app note(アップノート)はiPhoneをもっと楽しくするための情報を提案します!

app note

new

自分はどのタイプ?カシコイiPhoneのキャリア比較ポイント3点

投稿日:

アップル社から販売されているiPhoneシリーズは、日本で最もシェア率の高いスマートフォンだと言われています。それもそのはず、ソフトバンク、au、ドコモの主要キャリアと言われる3社すべてから発売されているからです。
さらに最近ではアップルストアからSIMフリーのiPhoneも販売され、ますます人気が高まっています。そんなiPhoneを利用する際に、どのキャリアで契約すべきか迷ってしまうという人も多いのでは。お得に使うためにチェックしたいポイントは何があるのでしょうか。

スマホを乗り換えるなら!


機種変更では、このような失敗をする方がとても多いです。
  • 有料オプションを契約させられ料金が高くなった。。
  • 待ち時間や契約時間が長くて、半日かかってしまった。。
  • キャンペーンや割引がきちんと適用されていなかった。。
スマホを乗り換えるときには、
→ おとくケータイで乗り換えキャッシュバックをもらう
で乗り換えをするとキャッシュバックがもらえます。

スマホの機種変更するときは、
→ソフトバンクはこちら
→ドコモはこちら
→auはこちら
キャリア公式オンラインショップがおすすめです。学割や限定キャンペーンなどがもっとももおとくな時期です。

家族で携帯を管理している場合

家族でまとめて携帯料金の支払いをしている場合。iPhoneを購入する場合は、家族でキャリアを統一する事がお得になるために大切です。単身で利用している場合と比較してみても、毎月の割引などお得なポイントが満載です。
20-01

学割対象者がいたらもっとお得に

新生活が始まる4月。新しい携帯を購入する人が増える季節でもあります。iPhoneの購入を検討している人も多いのでは。それぞれのキャリアでは、1月末頃から学割が開始されます。学割の対象者や特典に違いがありますが活用するとお得なポイントが満載です。
データ容量のプレゼント、毎月の基本料金の割引などお得がいっぱいの学割。さらに学割対象者の家族にまでも、お得な特典があります。学割の対象者が家族にいるのであれば、開始されてからiPhoneを購入することが賢い選択なのでは。

データ容量もシェア出来る

家族の中には、インターネットやアプリをたくさん使い、データ容量をたくさん使う人もいると思います。その一方で必要最低限しか利用しないという人も。家族で契約している場合、データ容量をシェアすることが出来るのです。
主要キャリアの契約プランを比較してみると、ちょっと違いがあります。ソフトバンクとドコモは、家族で大容量のデータ容量を購入。それらを家族でシェアする形になります。一方のauは、家族それぞれがデータ容量を購入。足りなくなった人がいれば、余っている人が分ける事が出来るのです。
家族でのデータ容量の分け方を比較すると違いがありますが、お得に使える事は確か。毎月追加でデータ容量を購入するのはもったいないですよね。家族内を比較しても、データ容量の使用にはバラつきが。月末まで快適に使えるのはお得です。

インターネットを利用している場合はまとめてお得に

iPhoneは、インターネットに接続しているパソコンがあると利用の幅が広がるのでは。iTunesをパソコンにダウンロードして、iPhoneと同期。すると音楽を同期させたり、バックアップを取ったりとさまざまな事が出来ます。iTunesはインターネットに接続していない場合は使えません。
iPhoneを購入する際に、思い切ってパソコンのインターネット接続を検討してみるのもオススメ。それぞれのキャリアには、インターネットとまとめてお得になる料金プランが用意されています。さらに家族の料金までお得になるので要チェックです。

Wi-Fiもキャリアのものを利用する

iPhoneのデータ通信を、Wi-Fiを使って行えばデータ容量の節約にも繋がります。さらにWi-Fiがあればモバイル通信のゲームや海外、電波環境の悪い場所と活躍する機会はたくさん。キャリアのWi-Fiを利用することもオススメです。

乗り換えでお得にiPhoneを購入する

番号を変える事なく乗り換えができるMNPサービス。MNPを対象としたキャンペーンは、それぞれのキャリアで実施されています。
契約する料金プランに応じて割引があるもの、その場でボーナスがもらえてiPhoneの購入代金が割引されるものなどさまざま。iPhoneをMNPを使って購入すると、対象となるキャンペーンを活用するのも良い選択だと思います。

乗り換えはタイミングが大切

MNPでお得になるキャンペーン。魅力的ですが、気を付けたいのはMNPを行うタイミングです。スマホの料金プランは、2年縛りという言葉が生まれてしまう程。2年単位の契約プランがメインなので、2年以内の解約は解約金として9,500円が必要です。
解約金が発生しないタイミングで乗り換えをして、よりiPhoneをお得に購入したいですよね。契約更新月を確認して乗り換えを行いましょう。契約更新月の1か月間は解約金が発生しません。乗り換えのチャンス、賢く活用したいですよね。

下取りキャンペーンの前に

iPhoneを機種変更で購入する場合だけではなく、乗り換えの場合でも下取りキャンペーンが行われています。他社のスマートフォンも下取りをしてくれて、新しいiPhoneの購入代金から割引される形になります。
下取りのキャンペーンを利用する前に、必ずバックアップを取っておきましょう。下取りをする際には、初期化をして情報を消去します。バックアップをしていなければ、新しいiPhoneに電話帳などの移行ができなくなるので注意が必要です。
もちろん後日郵送でも対応できますが、割引が開始されるのはすべての手続きが完了してから。より速く割引の適用がされるよう、その場で下取りできるように準備しておくことも大切です。

キャリアのキャンペーンを使ってiPhoneをお得にゲット

キャリアが実施しているキャンペーンは、種類が豊富です。まず今自分が使っているキャリアでiPhoneを購入する場合、どういったキャンペーンの対象となるのかチェックをしてみましょう。さらに契約プランの確認も行い、契約更新月であれば乗り換えでお得にiPhoneを購入することもオススメです。

関連記事

iPhone買い替える人必見!3社下取り価格比較で賢くお得に
スマホとiPhoneはどちらの方がお得?料金プランを比較
【徹底比較】iPhoneを格安料金でGETするために必要なこと

スマホの乗り換えで失敗する人の共通点

「機種変更してみたら、思ったより料金が高かった…。」なんてことありませんか?

いま、ショップの店頭で有料オプションや有料コンテンツに加入させらて、結局損をしてしまう人が続出しています。

スマホを乗り換えるときには『おとくケータイ 』などのオンラインショップを利用してください。

どんなショップよりも、賢くおとくに乗り換える方法です。
iPhone7も実質0円になり、学割などのキャンペーンや限定割引など、今月が一年の中でもっともおとくな時期です。


→ おとくケータイで乗り換えキャッシュバックをもらう (電話がおすすめ!)
→ソフトバンクはこちら
→ドコモはこちら
→auはこちら

-new

Copyright© app note , 2019 All Rights Reserved.