防水機能は?本体価格は?大きさは?iPhone新旧徹底比較

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

スマホを乗り換えるなら!

機種変更でこんな失敗をしていませんか?
・有料オプションを契約させられ料金が高くなった。。。
・待ち時間や契約時間が長くて、半日かかってしまった。。。
・キャンペーンや割引がきちんと適用されていなかった。。。

スマホを乗り換えるときには『おとくケータイ』などのオンラインショップを利用してください。

損することなく、どこよりも賢くおとくに乗り換えられます。
学割や限定キャンペーンなど、今月が最もおとくな時期です。

→ おとくケータイで乗り換えキャッシュバックをもらう
→ソフトバンクはこちら
→ドコモはこちら
→auはこちら

次期iPhone7の販売に向けて、さまざまな噂が飛び交っています。
今年は異例の、春先にiPhoneSEが発売されることになりました。

そこで今回は、秋口に発売される予定だと言われている
・iPhone7
現在発売中の
・iPhoneSE
・iPhone6s
これらの性能比較についてご紹介していきます。

iPhone7の情報(まだ噂段階ですが)なども届けていくので、気になる方は是非一度チェックしてみてくださいね。

iPhone新旧徹底比較

新世代iPhoneであるiPhone7の発売に向けて、連日の様に噂が飛び交っています。
それほど、iPhone新作に対する期待度は高いのですね。

今回は
・iPhone7
・iPhoneSE
・iPhone6s
に付け加えて
・iPhone6
この4機種の比較を行なっていきます。

ちなみに
・防水機能
・本体価格
・大きさ
この3点をメインにして進めていきます。

防水機能は?

iPhoneと言えば、防水機能が搭載されていない機種です。

防水機能が搭載されていないにしても、比較的水に強い機種だなんて言われていますが、水に濡れるとしっかり壊れてくれます。
お風呂で使用していると、ホームボタンが1ヶ月もしないうちに全く使用できない状態になりました。

特に水に強いわけでもないと感じます。

その為、防水機能こそあれば文句はないのに。
そんな風に考えていた矢先、apple社が防水機能に対する特許を取得したなんて話しが広まりました。

これはどうやら濃厚な噂のようで、新世代iPhoneである『iPhone7以降は防水機能が搭載されるのでは?』と言う噂で持ち切りです。

20-m

ちなみに防水機能が搭載されると言うことで、少し邪魔になるのが現在のイヤホンの差し込み口や、ホームボタンと言ったものです。
これらが現状の形であれば、防水機能を発揮することはできませんよね。

そこでiPhone7以降は、ホームボタンも埋め込み式、イヤホンの差し込み口はなくなる、こんな風に言われているようです。
まだまだ噂段階なので実際のところは闇に包まれたままですが、防水機能が搭載されるのであれば、ホームボタンやイヤホンの差し込み口に関しては実現されることになるでしょう。

本体価格は?

本体価格はどのように変わってくるのでしょうか?
iPhone7以降は防水機能が搭載されているなんて言われているので、一気に価格帯もUPしそうですよね。

では、まず初めにiPhone6の価格から見ていきましょう。
※今回はSIMフリー端末で比較してみます。
・iPhone6:74,800円~
・iPhone6 plus:86,800円~
・iPhone6s:86,800円~
・iPhone6s plus:98,800円~
価格帯はおおよそ、1万円ずつUPしていると言えます。

ちなみに最近は発売されたばかりの
・iPhoneSE:52,800円~
何故か大変安価なiPhoneSE。

おそらく小さな形状であることからも、パワー面に関してはiPhone6シリーズにはほんの少し劣ってしまうのでしょうね。

ではiPhone7はどのような価格帯になるのでしょうか?

性能がUPすることにより、おおよそ1万円ずつUPしている現状から考えて、
・iPhone7:10万円前後~
この様な販売価格になるのではないでしょうか?

ただしイヤホンなども無線のものになることで、もう少し高くなるかもしれませんね。
どちらにしても、今まで以上に高額な機種になることは間違いないでしょう。

大きさは?

大きさの面ではどうでしょうか?
・iPhone6:4.7インチ
・iPhone6 plus:5.5インチ
・iPhone6s:4.7インチ
・iPhone6s plus:5.5インチ
・iPhoneSE:4インチ

iPhone6の売れ行きが伸び悩んだことにより、大人気だったiPhone5の形状にてSEが販売されました。
しかし、やはり一度大きなiPhoneを手にしてしまった後は、もう小さな機種は必要ないと言わんばかりの売れ行きだと言われています。

iPhone7を発売するまでにiPhoneSEを発売したのは、もしかすると大きな機種と小さな機種のどちらに人気が集中するかを確認したのかもしれません。

よって今度のiPhone7は、おそらくiPhone6と同じ様な形状のもので発売されるのではないかと予測することができます。
ちなみにiPhone7は防水機能が搭載されることにより、iPhone6シリーズよりは厚みが増すことは間違いないことでしょう。

iPhone7は、いつ発売されるの?

ところでiPhone7は、一体いつ発売されるのでしょうか?
今までは9月に発売されるのが一般的でしたが、今回はiPhoneSEが発売されたことにより、もしかするとiPhone7以降は発売日も大幅に変更されるかもしれません。

ちなみに、直近に発売された機種の発売日は下記の通り。
・iPhone6:2014年9月19日
・iPhone6s:2015年9月25日
・iPhoneSE:2016年3月31日

iPhoneSEを外せば、9月の半ば以降に発売される傾向にありますね。

iPhoneは発売直近までなかなか情報を入手することができないので、現時点では今年発売されるかどうかもさっぱりわかりません。
しかし、わざわざSEを9月に発売するのではなく3月に発売したところを考えると、今年も秋口に新作iPhoneの発売が行なわれるのかもしれませんね。

19-02

まとめ

今回はiPhoneの新旧比較を行ないました。
そして、iPhone7の発売に期待が高まる今、iPhone7の噂についてもご紹介しました。

では今回の『防水機能は?本体価格は?大きさは?iPhone新旧徹底比較』について簡単に振り返ってみましょう。

〇iPhone新旧徹底比較
ここでは、3つの観点から新旧比較を行ないました。

・防水機能は?
iPhoneSE以前の機種には搭載されていない防水機能。
しかし、iPhone7に搭載される可能性は大変高いと言えるでしょう。

・本体価格は?
本体価格は性能がアップする度に、約1万円ずつ高くなっている傾向にあります。
その為、iPhone7では10万円超えをするであろうと予想されます。

・大きさは?
iPhone6の売れ行きがイマイチだったと言われることで、iPhone5と同じ形状のSEを発売しましたが、これまたイマイチの売れ行きだったそうです。
その為、iPhone7はiPhone6と同様に、大画面モデルになるのではないかと予想されます。

〇iPhone7は、いつ発売されるの?
SEを春先に発売したことからも、今年の秋口にはiPhone7が発売されるのではないかと予想されます。

いかがでしたか?
新世代iPhone7への期待は高まるばかり!

とにかくiPhone初の防水機能が搭載された機種は、『画期的』の一言に尽きます。
iPhoneを水没させてしまい苦い経験をした人は、きっと防水仕様のiPhoneを手に入れたいと考えているはず!

今までとは全く異なる性能のiPhone7の発売を、大いに期待していきましょう。

関連記事

iPhone7はどう変わる?いま出ている魅力的な情報5選
iPhoneだけじゃない!今選ぶべき、ドコモのおすすめスマホ
みんな待ってるiPhone7!発売時期など5点を独自予想

<<次ページに続きます>>

スマホを乗り換えるなら!

機種変更でこんな失敗をしていませんか?
・有料オプションを契約させられ料金が高くなった。。。
・待ち時間や契約時間が長くて、半日かかってしまった。。。
・キャンペーンや割引がきちんと適用されていなかった。。。

スマホを乗り換えるときには『おとくケータイ』などのオンラインショップを利用してください。

損することなく、どこよりも賢くおとくに乗り換えられます。
学割や限定キャンペーンなど、今月が最もおとくな時期です。

スマホの機種変更が変わる!スマホを自宅で受け取るだけで、 スマホが安くなる「自宅乗り換え」がいまスゴい!』も参考にしてください。

→ おとくケータイで乗り換えキャッシュバックをもらう
→ソフトバンクはこちら
→ドコモはこちら
→auはこちら

お得に携帯を乗り換える!キャッシュバック比較表を紹介

1. 今の携帯キャリアそのままで機種変更することは、機種代金・月額料金・キャッシュバックなどあらゆる面でをします!
2. au・ドコモからソフトバンクのように電話番号そのままで乗り換えることで、機種代金もお得に、毎月安く使うことが可能です。
3.特に、下記で紹介するようなスマホルームやおとくケータイのように店舗費のかからないWeb販売店を利用することで数万円の現金キャッシュバックを貰えます。

おとくケータイ

評価

★★★

キャッシュバック

20,000円〜30,000円

特徴

  • 高額キャッシュバック
  • 全国に店舗あり

デメリット

  • 実際のデモ機を触れない

SoftBank Online Shop

評価

★★☆

キャッシュバック

0円〜10,000円

特徴

  • 直営のため入荷が早い
  • 店頭の待ち時間が無い

デメリット

  • MNPでもキャッシュバックが少ない

docomo Online Shop

評価

★★☆

キャッシュバック

0円〜10,000円

特徴

  • 直営のため入荷が早い
  • 店頭の待ち時間が無い

デメリット

  • MNPでもキャッシュバックが少ない

au Online Shop

評価

★★☆

キャッシュバック

0円〜12,000円

特徴

  • 直営のため入荷が早い
  • わかりやすい料金シミュレーション

デメリット

  • MNPでもキャッシュバックが少ない
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket