app note(アップノート)はiPhoneをもっと楽しくするための情報を提案します!

app note

new

iPhone6料金比較!乗り換え時に注目すべき3項目

投稿日:

アップル社から販売されているiPhoneシリーズ。
日本で最もシェア率が高いスマートフォンと言われています。
それも納得。主要キャリアと言われるソフトバンク、au、ドコモの3社から発売されているからです。
iPhone6は、従来のiPhoneと比較して薄型になり持ち運びも使いやすさも向上しました。
iPhoneを長く使っていた人も、他のスマートフォンを使用していた人もiPhone6に機種変更などをした人も多いのでは。iPhone6に乗り換えを検討している場合、どういったポイントを比較すれば料金がお得になるのでしょうか。

スマホを乗り換えるなら!


機種変更では、このような失敗をする方がとても多いです。
  • 有料オプションを契約させられ料金が高くなった。。
  • 待ち時間や契約時間が長くて、半日かかってしまった。。
  • キャンペーンや割引がきちんと適用されていなかった。。
スマホを乗り換えるときには、
→ おとくケータイで乗り換えキャッシュバックをもらう
で乗り換えをするとキャッシュバックがもらえます。

スマホの機種変更するときは、
→ソフトバンクはこちら
→ドコモはこちら
→auはこちら
キャリア公式オンラインショップがおすすめです。学割や限定キャンペーンなどがもっとももおとくな時期です。

公式のキャンペーンを利用してお得に

iPhone6は、とても人気の高い端末です。
キャリアが実施している、多くの公式キャンペーンの対象となっています。
MNPが開始され、番号を変える事なくキャリアの乗り換えが可能になりました。
こうした事から、ユーザー獲得に向けた競争はますます激しくなっています。
料金を比較する際には、今使っているキャリアのキャンペーンだけではなく他社のキャンペーンをチェックして比較してみる事も大切です。

自分の使い方を見直してみる

料金を比較する前に、自分の毎月の使い方をチェックしてみる事も大切です。
過去の請求と比較してみて、通話の量にムラがあるのか。データ容量は、毎月どの程度使っているのか。
確認してみる事が料金を抑えるうえで重要なポイントとなります。
またiPhone6は、見た目が同じでも容量に違いがあります。
14-01
16GB、64GB、128GBの3種類から、自分の使い方に合った容量を選ぶようにしましょう。
もちろん大容量の方が、料金は高くなります。
しかし映画など大容量のコンテンツを持ち歩く場合、ストレスなく使えるように大容量にすることもオススメです。キャンペーンの割引率を比較すると、大容量がお得に購入できる可能性もあります。

学割を利用して料金をお得に

新生活が始まるこの季節。さまざまなものを買いかえたり、新しく購入する季節でもあります。
スマートフォンも、買い替えや新規購入の季節ですよね。
今や学割は携帯業界でも当たり前に。さらに学割対象者が25歳以下と広くなりました。
iPhone6を購入する際に、学割対象となる人も多いのでは。

学割の特典や条件をチェックしておく

キャリアごとに学割の特典を比較してみる事が大切です。
学割の対象となる年齢は、25歳以下と主要キャリアどれも同じです。
特典の内容や、条件となる料金プランを比較することで、どこが自分に適していてお得に使えるか分かってくるのでは。
また学割対象者の家族も、お得に使う事ができる場合も。支払いをするのが家族の場合、家族の特典を比較してみるのも良いのでは。
04-01

下取りキャンペーンを活用して料金をお得に

現在iPhone6を購入する際に、今まで使っていた端末を下取りするキャンペーンが行われています。
iPhone6の端末料金に、下取りの料金は適用されます。
機種変更をする際の同一のキャリアだけではなく、乗り換え時に他社のスマートフォンも下取りの対象となります。
下取りの条件や、下取りの料金を比較してみましょう。よりお得になるキャリアを見付ける事が出来るのでは。
またキャリアの下取りではなく、中古の携帯業者へスマートフォンを売る人も増えています。
キャリアと比較してみると、料金も高額になります。
しかし安全なのはやはり、キャリアの下取り。
中古の場合は初期化などを自分でしなければいけません。
きちんとデータを消去して、中古に売りに出せるのであれば良いですが不安であればキャリアの方がオススメです。

下取りの前にやっておく事

下取りをしてiPhone6をお得に購入する前に、必ずバックアップをとっておく必要があります。
iPhoneからiPhone6へ乗り換える場合、パソコンがあればiTunesにバックアップが出来ます。
パソコンがなくてもiCloudがWi-Fi回線で利用できます。
フリーのWi-Fiスポットも増えているので活用してみるのもオススメです。
またアンドロイドからiPhone6へ乗り換える場合も、GoogleアカウントやJSバックアップアプリでバックアップをしておく必要があります。
iPhone6に電話帳や画像など必要なものをデータ移行できるように準備しておきましょう。

乗り換えで料金をお得にする

キャリアを乗り換える事で、お得になるキャンペーンも実施されています。
キャリアごとにキャンペーンの内容が違うので、比較してみると良いのでは。
契約する料金プランに応じた毎月の割引、その場でボーナスが貰えてiPhone6の端末料金から割引されるなどさまざまです。
乗り換えのキャンペーンは、キャリアごとに比較してみてよりお得なものを探してみましょう。
キャンペーンの金額で充分にまかなう事ができますが、乗り換えには手数料が発生します。
今まで契約していたキャリアにMNP転出手数料として、2,000円から3,000円。新しく契約するキャリアに新規契約事務手数料として3,000円が必要になります。
最後の月の請求と初月の請求がやや高額になるので、頭に入れておくと安心です。

https://antenna.jp/news/detail/401121/

https://antenna.jp/news/detail/401121/

乗り換えの際にはタイミングが重要

他社から乗り換えで契約をした方が、機種変更と比較しても料金はお得です。
iPhone6購入時に、乗り換えを検討する人も多いと思います。
しかし乗り換えの際には、タイミングがとても重要なのです。
料金プランの多くが2年単位となっています。
2年以内に解約をした場合は、解約金として9,500円が発生することも。
せっかくキャンペーンで料金がお得になるのに、解約金の支払いはもったいないですよね。
契約更新月の1か月間は、解約金が発生しません。
乗り換えの際には、タイミングをチェックしておきましょう。

料金シュミレーションで比較してみる

それぞれのキャリアのサイトには、毎月の支払い料金をシュミレーション出来るページもあります。
比較してみて、納得できる料金で契約したいですよね。
また大型の家電量販店などは、主要キャリア3つがワンフロアに用意されている事も。
それぞれのキャリアを行き来しなくても、まとめて比較する事も出来ます。

関連記事

スマホとiPhoneはどちらの方がお得?料金プランを比較
【徹底比較】iPhoneを格安料金でGETするために必要なこと
iPhone買うならどこがお得?3社の料金プランを徹底比較

スマホの乗り換えで失敗する人の共通点

「機種変更してみたら、思ったより料金が高かった…。」なんてことありませんか?

いま、ショップの店頭で有料オプションや有料コンテンツに加入させらて、結局損をしてしまう人が続出しています。

スマホを乗り換えるときには『おとくケータイ 』などのオンラインショップを利用してください。

どんなショップよりも、賢くおとくに乗り換える方法です。
iPhone7も実質0円になり、学割などのキャンペーンや限定割引など、今月が一年の中でもっともおとくな時期です。


→ おとくケータイで乗り換えキャッシュバックをもらう (電話がおすすめ!)
→ソフトバンクはこちら
→ドコモはこちら
→auはこちら

-new

Copyright© app note , 2019 All Rights Reserved.