app note(アップノート)はiPhoneをもっと楽しくするための情報を提案します!

app note

au iPhone6s MNP ソフトバンク ドコモ

iPhone6sをMNPで購入するならドコ?大手3キャリアを比較

投稿日:

ドコモ、au、ソフトバンクの大手通信キャリア3社はiPhone6sをMNPで購入する場合に、他の機種よりも有利な割引条件やキャンペーンを提示してiPhoneへの乗り換えを促しています。
各キャリアによって乗り換えの際に適用される条件や割引額が異なるので、どのキャリアへMNPをしてiPhone6sに乗り換えるのがよいのかわかりづらく、ぱっと見ただけでは実施しているキャンペーンはどこのキャリアも同じように見えて差異がないようにも思えます。
MNP乗り換えでiPhone6sを乗り換えの対象端末とした場合に、金額面だけで考えるとソフトバンクが最もメリットが大きいのですが、ソフトバンクのユーザーがドコモ、auに乗り換える場合もありますから、各キャリアのiPhone6sへのMNP乗り換えの特典、キャンペーンを個別に見て行きたいと思います。

スマホを乗り換えるなら!


機種変更では、このような失敗をする方がとても多いです。
  • 有料オプションを契約させられ料金が高くなった。。
  • 待ち時間や契約時間が長くて、半日かかってしまった。。
  • キャンペーンや割引がきちんと適用されていなかった。。
スマホを乗り換えるときには、
→ おとくケータイで乗り換えキャッシュバックをもらう
→ SMARTPHONE STORE
で乗り換えをするとキャッシュバックがもらえます。

スマホの機種変更するときは、
→ソフトバンクはこちら
→ドコモはこちら
→auはこちら
キャリア公式オンラインショップがおすすめです。学割や限定キャンペーンなどがもっとももおとくな時期です。

ドコモへのMNP

MNP乗り換えでドコモと契約する場合に旧端末の「下取りプログラム」を利用できます。
下取り対象の端末機種がiPhoneである場合は最大30000円、Androidスマホである場合は最大22000円で下取りをしてもらえます。
この下取り価格はドコモからドコモの乗り換えの場合と、他のキャリアからドコモに乗り換える場合とで同額の下取り額となります。
この下取りプログラムは現金下取りではなく、dポイントによる下取り金額が付与され、郵送下取りを選択した場合には、下取り対象端末が到着し、検品終了後のポイント付与となります。また郵送の場合は付与されるポイントが少々少なくなりますから、下取りはショップ店頭でMNP転入申し込みと同時に申し込んだ方が有利です。
その他に家族で一緒に複数台を購入すると、一台当たり5184円の割引が適用される「家族まとめて割」が適用されますから、ドコモの場合は単独でのMNPよりも家族での複数台まとめ購入がお得です。

auへのMNP

06-01
auの下取りプログラムは下取り対象機種がiPhoneの場合は機種によって10800円から最大27000円で下取り、Androidスマホの場合も同じく機種によって10800円から21600円で旧端末を下取りします。
新しく購入するiPhone6sの本体価格に下取り金額を使うにはauショップでの下取り申し込みと手続きが必要です。
郵送の下取りを選択した場合は、後日WALLETポイントが付与されることになりますから新規購入端末の本体価格割引には使用できないことになります。
この他の特典として、iPadの同時購入をすればWALLETカードに15000ポイントが還元されます。
また現金やポイント還元の他に、テザリングオプションがデータ定額パックの種類によっては無料、留守番電話などのオプションパックである「電話基本パック」が三ヶ月間無料となる、などの付加特典も用意されています。
フォトトフレームが割引価格で購入できるキャンペーン、iPhone SE用キャンペーンなども用意されています。

ソフトバンクへのMNP

06-02
ソフトバンクへのMNPでiPhone6sを購入する場合ですが、MNP転入をするだけで「ウェルカム割」と言う割引が適用されます。
ただしiPhone6sの新規端末購入代金に割引を使用することはできず、毎月の通信料金からの割引となります。
ソフトバンクでも他のキャリアと同じく旧端末の下取りを実施しており、下取り対象の機種がiPhoneの場合は最大で27000円、Androidスマホの場合は最大で21600円。更に下取り対象機種と新規購入機種の種類が限定されていますが、iPhone5s、6、6plusからiPhone6sの16GBモデルに変更する場合は「タダで機種変更キャンペーン」が適用されて端末代金が実質0円になります。
もう一つ、他キャリアと異なるのは、「故障端末買取キャンペーン」と言う下取りプログラムがあり、他キャリアでは下取り対象にはならない、壊れて動作不能の端末の下取りも行っています。
買取の台数も一人で5台まで受け付けてくれますので、動かなくなった端末、破損してしまった端末が家に放置してある場合にはうれしいプログラムです。
ただし現金による買取りではなく、Tポイントの形で還元されることになります。

まとめ

キャリアは3社しかありませんから、MNPでiPhone6sへ乗り換えると言っても選択肢は限られてしまい、3つしかないことになります。
こうして見て来たようにMNP転入先としてはソフトバンクが最もメリットが大きいです。
更にソフトバンク転入の際に代理店を経由して行えば、キャッシュバックが付与されて更に有利な条件でMNPを行うこともできます。
金額は代理店には及びませんが、家電量販店でもキャッシュバックを実施している店があります。
au、ドコモのユーザーがMNP転入する場合はソフトバンクをお勧めしますが、ソフトバンクユーザーの方がMNPする場合は、家族分も合わせて複数台の購入をする場合はドコモ、そうでない場合は下取り対象機種の下取り価格がより高いキャリアを選択することをおすすめします。

関連記事

下取りで安く!au iPhone6sのMNP特典を最大活用する方法
下取りで断然安く!auのMNP特典でiPhone6sが大幅割引!
iPhone6sならソフトバンクにMNP!家族でするとお得な理由4選

スマホの乗り換えで失敗する人の共通点

「機種変更してみたら、思ったより料金が高かった…。」なんてことありませんか?

いま、ショップの店頭で有料オプションや有料コンテンツに加入させらて、結局損をしてしまう人が続出しています。

スマホを乗り換えるときには『おとくケータイ 』などのオンラインショップを利用してください。

どんなショップよりも、賢くおとくに乗り換える方法です。
iPhone7も実質0円になり、学割などのキャンペーンや限定割引など、今月が一年の中でもっともおとくな時期です。


→ おとくケータイで乗り換えキャッシュバックをもらう (電話がおすすめ!)
→ SMARTPHONE STOREでキャッシュバックをもらう
→ソフトバンクはこちら
→ドコモはこちら
→auはこちら

-au, iPhone6s, MNP, ソフトバンク, ドコモ

Copyright© app note , 2018 All Rights Reserved.