購入できるのが、iPhoneの下取りプログラムです。
iPhoneの下取りプログラムでは、最新の機種になればなるほど高額なキャッシュを受け取ることができ、更にキャンペーンと併用することで、より高額なキャッシュを受け取れることになります。

下取りプログラムのここに注意!

家電量販店などで下取りをお願いした場合は、キャッシュにて本体代金を受け取ることができるのですが、三大キャリアのショップで下取りをお願いした場合は、月々の請求額から本体代金相当分の割引を受けることができるようになります。
要は、三大キャリアのショップで下取りをお願いする場合は、そのキャリアで契約を行なうことが前提であると言うことですね。
窓口にいくと、『えっ!お金でもらえるわけじゃないの?』なんて話しているのを目の当たりにするので、これから下取りを考える皆さんは要注意です。


また、三大キャリアのショップにて下取りを希望した場合、家電量販店とは違い、査定が厳しくなります。
この査定に不合格となれば、引き取ってさえもらえなくなるので、注意が必要です。
ちなみに、簡単な査定基準に関しては、各キャリアのサイトを閲覧することで、把握することができます。
現在のiPhoneの状態がサイトに記載している条件を満たしていなければ、家電量販店で売るしか方法はなくなります。
家電量販店で下取りを希望する場合は、付属品の数や購入時の箱の状態、現在のiPhoneの状態に至るまで細かくチェックされ、下取り価格を決めていくことになります。
しかし、三大キャリアで下取りを希望する場合は、機種ごとに決められた価格を受け取ることができるようになるので、査定基準を少し高く設定しているのです。

気になる下取り価格

では早速、下取り価格を見ていきましょう。
今回は、iPhone6とiPhone6 plusの価格についてご紹介します。

1.AU

iPhone6 plus
・128GBモデル:最大27,000円
・64GBモデル:最大25,920円
・16GBモデル:最大24,840円
iPhone6
・128GBモデル:最大24,840円
・64GBモデル:最大23,760円
・16GBモデル:最大22,680円
AUはポイント還元になり、1ポイントあたりの価格比率は、変更される可能性もあります。
ちなみに昔は、1ポイント=1円で使用することができたのですが、現在は1.2ポイントで1円になってしまっています・・・。
ポイントが貯まってくると、このほんの少しのことが、とても大きく感じるようになるので、要注意です!
ちなみに1ポイント1円で使用したいのであれば、AU ウォレットへの申し込みを行なうことで、使用できるようになります。
この辺りは、ショップへ来店時に、店頭の方に尋ねてみてくださいね(^^♪

2.docomo

iPhone6 plus
・128GBモデル:最大35,000円
・64GBモデル:最大33,000円
・16GBモデル:最大31,000円
iPhone6
・128GBモデル:最大32,000円
・64GBモデル:最大30,000円
・16GBモデル:最大28,000円
良品と画面割れ品で、おおよそ2万円程度の差額が生じますが、docomoでは画面割れ品でも引き取ってもらえるようです。
他キャリアでは、画面割れがあると引き取ってもらえないようなので、画面割れがあるのであれば、docomoで引き取りをお願いした方が良いかもしれません。
※ただし、画面割れの度合いにもよります。
ちなみに今回は、店頭下取りの場合の、良品価格をご紹介しました。
※店頭下取りと郵送下取りによっても、微妙に差額が生じます。

3.ソフトバンク

iPhone6 plus
・128GBモデル:最大27,000円
・64GBモデル:最大25,920円
・16GBモデル:最大24,840円
iPhone6
・128GBモデル:最大24,840円
・64GBモデル:最大23,760円
・16GBモデル:最大22,680円
ソフトバンクでは、Tポイントを付与してもらうこともできます。
TポイントであればiPhone6 plus(全容量)35,640 pt、iPhone6(全容量)32,400ptを付与してもらうことが可能です。
ちなみにTポイントは、ツタヤ全店でも使用できるほか、コンビニの支払い時に1ポイント1円として使用できるようになるので、現金を受け取ったのと同じような感覚で使えますね。

結局お得なのは?

乗り換えにより機種変更を行なう場合であれば、docomoが一番お得であると言えます。
また、Tポイントで受け取るのであれば、ソフトバンクが一番お得であると言えます。
下取りプログラムのメリットだけで考えるのであれば、この二社がお得に機種変更を行なえることになりますね。
そこで、まずは自分の今のiPhoneの状態を見て、各々の下取り査定基準も把握した上で、お得なキャリアを選定していくと良いのではないでしょうか?
また、最終手段としては、家電量販店を利用する手もあるので、まずは今のiPhoneの状態が重要な鍵となりますね。

関連記事

iPhone6s・iPhone6sPlusを驚きの低価格で購入する方法5選
iPhone6sの価格を抑えるために知っておきたい5つの事
最新の価格は?狙い目はいつ?聞きたい3社のiPhone6s情報

スマホの乗り換えで失敗する人の共通点

「機種変更してみたら、思ったより料金が高かった…。」なんてことありませんか?

いま、ショップの店頭で有料オプションや有料コンテンツに加入させらて、結局損をしてしまう人が続出しています。

スマホを乗り換えるときには『おとくケータイ 』などのオンラインショップを利用してください。

どんなショップよりも、賢くおとくに乗り換える方法です。
iPhone7も実質0円になり、学割などのキャンペーンや限定割引など、今月が一年の中でもっともおとくな時期です。


→ おとくケータイで乗り換えキャッシュバックをもらう (電話がおすすめ!)
→ソフトバンクはこちら
→ドコモはこちら
→auはこちら

-new

Copyright© app note , 2019 All Rights Reserved.