app note(アップノート)はiPhoneをもっと楽しくするための情報を提案します!

app note

au iPhone ソフトバンク ドコモ 新着

iPhone6の値段をdocomo、au、SoftBankの3社で徹底比較

投稿日:

iPhone6の値段をdocomo、au、SoftBankの3社で徹底比較
新しいシリーズが発売されるたびに、大きな話題を呼ぶiPhoneシリーズ。iPhone6が発売された際も、ニュースなどで取り上げられたりネットでも大きな話題となりました。
番号を変えることなく、キャリアを乗り換えることが可能になった今。SoftBankを始め、au、docomoでも販売が開始されたiPhone6はユーザー獲得の要とも言えるのではないでしょうか。どのキャリアでも購入出来る、ハイスペックなiPhone6。正直同じiPhone6であれば、出来るだけ価格がお得なキャリアで購入したいと思うのでは。

スマホを乗り換えるなら!


機種変更では、このような失敗をする方がとても多いです。
  • 有料オプションを契約させられ料金が高くなった。。
  • 待ち時間や契約時間が長くて、半日かかってしまった。。
  • キャンペーンや割引がきちんと適用されていなかった。。
スマホを乗り換えるときには、
→ おとくケータイで乗り換えキャッシュバックをもらう
で乗り換えをするとキャッシュバックがもらえます。

スマホの機種変更するときは、
→ソフトバンクはこちら
→ドコモはこちら
→auはこちら
キャリア公式オンラインショップがおすすめです。学割や限定キャンペーンなどがもっとももおとくな時期です。

キャリアの下取りキャンペーンの内容

今使っているスマホは、新しくiPhone6を手に入れると使わなくなってしまう人も多いのでは。今キャリアでは、今まで使っていたスマホを下取りしてくれるサービスがあります。下取りサービスには、キャリアごとに微妙に内容が違います。
SoftBankやauの場合、他社から乗り換えで契約すると下取りをしてくれます。内容はiPhone以外のアンドロイド端末も対象となっている場合があります。またSoftBankの場合、故障端末買取キャンペーンもあるので使えない端末でも下取りしてもらえるチャンスがあるのです。故障などの不具合がない場合、対象のスマホであれば下取りしてもらえるのでiPhone6の値段を抑えることが出来ます。
docomoの場合、下取りの対象となっているのはiPhoneのみ。もし今使っているスマホがアンドロイドの場合、下取りはしてくれません。その代わり、docomoにはおかえりボーナスという特典があります。かつてiPhoneの発売が唯一遅れていたdocomo。その際に、docomoから乗り換えた人も多いのではないでしょうか。同一の番号で再びdocomoと契約する場合、おかえりボーナスの対象となります。docomoを解約した際に紛失していたポイントも戻ってくるのも嬉しいですよね。
下取りキャンペーンを利用すると、下取り金額分iPhone6を購入した際の金額から割引きとなりお得に購入する事が出来ます。

全てのキャリアから出ている電話し放題プラン

今までの電話料金といえば、パケットし放題の定額料金に通話料がプラスされたものがほとんどでした。それに加え分割の端末料金が毎月の支払い。となると長電話をしてしまった月や、毎月の通話料が多い人は自然と支払い金額も大きくなっていました。通話料金を抑えることが、毎月の支払いを抑える上でポイントでもありました。
しかしiPhone6の発売とともに、各キャリアから通話し放題のプランが発表されました。共通して2,916円の利用料金。また24時間、他社の携帯電話はもちろん固定電話への通話も無料となりました。電話料金が高くて悩んでいた人にとっては、お得になるプランが作られたのです。
しかし、同じような内容ですが通話し放題にプラスするデータ容量によって毎月の支払う値段に違いが出ます。auは比較的細かくデータ容量が設定されていて、docomoやソフトバンクは大容量にも対応しています。もちろん値段は、容量が小さいほど安くなります。普段電話はするけれど、データ容量は必要ない人は小さいものにすると毎月支払う値段も抑えることが出来ます。
また、データ通信の際にキャリアの電波を使わないのもデータ容量を抑えることが出来ます。Wi-Fi環境が自宅に整っている人は、常にWi-Fi回線を利用する事もポイントです。持ち歩けるポケットWi-Fiなども、お手ごろな値段やプランで多数発売されています。海外に行った際などにも役立つので、持っておいて損はないのでは。

端末の料金に違いがあるのか

同じ端末であるiPhone6が3つものキャリアから一斉に発売されるのは、不思議な感じもしますよね。キャリアによって料金にも微妙に違いがあります。
割り引きなしのiPhone6そのものの価格で乗り換えや新規での契約の場合、docomoの端末料金は、16GB73,872円、64GB86,832円、128GB97,200円です。auの端末料金は、16GB72,360円、64GB85,320円、128GB96,120円です。
SoftBankの端末料金は、16GB70,080円、64GB83,280円、128GB94,080円となっています。それぞれここから割引きがされていくのです。16GBを乗り換えで購入すると全てのキャリアで割引きにより無料になります。64GBは、12,960円です。128GBの場合、docomoが24,624円、auとSoftBankが23,760円となっています。
また機種変更の場合も、端末料金は変わらず割引きによって値段を下げる事が出来ます。docomoの16GBは、11,664円、auとSoftBankの場合16GB14,520円となっています。docomoの64GBが24,624円、auとSoftBankの64GBが27,480円です。128GBは、docomoが36,288円、auとSoftBankが38,280円です。
他にも割引きサービスを活用すると値段に変動はありますが、だいたいの目安の価格になっています。docomoは機種変更、auとSoftBankは乗り換えでiPhone6を購入した場合、値段がお得になるのではないでしょうか。

キャリアのキャンペーンを活用する

まだまだキャリアごとにiPhone6も対象となったキャンペーンは存在します。家族で加入すする事や、家のインターネット回線もまとめて契約することによりiPhone6の値段がお得になることもあります。キャリアで行われているキャンペーンをチェックしてみるのも良いのでは。
またキャッシュバックを行っている店舗もまだまだあります。乗り換えや機種変更でiPhone6を購入する事でキャッシュバックが貰える場合もあります。キャッシュバックの分、値段を抑えることが出来るのは嬉しいですよね。それぞれのキャリアが行っているキャンペーンを活用して、値段を抑えて購入してみるのも良いのでは。
※タイトル画像:http://goo.gl/cx5XVp

関連記事

定額プランで電話かけ放題!SoftBank同士なら2倍お得かも?
新たな可能性を追求していくdocomoのスマホ、必見の5種類
auの歴代人気スマホからわかる、今後のauスマホ発売傾向
こんなにお得!SoftBankにMNPで乗り換えるべきメリット6選

スマホの乗り換えで失敗する人の共通点

「機種変更してみたら、思ったより料金が高かった…。」なんてことありませんか?

いま、ショップの店頭で有料オプションや有料コンテンツに加入させらて、結局損をしてしまう人が続出しています。

スマホを乗り換えるときには『おとくケータイ 』などのオンラインショップを利用してください。

どんなショップよりも、賢くおとくに乗り換える方法です。
iPhone7も実質0円になり、学割などのキャンペーンや限定割引など、今月が一年の中でもっともおとくな時期です。


→ おとくケータイで乗り換えキャッシュバックをもらう (電話がおすすめ!)
→ソフトバンクはこちら
→ドコモはこちら
→auはこちら

-au, iPhone, ソフトバンク, ドコモ, 新着

Copyright© app note , 2019 All Rights Reserved.