app note(アップノート)はiPhoneをもっと楽しくするための情報を提案します!

app note

iPhone 新着

【2015年3月時】iphone6の端末値段比較

投稿日:

スマホを乗り換えるなら!


機種変更では、このような失敗をする方がとても多いです。
  • 有料オプションを契約させられ料金が高くなった。。
  • 待ち時間や契約時間が長くて、半日かかってしまった。。
  • キャンペーンや割引がきちんと適用されていなかった。。
スマホを乗り換えるときには、
→ おとくケータイで乗り換えキャッシュバックをもらう
→ SMARTPHONE STORE
で乗り換えをするとキャッシュバックがもらえます。

スマホの機種変更するときは、
→ソフトバンクはこちら
→ドコモはこちら
→auはこちら
キャリア公式オンラインショップがおすすめです。学割や限定キャンペーンなどがもっとももおとくな時期です。

 iPhone6 購入するのに値段を比較して見たら

今度iPhone6を購入することにしました。
いままでAndroidのXperia ULを使っていていました。
そのXperiaは購入して、まだ2年は立っていないので、支払いがまだ残っています。
iPhone6を購入すると数か月間は2重払いしなければなりません。
ですが、それを承知で、覚悟してiPhone6を購入することに踏み切りました。
その一番の理由は電池の持ちです。
私の家族にiPhone5を持っているものがいます。
普段、気にしていなかったのですが、充電するタイミングがXperiaと全然違うことに、ふと気が付いたのです。
私の持っているXperia UL は1日持ちません。
毎日、寝る時に充電するようにセットしてから寝ます。
それはそれでいいのですが、「Xperia UL」を持ち歩いていて、夕方になり、電池の残量が40%を切るようになると、後は寝るまで心配しながら使うしかないのです。
これってストレスになります。
カタログの数字では分からないことなのです。
それで新しくiPhone6が出て、一応の評判が安定したころを見計らって「Xperia UL」からiPhone6に変えることにしました。
現在では大手3キャリアともiPhone6を取り扱っています。
ですから、今現在、使っているキャリアで機種変更をすれば、それでいいのですが、なにげにiPhone6と決めているからこそなのか、キャリアごとの値段の違いを気にしてしまいます。
これは人間の”性”なのでしょうか?
でもこれって失敗だったかもしれません。
なぜなら頭の中に?マークがいっぱい並んでしまったから。
値段だけじゃなく、いろいろ。
あまり考えることが嫌いな人は、今使っているスマートフォンをiPhone6やiPhone6 plusに変えようとした時は、キャリアの値段の違いなど気にせずに、そのまま同じキャリアで機種変更することをお勧めします。
フィーチャーフォンからiPhone6と考えている人は、ぐんと費用がかさみますよ。
使い勝手から言えばiPhone6ではなくiPhone5sをオススメします。
値段が高くなったとかではなくて、カケホーダイは今までの料金支払い体系と全然違いますから、パケット量でお金を払うということに慣れないと、iPhoneの値段がべらぼうに高いと感じてしまいます。
ではiPhone6の購入を考えてみますね。


(本文)

iPhone6 購入するのに値段をどう考えたらよい?

iPhone6の機器の値段はキャリアによってどう違うのでしょうか。
キャリア 機種 機器の値段

Docomo iPhone6 16G ?73,872
au iPhone6 16G ?72,360
SOFTBANK iPhone6 16G ?70,080
Docomo iPhone6 64G ?86,832
au iPhone6 64G ?85,320
SOFTBANK iPhone6 64G ?83,280
Docomo iPhone6 128G ?97,200
au iPhone6 128G ?96,120
SOFTBANK iPhone6 128G ?94,080

ここでiPhone6の機器購入時の値段を3キャリア別で比較するとSOFTBANKが一番安いことがわかります。
はっきり言ってこういった値段の違いが出てくるのは消費者にはわけがわかりません。
当然、仕入れ値が違うのでしょうが24回の分割支払いにしてしまうと、3キャリアとも大差ないということになります。
iPhone6を一括で買う値段はSOFTBANKの勝ち!!
次に一番値引きをしてくれるキャリアはどこでしょうか?
新規契約かMNPで他社から移って来た人への値段です。
キャリア 機種 機器の値段 MNP/新規値引き額 実質負担金

Docomo Phone6 16G ?73,872 ?73,872 ¥0
au iPhone6 16G ?72,360 ?72,360 ¥0
SOFTBANK iPhone6 16G ?70,080 ?70,080 ¥0
Docomo?iPhone6 64G ?86,832 ?86,832 ?0
au iPhone6 64G ?85,320 ?72,360 ?12,960
SOFTBANK iPhone6 64G ?83,280 ?70,320 ?12,960
Docomo?iPhone6 128G ?97,200 ?85,536 ?11,664
au iPhone6 128G ?96,120 ?72,360 ?23,760
SOFTBANK iPhone6 128G ?94,080 ?70,320 ?23,760

ここでは明らかにDocomoが優位です。
SOFTBANK,auからDocomoには16GB、64GBは実質負担金0円で移れますし、新規契約ができます。
128GBでもSOFTBANK、auの半分の値段でDocomoに移れますし、新規の契約ができます。iPhone6の機器の値段は高かったのに、大きな値引きで新規契約、MNPでの値段はDocomoの勝ち!!!
次は機種変更の時のiPhone6の値段です。
キャリア 機種・ 機器の値段 ・機種変更時値引き額・ 実質負担金

Docomo iPhone6 16G ?73,872 ?62,208 ?11,664
au iPhone6 16G ?72,360 ?57,840 ?14,520
SOFTBANK iPhone6 16G ?70,080 ?55,560 ?14,520
Docomo iPhone6 64G ?86,832 ?62,208 ?24,624
au iPhone6 64G ?85,320 ?57,840 ?27,480
SOFTBANK iPhone6 64G ?83,280 ?55,800 ?27,480
Docomo iPhone6 128G ?97,200 ?60,912 ?36,288
au iPhone6 128G ?96,120 ?57,840 ?38,280
SOFTBANK iPhone6 128G ?94,080 ?55,800 ?38,280

ここでもDocomoが一番安いのですが、
16GB、64GBで2,856円、128GBで1,992円安いだけです。
機種変更時の値段はあまり優遇されていません。
以前の機種の支払いが残っているのに、機種変更をしようとする人は負担がより大きくなります。
頻繁に新機種が発売される割には機種変更時の値段は優遇されておらず、他所の会社からのMNPでの移行や新規契約にキャリア会社の気持ちが行ってしまっているという気がします。
Docomoは長期契約者に対するサービスがあります。
それにしても、ここに表示されている数字、値段、あまりにも出来過ぎていると思いませんか?
auとSOFTBANKの実質負担金の数字、値段、同じですよね。
一括支払の値段でSOFTBANKが一番安かったのに、値引き合戦後の値段の数字は足並みをそろえています。
16GB、64GBの機種の値段の差も同じで、Docomoとの値段の差まで合わせてるなんて出来過ぎじゃありませんか?
個々のキャリアの値段戦略に個性を感じられないまま、選択しなければならないなんて、おもしろくないです。
iPhone6を手に入れるのには本当はどれを選択すればよいのでしょう?
次の表は新規/MNPどこからどこに移った方がiPhone6は安いのかと言う表です。
元キャリアと移動キャリアが同じ場合は<機種変更>の値段です。


元キャリア 元機種 移動キャリア 新規のiPhone6 実質負担金

Docomo スマートフォン au iPhone6 16G ?0
Docomo スマートフォン SOFTBANK iPhone6 16G ?0
Docomo スマートフォン Docomo iPhone6 16G ?11,664
Docomo スマートフォン au iPhone6 64G ?12,960
Docomo スマートフォン SOFTBANK iPhone6 64G ?12,960
Docomo スマートフォン Docomo iPhone6 64G ?24,624
Docomo スマートフォン au iPhone6 128G ?23,760
Docomo スマートフォン SOFTBANK iPhone6 128G ?23,760
Docomo スマートフォン Docomo iPhone6 128G ?36,288

元キャリア 元機種 移動キャリア 新規のiPhone6 実質負担金

au スマートフォン au iPhone6 16G ?14,520
au スマートフォン SOFTBANK iPhone6 16G ?0
au スマートフォン Docomo iPhone6 16G ?0
au スマートフォン au iPhone6 64G ?27,480
au スマートフォン SOFTBANK iPhone6 64G ?12,960
au スマートフォン Docomo iPhone6 64G ?0
au スマートフォン au iPhone6 128G ?38,280
au スマートフォン SOFTBANK iPhone6 128G ?23,760
au スマートフォン Docomo iPhone6 128G ?11,664

元キャリア 元機種 移動キャリア 新規のiPhone6 実質負担金

SOFTBANK?スマートフォン au iPhone6 16G ?0
SOFTBANK?スマートフォン SOFTBANK iPhone6 16G ?14,520
SOFTBANK?スマートフォン Docomo iPhone6 16G ?0
SOFTBANK?スマートフォン au iPhone6 64G ?12,960
SOFTBANK?スマートフォン SOFTBANK iPhone6 64G ?27,480
SOFTBANK?スマートフォン Docomo iPhone6 64G ?0
SOFTBANK?スマートフォン au iPhone6 128G ?23,760
SOFTBANK?スマートフォン SOFTBANK iPhone6 128G ?38,280
SOFTBANK?スマートフォン Docomo iPhone6 128G ?11,664

auとSOFTBANKは値段を合わせているのでauの表とSOFTBANKの表は全く同じに見えます。
ここでわかるのはiPhone6の64GB が欲しい場合はau、SOFTBANKからDocomoにMNPで移動した方が実質負担金が0円で値段が一番安いということです。
またiPhone6の128GBが欲しい場合、auとSOFTBANKのユーザーは機種変更だと38,280円かかるのですがDocomoにMNPで移ってしまえば11,664円で手に入ります。
その差、26,616円も値段が安くなるということです。
概して一括購入価格はDocomoが一番高かったのですが、値引きはそのDocomoが一番値引きをしているようでiPhone6の購入値段はDocomoがいくらか安くなっているように見えます。


(結論)

 iPhone6 購入するのに値段を、じゃなかったこと。

iPhone6を購入時の機器の値段を比較してきました。
これは、あくまで機器購入の値段で、これに毎月々の通話、通信の使用料、オプションのサービス料がかかります。
これらを全部足して月々で見るか、2年間の総額で見るかして判断しないと本当の意味のiPhone6の値段と言うものは出てきません。
しかし、基本の使用料金+データプランは各キャリアのお勧めのパケット量5Gのプランあたりだをみると、どのキャリアをとっても8000円ぐらいの支払いになり、これも、3キャリアとも足並みをそろえてます。
だいたい、3キャリアともiPhone6を販売して、仕入れ価格が違うからなのか、一括価格は微妙に違いますが、値引きをした後の値段は、そう変わりはなく、各キャリはライバルに対して、どこで差別化をしているのでしょう。
iPhone6 購入するのに値段で決めるとDocomoが若干有利です。
しかし、圧倒的ではない。
逆にDocomoは一番値引きをしているのだから苦しくないのでしょうか。
サービスで他社との差別を図る場合、オプションの設定など、スマートパスを設定したauがひとつ上手い。
これはケータイのezwebのやり方を進ませた手法です。
SOFTBANKは「白戸家」のCMは他社を圧倒するけどオプションサービスはイマイチ、企画力でauに負けています。
キャンペーンサービスに頼るのも安定的にするためには、次から次へとキャンペーンを打ち出さなければならないのは大変です。
これから格安スマートフォン会社もどんどん出てきて2015年は日本のスマホ、携帯界が転換する時期に来ているように見えます。
iPhone6を使うときにどんな使い方をしたいのか、本当はそんなこと考えたくもなく、そう言った欲求を満たしてくれるキャリアに丸投げしたいのでしょうけど。
やはり、それを考えた人と考えない人ではiPhone6を買って2年経った時の値段、総費用は違ってくるでしょう。
DocomoとSOFTBANKはNTTの光とセット販売を始めるようですけど、もし高速な光回線を自宅や会社に引いた場合、iPhone6のパケットプランの見直しをした方がよいですよ。
自宅にWIFIルーターを設置してiPhone6を使うならばiPhone6で使うパケット量は限りなく2Gに近づきます。
その分iPhone6にかかる総値段も費用を下げられるので、低くなります。
出先の公園や、電車の中でゲームをやりまくる人は少ないでしょう。
自宅でゲームをやりまくる人はパケットをWIFIからとればよいのでiPhone6のパケットを使う必要がなくなるのです。
結局、自分の使い方、考え方にあったキャリアを選ぶこと。
iPhone6はそこのキャリアから購入すること。
iPhone6の最終的値段はそこで決まります。
※タイトル画像:?http://goo.gl/71DwWh

関連記事

iPhone6Plusを予約して買った人から学ぶべき3つの大切なこと
iphone5からiphone6へ変えるメリット・デメリット
【徹底比較!】iPhone6plusとその他人気機種まとめ
【完全保存版】iPhone6の価格・料金プランを3社徹底比較!
iPhone6のユーザー評価を徹底解剖

スマホの乗り換えで失敗する人の共通点

「機種変更してみたら、思ったより料金が高かった…。」なんてことありませんか?

いま、ショップの店頭で有料オプションや有料コンテンツに加入させらて、結局損をしてしまう人が続出しています。

スマホを乗り換えるときには『おとくケータイ 』などのオンラインショップを利用してください。

どんなショップよりも、賢くおとくに乗り換える方法です。
iPhone7も実質0円になり、学割などのキャンペーンや限定割引など、今月が一年の中でもっともおとくな時期です。


→ おとくケータイで乗り換えキャッシュバックをもらう (電話がおすすめ!)
→ SMARTPHONE STOREでキャッシュバックをもらう
→ソフトバンクはこちら
→ドコモはこちら
→auはこちら

-iPhone, 新着

Copyright© app note , 2018 All Rights Reserved.