app note(アップノート)はiPhoneをもっと楽しくするための情報を提案します!

app note

new

分かりやすく円滑に。iPhone機種変更のデータ移行方法3つ

投稿日:

2015年9月、アップル社からiPhoneの新型モデルiPhone6sが発売されました。日本では主要キャリアと言われている、ソフトバンク、au、ドコモの3社が再び販売。またSIMフリーのiPhoneがアップル社から発売されるなど、ますます注目されている機種でもあります。
長年iPhoneを愛用しており、新型に移行を検討している人。また今までアンドロイドを利用していたけれど、iPhoneへの移行を検討している人も多いのでは。新しいiPhoneに電話帳などのデータを移行する際の方法とは。

スマホを乗り換えるなら!


機種変更では、このような失敗をする方がとても多いです。
  • 有料オプションを契約させられ料金が高くなった。。
  • 待ち時間や契約時間が長くて、半日かかってしまった。。
  • キャンペーンや割引がきちんと適用されていなかった。。
スマホを乗り換えるときには、
→ おとくケータイで乗り換えキャッシュバックをもらう
→ SMARTPHONE STORE
で乗り換えをするとキャッシュバックがもらえます。

スマホの機種変更するときは、
→ソフトバンクはこちら
→ドコモはこちら
→auはこちら
キャリア公式オンラインショップがおすすめです。学割や限定キャンペーンなどがもっとももおとくな時期です。

iPhoneからiPhoneへパソコンがある場合

インターネットに接続したパソコンとiPhoneを接続させると、音楽を同期させる事も出来ます。そのためにはまずiTunesをダウンロードして、作業を行う必要があります。
自宅のインターネット回線、キャリアとまとめて契約することでお得になるプランも豊富です。機種変更をした際、データを移行する時もパソコンはとっても役立ちます。iPhoneを購入する際に、インターネット回線もまとめて契約してみるのも良いのでは。
16-01

自動同期に注意

インターネットに接続したパソコンで、まずはiTunesをダウンロードします。iTunesとiPhoneを同期させる事で、バックアップなどの作業が行えるようになります。
注意したいのは、自動同期の設定です。自動同期をオフにしておかないと、パソコンとiPhoneをケーブルで接続するとバックアップが自動で開始されてしまいます。複数アカウントを利用している場合などは、特に注意しておきましょう。

バックアップを行う

まずはiPhoneのバックアップを開始します。iTunesを起動させている状態で、iPhoneとパソコンをケーブルで接続します。デバイスでiPhoneを選択してから、バックアップを開始します。
電話帳はもちろん、写真や動画、アプリなどのバックアップも可能です。iPhoneの魅力として、ほとんどのデータがデータ移行可能な所にあると思います。機種変更した新しいiPhoneでも、今まで同様に利用できるのはとても便利ですよね。
接続して今すぐバックアップを選択すると、iPhoneのバックアップが開始されます。iTunesの画面の上がアップルマークになれば、完了です。左上から設定を選択して、デバイスのiPhoneを選択。デバイスのバックアップ欄にて確認を忘れないようにしましょう。
16-02

新しいiPhoneで復元する

新しいiPhoneを手に入れたら、バックアップしたデータを復元させます。バックアップから復元までできて、データ移行が完了した状態になります。機種変更した状態のiPhoneには何も情報が入っていない状態です。データ移行を開始する前にも、自動同期をオフにしておきましょう。重複などの危険を避ける事が出来ます。
機種変更をした新しいiPhoneと、データをバックアップしているパソコンをケーブルで接続します。バックアップを復元を選択すれば、バックアップできるデータが表示されます。日時などを確認して問題がなければ、復元を選択します。
新しいiPhoneへようこそ、と表示される場合。このバックアップから復元を選択すれば、データの移行が行えます。プルダウンからデータを選択して続けるを選びましょう。アップルマークが表示されれば、データの移行は完了です。

iPhoneからiPhoneへiCloudを利用する

パソコンがない場合も、iPhoneからiPhoneへのデータ移行は行えるので安心して機種変更が出来ます。機種変更前のiPhoneでiCloudアカウントを作成しておきましょう。まずは設定のiCloudから、初期設定を行います。初回のみ、同意するなど項目を選び、必要な情報を入力していきます。
設定が完了したらiCloudにバックアップをオンにします。ポップアップ表示もOKで進むと、やや時間がかかりますが下の方に「今すぐバックアップを作成」という項目が出てきます。そこをタップすると、データ移行に向けてバックアップが開始されます。
バックアップする内容を選択できます。写真やアプリ、バックアップすべきデータが多い程時間はかかります。機種変更したiPhoneでも使いたいものを選びましょう。
機種変更したiPhoneの電源を入れて、日本語などの項目を選択。iCloudにログインすると、データ移行が行えます。パソコンがなくてもデータ移行が行えるのでiPhoneを長年愛用しているという人も多いのでは。

フリーのWi-Fiスポットを活用する

iCloudを利用する際には、Wi-Fiに接続しているという事が条件になってきます。Wi-Fiが自宅にない場合、フリーのWi-Fiスポットを活用するなど工夫しましょう。
16-03

アンドロイドからiPhoneへデータの移行をする場合

今までアンドロイドのスマホを利用していたけれど、新しいスマホはiPhoneにしようと思っている人も多いのでは。アンドロイドではiTunesもiCloudも利用できない。となるとデータ移行は、どういった方法で行えばよいのでしょうか。

アプリを使う

アンドロイドからiPhoneへ機種変更する際のデータ移行の方法として、アプリを使う方法があります。JSバックアップアプリを利用すれば、電話帳やアプリなどのデータ移行が行えます。まずはアンドロイドでアプリをインストールして、バックアップしたい項目のデータを作成します。
その後iPhoneでもアプリをダウンロードして、復元をすればデータの移行が完了する形になります。

Googleアカウントを使う

またGoogleアカウントからバックアップを行う事も。アンドロイドでGoogleアカウントを利用している人も多いのでは。Googleのアプリからバックアップをして、機種変更したiPhoneにデータ移行が出来ます。
機種変更したiPhoneでは新しくGoogleのアプリをインストールしなければいけません。サイインして、データの復元を行います。電話帳はもちろん、画像や動画などのデータ移行もGoogleアカウントでも行えます。

バックアップを習慣化しておくと安心

バックアップを日頃から習慣にしておくと、機種変更をする際にあせる必要はありません。キャリアを変える事なく機種変更をするのであれば、キャリアのバックアップサービスを活用することも出来ます。
何もしていないつもりなのに、突然写真が消えてしまったなどの経験がある人も少なくないのでは。他にも水没などの万が一の場合に備えて、バックアップをしておくと安心です。機種変更の際のキャンペーンなどの手続きもスムーズに行えます。

関連記事

機種変更でiPhoneへ!データ移行で知っておきたいトップ5
3割が悩むiPhone6sに乗り換えするベストタイミングっていつ?
ドコモiPhoneに機種変更するなら、絶対選ぶべきショップ5選

スマホの乗り換えで失敗する人の共通点

「機種変更してみたら、思ったより料金が高かった…。」なんてことありませんか?

いま、ショップの店頭で有料オプションや有料コンテンツに加入させらて、結局損をしてしまう人が続出しています。

スマホを乗り換えるときには『おとくケータイ 』などのオンラインショップを利用してください。

どんなショップよりも、賢くおとくに乗り換える方法です。
iPhone7も実質0円になり、学割などのキャンペーンや限定割引など、今月が一年の中でもっともおとくな時期です。


→ おとくケータイで乗り換えキャッシュバックをもらう (電話がおすすめ!)
→ SMARTPHONE STOREでキャッシュバックをもらう
→ソフトバンクはこちら
→ドコモはこちら
→auはこちら

-new

Copyright© app note , 2018 All Rights Reserved.