app note(アップノート)はiPhoneをもっと楽しくするための情報を提案します!

app note

iPhone MNP予約番号 SIMフリー 乗り換え

こんな私でも購入できた!iPhoneの価格を抑える5つの方法

投稿日:

iPhoneの価格って正直言って高いですよね。
数あるスマートフォンの中でも一二を争う価格ですよ。
でも、実はやり方次第では、iPhone価格を極力抑えることができるんです。
そこで今回は、iPhoneの価格を抑える5つの方法をご紹介したいと思います。

スマホを乗り換えるなら!


機種変更では、このような失敗をする方がとても多いです。
  • 有料オプションを契約させられ料金が高くなった。。
  • 待ち時間や契約時間が長くて、半日かかってしまった。。
  • キャンペーンや割引がきちんと適用されていなかった。。
スマホを乗り換えるときには、
→ おとくケータイで乗り換えキャッシュバックをもらう
で乗り換えをするとキャッシュバックがもらえます。

スマホの機種変更するときは、
→ソフトバンクはこちら
→ドコモはこちら
→auはこちら
キャリア公式オンラインショップがおすすめです。学割や限定キャンペーンなどがもっとももおとくな時期です。

1.中古のiPhone携帯を狙う

中古のiPhoneを購入すれば、新品よりも安い価格で、iPhoneを手に入れられます。
最近は中古といえども、最新のiPhoneもたくさん出回っているので、上手く活用すれば最新のiPhoneを安く入手できます。
4color

中古のiPhoneはどこで買えるのか?

中古のiPhoneは、実店舗でいえば、家電量販店や携帯中古ショップなどで購入することができます。
あとは、ネットのお店でも購入することが可能です。

ヤフオクやメルカリを利用して掘り出しものをゲット

最近では、オークションサイトのヤフオクやフリマアプリのメルカリでも、比較的安い価格でiPhoneを手に入れることができます。
こういったところを上手く利用すれば、通常価格よりもかなり安い価格の掘り出し物が見つかるかもしれません。

2.最新機種ではなく型落ちのiPhoneを狙う

最新の機種ではなく、型落ちのiPhoneなら、かなり安い価格で購入することができます。

iPhone5でも十分に使えます

iPhoneというのは、毎年モデルチェンジをしますが、最近ではそれほど劇的な変化はありません。
今一番新しいのは、iPhone6Sですが、その前のモデルのiPhone6やiPhone5S、それ以前のiPhone5でも、普通に使う分には全く問題なく使うことができます。
これも意外にオススメな方法です。
13-02

3.MNPをして機種代を割り引いてもらう

大手キャリアのMNPを利用すると、iPhoneを安い価格で手に入れることができます。

MNPとはなにか?

MNPとは簡単にいうと、番号をそのままにして他社に乗り換えることです。
たとえば、auからsoftbank、softbankからdocomoといったように、別のキャリアに乗り換えることを言います。
キャリア側からすると、MNPをしてくれると、ライバルの会社から顧客を奪えることになるので、新規で契約をさせるよりも都合が良いわけです。
そのため、新規や機種変更で契約をするよりも、MNPで他社に乗り換えた方が、色々な特典がもらえてお得な場合が多いです。

実質1万円ぐらいでiPhoneが手に入る

通常、iPhoneを新品で購入すると、8万円以上はかかりますが、MNPの特典を利用することによって、かなりの割安でiPhoneを手に入れることができます。
au、docomo、softbankそれぞれのキャリアによって、若干の金額差はあるものの、MNPを利用することによって、およそ1万円~2万円ぐらいで、iPhone機種を購入することができます。

4.下取りプログラムを利用する

下取りプログラムを利用すれば、新しく契約するiPhone本体を、通常よりも安い価格で手に入れることができます。

下取りプログラムとは?

下取りプログラムとは、auやdocomo、softbankで機種変更やMNPの契約をした際に、元々使っていたスマホを下取りしてくれるサービスのことです。
そしてその下取りしてくれた本体代金分を、新しく契約をする本体の価格から値引きしてくれるというものです。

http://goo.gl/G5TvrM

http://goo.gl/G5TvrM

iPhoneの下取り価格は異常に高い

特にiPhoneシリーズは、下取り価格も高額になっているので、これを利用しない手はないでしょう。

5.SIMフリー版を購入し格安SIMで運用する

少し初心者の方には難しいかもしれませんが、SIMフリー版のiPhoneを購入して格安SIMで運用する方法もあります。

SIMフリー版のiPhoneとはなにか?

iPhoneのSIMフリー版とはその名の通り、どこの会社のSIMカードであっても自由に使えるiPhoneのことです。

毎月のスマホ代が安く抑えられる

通常はdocomoのiPhoneならdocomoのSIMカードでしか使えないようにロックがかけられています。
たとえば、softbankで契約したiPhoneに、docomoのSIMカードを挿入しても使えないようになっています。
でもSIMフリー版は違います。
docomoのSIMカードであってもsoftbankのSIMカードであっても、普通に使うことができます。
なので、別にdocomo、au、softbankといった大手のキャリアとわざわざ契約しなくても良いわけです。
大手キャリアに比べて通信料を安く提供してくれているMVNOと呼ばれる会社でSIMカードだけを契約をして、そのSIMカードをSIMフリー版のiPhoneに挿入すれば、毎月のスマホをかなり安い価格で手に入れることができます。

SIMフリー版のiPhoneはどこで購入できるのか?

SIMフリー版のiPhoneは、基本的にはAppleストアで購入することができます。
この場合は、実店舗かオンラインどちらでも購入できます。
他にも、中古ショップやオークションでも手に入れることができるので、調べてみてください。

まとめ

今回は、iPhoneの価格を抑える5つの方法についてご紹介しました。いかがでしたか?
iPhoneの価格を安くする方法って意外とたくさんあるんですよね。
もちろん、最新のiPhoneじゃなきゃダメだとか中古は嫌いとか色々と意見はあると思いますが、少しでもiPhoneを安く手に入れたいのであれば、今回の方法をぜひ参考にしてみてくださいね。

関連記事

一番お得なのは?iPhoneの価格・月額料金を3社徹底比較
月額料金で簡単比較!iPhone6sドコモ容量別の価格まとめ
iPhone6sの価格を徹底比較!選ぶならやっぱりドコモがお得

スマホの乗り換えで失敗する人の共通点

「機種変更してみたら、思ったより料金が高かった…。」なんてことありませんか?

いま、ショップの店頭で有料オプションや有料コンテンツに加入させらて、結局損をしてしまう人が続出しています。

スマホを乗り換えるときには『おとくケータイ 』などのオンラインショップを利用してください。

どんなショップよりも、賢くおとくに乗り換える方法です。
iPhone7も実質0円になり、学割などのキャンペーンや限定割引など、今月が一年の中でもっともおとくな時期です。


→ おとくケータイで乗り換えキャッシュバックをもらう (電話がおすすめ!)
→ソフトバンクはこちら
→ドコモはこちら
→auはこちら

-iPhone, MNP予約番号, SIMフリー, 乗り換え

Copyright© app note , 2019 All Rights Reserved.