app note(アップノート)はiPhoneをもっと楽しくするための情報を提案します!

app note

iPhone SIMフリー 新着

iPhone6をSIMフリーで使う!でもSIMフリーってなんだ?

投稿日:

最近 、SIMフリーという言葉をよく聞きます。
昔は、SIMフリーのスマートフォンを国内で手に入れることはできず、海外から輸入して手に入れている方もいました。
今では、appleのホームページでSIMフリーバージョンを購入することができ、5月1日からSIMロック解除義務化され各社対応しています。
シムフリーの端末が増えてきてMVNO(仮想移動体通信事業者)事業に色々な大手企業が参入してきたこともあり目に触れる機会が多いと思いますが、まだまだ知らない人も多いと思いみたいです。
そこで、「SIMフリーってなんだろう」という方にSIMフリーとは、どういったものなのかをご紹介したいと思います。

そもそもSIMとは

シムカード(Subscriber Identity Module Card)スマートフォンやケータイが、どの電話番号でつかわているかを識別するためのID番号が記録されているカードです。
これで、誰がスマートフォンを使っているかがわかるわけですね。
DOCOMOやAUやSoftBankで提供する電波が違うので、どの電波をキャッチするかもSIMカードで決められています。
MVNO(仮想移動体通信事業者)は、DOCOMO等の電気通信事業者の電波を利用して通信しています。

SIMフリーとは

SIMカードは、他社のケータイやスマートフォンでの利用を制限するためにSIMロックという機能があります。
日本のキャリアは、携帯電話をメーカーから買い取ってから販売しているので、このような形態をとることができます。
そもそも、なぜSIMロックが必要だったのかを簡単に説明しますと、販売店が新規契約・ユーザーが使用することで電気通信事業者(NTT、KDDI、Softbank)から奨励金が支払われます。
奨励金で端末代の元をとっていたそうです。
その奨励金で端末の価格を下げており、すぐに他社に乗り換えられてしまうと端末代を回収できなくなってしまうのです。
つまり、SIMロックをかけることによって、端末料金をさげて提供することができたようです。

SIMロック解除の義務化

5月1日にSIM ロック解除が義務化されました。
これにより、5月1日以降に発売される端末は、原則としてSIMロックが解除されています。
以前、発売されていた端末の場合、NTTドコモでは、端末によりますがSIMロック解除が可能、KDDIの場合は、受け付けていません。softbankは、発表されておりません。
ただし、NTTドコモとKDDIは、転売や端末彫金の未払い等を防ぐために購入から6ヶ月後にSIMロックの解除ができるようになるそうです。
SIMロック解除は、インターネット、店舗、電話で受け付けており、店舗と電話での申し込みの場合手数料として3000円かかってしまいます。
SIMロック解除の義務化により、格安スマートフォン、格安SIMの価格競争になると予想されております。

格安でSIMカードか手に入る

DMMや楽天やTUTAYAが格安SIM、格安スマートフォンを提供しております。
そして、郵便局もこの市場に参入するそうです。
これからMVNO(仮想移動体通信事業者)の市場は、拡大していくと言われております。
各社が、価格競争をしていき、どんどんスマートフォンやSIMが、安くなっていくかもしれません。
これからは、大手三社だけではなく、もっと選択肢がふえていきます。
とりあえず、端末を予約してから各社の料金プランを選んで決めるといったこともできてしまいます。
今はまだ、7GB通信制限等の規制がありますが、MVNOが競争していけば、通信データ量の問題もよくなっていくと思います。

AppleのホームページでSIMフリーのiPhoneが購入できる

以前、iPhoneを購入するには、各キャリアから申し込みをするしかありませんでしたが、appleのホームページでSIMフリーのiPhoneを購入することができます。
一時期、simフリーのiPhone6・iPhone6+が販売停止になっている時期もありましたが、現在、問題なく購入することができます。
その際は、必ず通信事業者にiPhoneが利用できるかどうか確認しましょう。
通信事業者によっては、iPhoneでの利用ができない場合もあるようなので注意が必要です。

SIMフリーで選択肢が広がる

SIMフリーの端末が増えることによって、今まで以上に自分のライフスタイルに合わせて料金プランを設定することができます。
そして、海外に行った時でも地元の通信事業者を利用することができるようになります。
ちょっと他社のスマートフォンも使ってみたいといった時でも端末を購入して、SIMを(対応していれば)入れ替えて使うことができてしまいます。
やっぱり、戻したいなんてときもSIMカードを抜いて以前使っていた端末に差し直すだけで元に戻すことができます。
iPhoneを中古で買ってSIMカードをいれて利用するなんてこともできてしまいます。
こういった、柔軟な対応ができるのもSIMフリーの利点ですよね。
そして、選択肢が増えるということは、通信事業者が増えるということなので、価格競争が起き、もっと便利でお得なスマートフォンやSIMカードを提供する会社が増えてくるかもしれません。
これからのMVNO(仮想移動体通信事業者)に期待しましょう。
※タイトル画像:https://goo.gl/cbCh9G

スマホを乗り換えるなら!


機種変更では、このような失敗をする方がとても多いです。
  • 有料オプションを契約させられ料金が高くなった。。
  • 待ち時間や契約時間が長くて、半日かかってしまった。。
  • キャンペーンや割引がきちんと適用されていなかった。。
スマホを乗り換えるときには、
→ おとくケータイで乗り換えキャッシュバックをもらう
→ SMARTPHONE STORE
で乗り換えをするとキャッシュバックがもらえます。

スマホの機種変更するときは、
→ソフトバンクはこちら
→ドコモはこちら
→auはこちら
キャリア公式オンラインショップがおすすめです。学割や限定キャンペーンなどがもっとももおとくな時期です。

関連記事

情報強者がスマホのSIMフリーを買う理由3選
SIMフリーって何?iPhone6を安く使う裏ワザまとめ
実証au新機種!優れた最新機能とタイプ別ランキング3選
3キャリアの携帯料金を比較!新規契約やmnpを考えている人必見
SIMカードって一体何?知っておいて損しない5つの特徴

スマホの乗り換えで失敗する人の共通点

「機種変更してみたら、思ったより料金が高かった…。」なんてことありませんか?

いま、ショップの店頭で有料オプションや有料コンテンツに加入させらて、結局損をしてしまう人が続出しています。

スマホを乗り換えるときには『おとくケータイ 』などのオンラインショップを利用してください。

どんなショップよりも、賢くおとくに乗り換える方法です。
iPhone7も実質0円になり、学割などのキャンペーンや限定割引など、今月が一年の中でもっともおとくな時期です。


→ おとくケータイで乗り換えキャッシュバックをもらう (電話がおすすめ!)
→ SMARTPHONE STOREでキャッシュバックをもらう
→ソフトバンクはこちら
→ドコモはこちら
→auはこちら

-iPhone, SIMフリー, 新着

Copyright© app note , 2018 All Rights Reserved.