app note(アップノート)はiPhoneをもっと楽しくするための情報を提案します!

app note

au iPhone ソフトバンク ドコモ

ヘビーユーザーにもおすすめ!iPhoneは16GBで十分なワケ

投稿日:

iPhoneを購入する際に必ず迷ってしまうのが容量ですよね。
iPhone6sでいえば16GB、64GB、128GBの容量がありますが、正直迷ってしまいますよね。
でも、実際のところは16GBで十分なんです。
これは、日頃からiPhoneを使いまくるヘビーユーザーの方であってもです。
ということで今回は、「iPhoneが16GBで十分なワケ」を説明していきます。

スマホを乗り換えるなら!


機種変更では、このような失敗をする方がとても多いです。
  • 有料オプションを契約させられ料金が高くなった。。
  • 待ち時間や契約時間が長くて、半日かかってしまった。。
  • キャンペーンや割引がきちんと適用されていなかった。。
スマホを乗り換えるときには、
→ おとくケータイで乗り換えキャッシュバックをもらう
→ SMARTPHONE STORE
で乗り換えをするとキャッシュバックがもらえます。

スマホの機種変更するときは、
→ソフトバンクはこちら
→ドコモはこちら
→auはこちら
キャリア公式オンラインショップがおすすめです。学割や限定キャンペーンなどがもっとももおとくな時期です。

1.iphoneの16GBは断然安い

まず大前提として、iPhoneの16GBモデルは他の容量のものと比べて安いんです。
これが最大のメリットです。
機能自体は同じなのに、容量が違うというだけで価格が結構高くなってしまうんですよね。
13-01

1ー1.16GBと128GBの差は24000円

現在のiPhone6sのSIMフリー版の16GBモデルの価格が、AppleStoreでは「86,800円」となっています。
それに比べて64GBモデルは「98,800円」128GBモデルは「110,800円」となっています。
比較してみると64GBは16GBよりも「12,000円」高く、128GBは16GBよりも「24,000円」高いんです。
この差はハッキリ言って大きいです。
価格面に関しては断然、16GBに軍配があがります。

2.クラウドを使えば容量を増やすことができる

iPhoneはAndroidのようにSDカードを挿入することができないので、余計に容量の問題はつきまといます。
一度購入してしまったら最後、拡張することはほぼ不可能ですからね。
しかし、クラウドを使えば話は別です。

2ー1.保存したデータはiPhone以外の端末でも見れる

クラウドサービスは、自分のデータをスマホ本体ではなく、ネット上に保存することができるサービスのことです。
ネット上にデータを保存しているので、例えば自分がクラウドに保存した写真や音楽を、自分が持っているiPhoneだけでなく、タブレットやパソコンからでも見ることができるようになるということです。
クラウドサービスを使うことによって、自分の写真や音楽や動画その他のデータを、自分のスマホ本体ではなくネット上に保存することができるようになるので、自分のスマホの中の容量を抑えることができるようになります。

2ー2.iPhoneユーザーならiCloudがオススメ

クラウドサービスはいくつかありますが、iPhoneの場合であれば、Apple社が提供している「iCloud」がオススメです。
5GBまでであれば無料で使えますし、50GBであっても月額130円で使うことができます。
iPhone本体の容量が16GBしかなくても、追加で50GB使えるようになれば、64GBを持っている人とほぼ同じぐらいの容量を使えるようになります。
06-m

2ー3.バックアップを取ることができる

バックアップとは、万が一問題が起きたとしてもデータを復旧できるようにするために、データを別のところにコピーしておき備えておくことです。
自分のiPhoneに入っているデータをあらかじめクラウドの方に保存しておけば、iPhoneの中のデータが消えてしまっても、すぐに復活することができます。必ずバックアップは取っておくようにしましょう。
iCloudをはじめとしたクラウドサービスは、昔に比べて価格も安くなり、利用しやすくなったので、非常にオススメです。
年間通しても2000円もかからないのであれば、わざわざ高いお金を出して大きい容量のiPhoneを購入しなくても、十分クラウドを使うことで代用できるはずです。

3.16GBならもしもの時の被害も小さい

iPhone16GBであれば、もし万が一失くしてしまった場合でも、被害が最小限にすみます。
16GBだと、64GBや128GBに比べて、それほどたくさんのデータを保存することができないため、必要最低限のデータしか持ち運べません。
しかし、容量が大きいiPhoneを持っている人なら、音楽や動画や写真その他色々なデータを、全て持ち運ぶこともできます。
その結果、万が一スマホを失くしてしまった場合、全てのデータを失ってしまうことになります。
仮にバックアップを取っていたとしても、誰かに自分の写真や動画を見られてしまう危険性もあります。
そういった意味で、容量の少ない16GBを選択することによって、持ち運ぶデータを最小限にしておくことで、被害を最小限に抑えることができます。
17-01

4.16GBのデメリット

16GBのデメリットは、容量の余裕がたくさんあるとは言い難いため、頻繁にデータを削除したり、移行したりしないといけないということです。
特に音楽や写真や動画などのデータをたくさん持ち運びたい方、アプリを日頃からたくさんダウンロードしている方とっては、16GBという容量は少し物足りなく感じてしまうかもしれません。
逆に普段からあまり音楽データや動画を保存しない方、アプリもあまり使わない方にとっては、16GBもあれば十分足りると言えます。

まとめ

「iPhoneが16GBでも十分なワケ」をご理解いただけたでしょうか?
16GBというと少し少ないように感じてしまいますが、実際のところはしっかりと上記でお話したことを実践していただければ、十分に足りる容量です。
かくいう私も実はiPhone6の16GBをバリバリ利用しているヘビーユーザーですが、今のところ何不自由なく使えています。
なので、よほど容量がたくさん欲しいという方以外は、iPhoneは16GBで十分なはずですよ。
iPhoneを購入する際は、ぜひ今回のお話を参考にしてみてくださいね。

関連記事

iPhoneは16GBでも問題無し! ジャンル別データ容量まとめ
16GBあれば困ることはない?16GBのiPhoneで出来る3つのこと
あえて容量16GBを選ぶメリットとは?iPhoneの用途から考える

スマホの乗り換えで失敗する人の共通点

「機種変更してみたら、思ったより料金が高かった…。」なんてことありませんか?

いま、ショップの店頭で有料オプションや有料コンテンツに加入させらて、結局損をしてしまう人が続出しています。

スマホを乗り換えるときには『おとくケータイ 』などのオンラインショップを利用してください。

どんなショップよりも、賢くおとくに乗り換える方法です。
iPhone7も実質0円になり、学割などのキャンペーンや限定割引など、今月が一年の中でもっともおとくな時期です。


→ おとくケータイで乗り換えキャッシュバックをもらう (電話がおすすめ!)
→ SMARTPHONE STOREでキャッシュバックをもらう
→ソフトバンクはこちら
→ドコモはこちら
→auはこちら

-au, iPhone, ソフトバンク, ドコモ

Copyright© app note , 2018 All Rights Reserved.