『次のiPhone』誰よりも早く手に入れる!予約時必須の3要点

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

スマホを乗り換えるなら!

機種変更でこんな失敗をしていませんか?
・有料オプションを契約させられ料金が高くなった。。。
・待ち時間や契約時間が長くて、半日かかってしまった。。。
・キャンペーンや割引がきちんと適用されていなかった。。。

スマホを乗り換えるときには『おとくケータイ』などのオンラインショップを利用してください。

損することなく、どこよりも賢くおとくに乗り換えられます。
学割や限定キャンペーンなど、今月が最もおとくな時期です。

→ おとくケータイで乗り換えキャッシュバックをもらう
→ソフトバンクはこちら
→ドコモはこちら
→auはこちら

iPhoneの新製品発表サイクルは2年に一回の頻度で、その間にSシリーズがやはり二年に一回の頻度で発売されますから、通常のナンバリングシリーズ(iPhone5、iPhone6)にSシリーズを加えると、毎年新製品が発売されていることになります。

今回はこれにSEが加わったため、イレギュラーなパターンとなりましたが、次のiPhone7(仮称) は今年秋の発売予定、iPhone7sは来年の発売になるものと予想されています。

そしてiPhoneの新製品が発売されるとアップストアの行列が毎回ニュースのネタとして報じられることになります。
アップルストアに販売開始日の前日から徹夜で並ぶことが最も早く確実にiPhoneの新製品を手に入れる方法なのですが、アップルストアは店舗数が限られているので、ストアに行ける人は限られています。

また徹夜をしてまで欲しくないと感じる人も多いでしょう。
毎回発売日からしばらくは品薄が続き、入手するのに一苦労するiPhoneですが、今年発売される次のiPhoneを早く、確実に入手する方法をご紹介します。

発売日を逃さない

13-01

毎度のことですが、新しいiPhoneが発売されると、その日のうちに初回入荷分が完売して、その後は次の入荷まで数カ月待たされることになります。

iPhoneSEの場合などは慢性的な在庫不足が発売以来続いており、今現在でもたまに入荷する在庫をタイミング良く捕まえないと購入ができない状況です。

新iPhoneはここまでひどい状況にはならないでしょうが、発売日当日の初回入荷分を逃さないようにすることが必要です。

発売日の予想が明らかになった段階で、日付をメモしておき、忘れる事のないようにしましょう。
今の時点ですでに販売日の予想が公表されており、発売日は9月16日か23日、予約開始日が9月9日、となっています。

次以降でご紹介しますが予約を上手に使うことが早くiPhoneを入手する方法になりますから、予約開始予定日は忘れたり、タイミングを逃したりすることがないように注意しましょう。

どこで予約をすればいい?

一口に「予約」と言っても、予約を受け付けているところは複数あります。

家電量販店、キャリアショップ、アップルストア、キャリアのオンラインショップなどが予約を受け付けています。
これらの内、家電量販店とキャリアショップはおすすめできません。理由は予約の際にも受取の際にも長時間並んだり、待たされたりするからです。

予約が完了した順番に商品が確保されますから、ショップなどで順番待ちをしている間にオンラインショップ経由でも予約が入って来ますから、自分の順番が来た時には初回入荷分の在庫がなくなっていることも最悪想定されます。

アップルストアは所在地が限られおり、毎回多くの人が行列を作りますので、こちらも効率的とは言えません。
結局オンラインショップで予約をする方法がベストだと言えます。

オンラインショップでの予約

オンラインショップで予約をすることのメリットは、「予約手続きに時間がかからないこと」と「商品が宅配で入手できること」です。
短時間で予約が完了すれば商品手配の優先順位が他の場合よりも早くなり、結果として入手できるまでの期間が最速になる可能性が高いのです。

注意したいのは、通信キャリアのオンンラインショップの中でも予約完了から商品出荷までにかかる日数に差があることで、auは他キャリアと比較した場合、1日から2日程度遅いので、早く商品を入手したいのならauでの予約は選択肢からはずした方がよいです。

オンラインショップ予約のコツ

13-02

オンラインショップで速攻で予約を完了させれば、入手までにかかる日数が短縮できます。

そのためには、予約前に機種(7か7plusか)、容量、カラーを事前に決めておくことが必要です。

また色や容量は人気薄のものを選んだ方が早く入手できるので、速さを求めるのであれば、新しく追加されたカラーは避け、ネットで勧めている64GBも避け、人気がなさそうなカラー、容量にすると有利です。

また予約開始時はオンラインショップのサイトが混み合って、手続きがスムーズにできない可能性があるので、ブラウザのタブを複数同時に開いて手続きをする、複数の端末からアクセスをするなどの裏技も駆使しましょう。

まとめ

オンラインショップでの予約はキャンセルすることができますから、オンラインショップで予約を入れた後でも、家電量販店やキャリアショップなどを見て回る、あるいはwebで入荷情報を調べて、最も早く入手できる先を探すことも大事です。

家電量販店の場合は小型店は入荷数量が少ないので、大型店に絞って情報収集をすればよいです。
ヨドバシカメラなどはiPhoneの予約と在庫、出荷情報を各店舗ごとに公開していますし、各キャリアごとの入荷状況を公開しているサイトもありますから情報収集の参考にすると役に立ちます。

予約開始まで残りわずかですから、次のiPhoneを買う、と決断している方は今の段階で機種、カラー、容量などおおよそ決めておくことをおすすめします。

関連記事

新型iPhoneを確実に手に入れる予約の3つのつぼ
ドコモでiPhone6s を予約するときの5つの落とし穴!
3つのキャリアそれぞれでiPhoneを予約購入する方法

<<次ページに続きます>>

スマホを乗り換えるなら!

機種変更でこんな失敗をしていませんか?
・有料オプションを契約させられ料金が高くなった。。。
・待ち時間や契約時間が長くて、半日かかってしまった。。。
・キャンペーンや割引がきちんと適用されていなかった。。。

スマホを乗り換えるときには『おとくケータイ』などのオンラインショップを利用してください。

損することなく、どこよりも賢くおとくに乗り換えられます。
学割や限定キャンペーンなど、今月が最もおとくな時期です。

スマホの機種変更が変わる!スマホを自宅で受け取るだけで、 スマホが安くなる「自宅乗り換え」がいまスゴい!』も参考にしてください。

→ おとくケータイで乗り換えキャッシュバックをもらう
→ソフトバンクはこちら
→ドコモはこちら
→auはこちら

お得に携帯を乗り換える!キャッシュバック比較表を紹介

1. 今の携帯キャリアそのままで機種変更することは、機種代金・月額料金・キャッシュバックなどあらゆる面でをします!
2. au・ドコモからソフトバンクのように電話番号そのままで乗り換えることで、機種代金もお得に、毎月安く使うことが可能です。
3.特に、下記で紹介するようなスマホルームやおとくケータイのように店舗費のかからないWeb販売店を利用することで数万円の現金キャッシュバックを貰えます。

おとくケータイ

評価

★★★

キャッシュバック

20,000円〜30,000円

特徴

  • 高額キャッシュバック
  • 全国に店舗あり

デメリット

  • 実際のデモ機を触れない

SoftBank Online Shop

評価

★★☆

キャッシュバック

0円〜10,000円

特徴

  • 直営のため入荷が早い
  • 店頭の待ち時間が無い

デメリット

  • MNPでもキャッシュバックが少ない

docomo Online Shop

評価

★★☆

キャッシュバック

0円〜10,000円

特徴

  • 直営のため入荷が早い
  • 店頭の待ち時間が無い

デメリット

  • MNPでもキャッシュバックが少ない

au Online Shop

評価

★★☆

キャッシュバック

0円〜12,000円

特徴

  • 直営のため入荷が早い
  • わかりやすい料金シミュレーション

デメリット

  • MNPでもキャッシュバックが少ない
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket