app note(アップノート)はiPhoneをもっと楽しくするための情報を提案します!

app note

iPhone アプリ

iPhoneのラインデータ移行に関する2つの方法と1つの注意

投稿日:

日常のコミュニケーションにLINEを使っている方は多いものと考えます。電話でコミュニケーションを取ろうとすると、時と場合によっては相手が電話に出られないこともあるでしょう。
またメールの場合はLINEのようなチャットツールであれば相手のメールアドレスを探す、あるいはコピペする手間がかかります。
LINEであれば登録済みのリストから簡単にトークを始める事ができ、電話・メールよりも優れたコミュニケーションツールと言えるでしょう。
実際に街中や通勤電車の中などでLINE画面を開いている人を見かけることも多いです。
LINEはユーザーに取っては必須のツールですが、スマホの機種変更の時にデータの移行を忘れてしまい、後であわてることが多いのも事実です。
特にiPhoneユーザーの場合は新機種が二年に一回発売されること、Sシリーズを含めると毎年新機種が登場することもあって機種変更をする頻度が高いと考えます。
機種変更後にあわてることがないように、LINEのデータ移行方法と注意点をご紹介します。

スマホを乗り換えるなら!


機種変更では、このような失敗をする方がとても多いです。
  • 有料オプションを契約させられ料金が高くなった。。
  • 待ち時間や契約時間が長くて、半日かかってしまった。。
  • キャンペーンや割引がきちんと適用されていなかった。。
スマホを乗り換えるときには、
→ おとくケータイで乗り換えキャッシュバックをもらう
→ SMARTPHONE STORE
で乗り換えをするとキャッシュバックがもらえます。

スマホの機種変更するときは、
→ソフトバンクはこちら
→ドコモはこちら
→auはこちら
キャリア公式オンラインショップがおすすめです。学割や限定キャンペーンなどがもっとももおとくな時期です。

通常のLINEデータの移行

03-01
 
LINEデータを旧端末から新端末に移行する方法は二種類あり、一つ一般的なデータの移行方法で、この場合は過去のトーク履歴は引き継ぐことができません。
もう一つの方法は過去のトーク履歴も合わせてデータ移行を行う方法でひと手間かかりますが、トーク履歴の移行ができます。
まず通常のデータ移行ですが、過去のトーク履歴、トークの背景は移行できません。
LINEのトーク履歴は削除しなければ貯まる一方なので、機種変更をすることを機会にデータの整理をしたい人は、通常のデータ移行方法でよいでしょう。
まず機種変更の前に旧端末でメールアドレスの登録を行います。「設定」から「アカウント」を開くと「メールアドレス」が表示されますので、未登録であれば登録をします。メールアドレスを登録すると、LINEから登録確認メールが届きますから、メールに記載されている認証番号をLINEに入力、これでメールアドレス登録は完了です。
また機種変更で電話番号が変更になる方は同じく「アカウント」メニューから「アカウント引き継ぎ設定」をしておきましょう。
次に新しい端末にLINEをインストールし、LINEを立ち上げます。登録済みのメールアドレス、パスワードでログインし、電話番号認証を済ませて完了です。
購入したスタンプは再ダウンロードが必要になりますので、「設定」から「スタンプ」、「マイスタンプ」で購入履歴が表示されるので、ダウンロードします。

トーク履歴を伴うデータ移行

03-02
旧端末のデータバックアップをすることで、トーク履歴も移行することができます。LINEのバージョンが古いとiPhoneの場合は手動でトーク履歴を移行する以外に方法がなかったのですが、LINEのバージョンン6.4からはクラウド上にトーク履歴のバックアップができるようになりました。
LINEのバージョンを確認して6.4よりも古いバージョンであればアップデートしましょう。
「設定」メニューの一番下に「LINEについて」と言うメニューがありますから、ここをタップしてバージョンを確認しましょう。
現在の最新バージョンは6.5.1です。バージョンアップ後に「設定」、「トーク・通話」と進むと「トークのバックアップ」メニューが表示されます。
ここでバックアップと復元ができますから、通常の方法でLINEデータの移行を済ませ、復元をすればトーク履歴の移行は完了です。
手動の方法はiTuneでバックアップを取り、iTuneから復元する方法となりますからPCが必須になります。
バージョンアップでLINEを最新バージョンにしておけば、PCもPCにiPhoneを接続することも不要になりますから、バージョンアップはお忘れなく。

データ移行の注意点

12-01
機種変更後の新しい端末で間違って「新規登録」を選択してしまうと、過去のデータが全て消去されてしまいます。
また機種変更後に電話番号が変わる場合とログインにFacebookログインを使用していて機種変更する場合には、機種変更前のiPhoneで「引き継ぎ許可の設定」が必要になります。
「設定」メニューから「アカウント引き継ぎ設定」を選択して「アカウントを引き継ぐ」をオンにします。
なお、引き継ぎ許可の設定後24時間以内に引き継ぎをする必要がありますから。新端末が手に入る日と旧端末が使用できなる日を考えてデータの移行をしましょう。

まとめ

LINEのデータ移行は旧端末でメールアドレスの登録、バックアップの準備さえできていれば簡単に行えることなのですが、メールアドレスの登録をしなくともLINEを使う上で何の問題もないことから、メールアドレス登録をしていない人は多いです。
バージョンアップの件も同じで、バージョンアップが必須ではないので、古いバージョンのままLINEを使っている人も多いです。機種変更をする、しないに関わらず、自分のLINEの設定を見直し、メールアドレスの登録とLINEのバージョンアップをしておくことをおすすめします。

関連記事

iPhoneならおまかせ!データ移行&復元3分で完全解説
iPhone6sユーザーあるある!これで解決データ移行の3方法
【アンドロイド→iPhone】絶対確実な連絡先移行の方法

スマホの乗り換えで失敗する人の共通点

「機種変更してみたら、思ったより料金が高かった…。」なんてことありませんか?

いま、ショップの店頭で有料オプションや有料コンテンツに加入させらて、結局損をしてしまう人が続出しています。

スマホを乗り換えるときには『おとくケータイ 』などのオンラインショップを利用してください。

どんなショップよりも、賢くおとくに乗り換える方法です。
iPhone7も実質0円になり、学割などのキャンペーンや限定割引など、今月が一年の中でもっともおとくな時期です。


→ おとくケータイで乗り換えキャッシュバックをもらう (電話がおすすめ!)
→ SMARTPHONE STOREでキャッシュバックをもらう
→ソフトバンクはこちら
→ドコモはこちら
→auはこちら

-iPhone, アプリ

Copyright© app note , 2018 All Rights Reserved.