app note(アップノート)はiPhoneをもっと楽しくするための情報を提案します!

app note

iPhone LTE wifi アプリ

ヤバい紛失!?5分で完了iPhoneを探すアプリ完全解説

投稿日:

スマホは生活に欠かせない存在です。
そんなスマホは、外出先はもちろんのこと、寝室やトイレの中にまで持ち込む人もたくさんいます。
これが自宅であればまだしも、外出先のトイレに持ち込んだ場合、うっかりと忘れてしまうことだってありますよね。
しかし、今やiPhoneにはクレジットの暗証番号や友人の電話番号や住所、銀行の口座情報に至るまでさまざまな情報を保存していることも珍しくはありません。
そんな大切なiPhoneを紛失した時には、これからご紹介する『iPhoneを探すアプリ』の使用方法を参考にして、今iPhoneがどこにあるのかを探してみましょう。

スマホを乗り換えるなら!


機種変更では、このような失敗をする方がとても多いです。
  • 有料オプションを契約させられ料金が高くなった。。
  • 待ち時間や契約時間が長くて、半日かかってしまった。。
  • キャンペーンや割引がきちんと適用されていなかった。。
スマホを乗り換えるときには、
→ おとくケータイで乗り換えキャッシュバックをもらう
→ SMARTPHONE STORE
で乗り換えをするとキャッシュバックがもらえます。

スマホの機種変更するときは、
→ソフトバンクはこちら
→ドコモはこちら
→auはこちら
キャリア公式オンラインショップがおすすめです。学割や限定キャンペーンなどがもっとももおとくな時期です。

iPhoneを探すアプリについて知ってる?

iPhoneにはもともと購入時から、『iPhoneを探す』という機能が搭載されています。
この機能を使用することにより、今どこにiPhoneがあるのかを検索することができます。
この機能はキャリアショップにて契約できる、紛失時のスマホをGPS機能から探す機能よりも、精度が高いものであると言われています。
また無料で利用できるものですから、iPhone紛失時には役立てたい機能になります。
ちなみにこの機能も、GPS機能を活用して端末を探す機能になるため、GPS機能をOFFにしてしまっていると残念ながらiPhoneを探すことは不可能になります。
その為、普段からiPhoneを紛失しやすい人に関しては、外出時だけでもGPS機能をONにしておくことがおすすめです。
02-01

iPhoneを探す機能の設定方法について

iPhoneを探すアプリを使用する前に、まずiPhone端末にて『iPhoneを探す機能』と『位置情報サービス(GPS機能)』をONにしておく必要があります。
この二つの機能に関しての設定方法は、下記にて確認してください。
『iPhoneを探す機能ON設定』
・設定アプリを起動する
・iCloudをタップする
・iPhoneを探すをタップする
・iPhoneを探す横のタブを右にスライドする
『位置情報サービスをON設定』
・設定アプリを起動する
・プライバシーをタップする
・位置情報サービスをタップする
・位置情報サービス横のタブを右にスライドする
上記にて端末の設定は完了です。
この設定を行なっておけば、端末に電源が入っていないことや電波が届かない場所にいない限り、iPhoneの端末をパソコンや他のiPhoneから探すことができるようになります。

iPhoneを探すアプリを使用する方法について

iPhoneを探すアプリを使用するには、まず友達や家族のiPhoneかパソコンにて、iPhoneを探すアプリをダウンロードします。
アプリを立ち上げると、Apple IDとパスワードの入力を求められます。
この時に紛失をしているiPhoneのIDとパスワードを入力するだけで、現在iPhoneがどこにあるのかを探し出すことができるようになります。
画面上に地図が表示され、地図上に青い丸が表示されるので、その位置にiPhoneがあるとの確認がとれるわけです。
とても簡単な操作で紛失をしたiPhoneを探すことができるので、これは大変便利に活用できる機能であると言えるでしょう。
ただし、この青丸がとことこ移動をしているような場合は、iPhoneを持ち去られてしまっているケースも考えられるので、まずはiPhoneを紛失したと同時に警察へ届け出ておくことをおすすめします。

位置情報サービスの注意点

実は現在、位置情報サービスを利用したトラブルが多発しています。
最近は撮影した写真や動画をSNS上にアップする人が増えていますが、位置情報サービスをONにした状態で写真を撮影することにより、写真データにどこでいつ撮影したかの情報が登録されることになります。
これらの情報は専用のソフトを使用するだけで、簡単に画像データから抜き出すことができると言われています。
自宅で撮影した写真などをネット上にアップしてしまった場合、自宅の位置まで赤の他人に知られてしまうことも十分に考えられるということです。
05-m
ちなみに位置情報サービスをONにする時に、アプリ間で連携をするかどうかについての設定を行なうことができます。
アプリの名称が記載されている横のタブを右にスライドしてしまうと、アプリと位置情報サービスが連携されてしまい、アプリを立ち上げただけでも位置情報を取得されてしまうケースもあるので、なるべくなら位置情報サービスはむやみやたらにアプリとは連携しないようにしておきましょう。

まとめ

生活の一部として使用されているiPhoneは、あらゆるところに持ち込まれることにより、うっかりと忘れてしまうケースもあります。
その為、iPhoneを探すアプリが役立つと言う情報をお届けしました。
では今回の『ヤバい紛失!?5分で完了iPhoneを探すアプリ完全解説』について簡単に振り返ってみましょう。
◎iPhoneを探すアプリについて知ってる?
iPhoneを探すアプリを使用することにより、今iPhoneがある位置を探し出すことができます。
◎iPhoneを探す機能の設定方法について
iPhoneを探す機能の設定は、iPhone端末上で行ないます。
iPhoneを探す機能と位置情報サービスの両方の機能を、ONに設定する必要があります。
◎iPhoneを探すアプリを使用する方法について
iPhoneを探すアプリは、今紛失している端末以外のiPhone上かパソコン上にiPhoneを探すアプリをダウンロードして、Apple IDとパスワードを入力するだけです。
◎位置情報サービスの注意点
SNSにアップする写真データなどに位置情報が付加されていて、第三者に自宅などを知られてしまうトラブルが多発しています。
位置情報サービスはむやみやたらにアプリと連携しないようにしておきましょう。
いかがでしたか?
iPhoneを探すアプリの使用方法はとても簡単なので、パソコンなどがあれば無理なくiPhoneを探すことができることでしょう。
ただし、iPhoneを探すアプリを使用したことにより、友人などにAppleIDやパスワードを知られてしまうことだって十分に考えられることなので、もしこれらの情報を知られてしまったのではないかと疑問に感じた場合には、iPhoneを見つけた後に設定の変更をしておくことをおすすめします。

関連記事

3ステップでOK!iPhoneの電波が急に悪くなったときの裏技
可能性は無限大?iPhone6s脱獄で今より100倍楽しもう
音、表示、削除。紛失時に頼れるfind my iPhoneの3つの機能

スマホの乗り換えで失敗する人の共通点

「機種変更してみたら、思ったより料金が高かった…。」なんてことありませんか?

いま、ショップの店頭で有料オプションや有料コンテンツに加入させらて、結局損をしてしまう人が続出しています。

スマホを乗り換えるときには『おとくケータイ 』などのオンラインショップを利用してください。

どんなショップよりも、賢くおとくに乗り換える方法です。
iPhone7も実質0円になり、学割などのキャンペーンや限定割引など、今月が一年の中でもっともおとくな時期です。


→ おとくケータイで乗り換えキャッシュバックをもらう (電話がおすすめ!)
→ SMARTPHONE STOREでキャッシュバックをもらう
→ソフトバンクはこちら
→ドコモはこちら
→auはこちら

-iPhone, LTE, wifi, アプリ

Copyright© app note , 2018 All Rights Reserved.