app note(アップノート)はiPhoneをもっと楽しくするための情報を提案します!

app note

iPhone iPhone6s スマ放題 新着

iPhone6s の3キャリア価格をまとめてみた

投稿日:

例年、9月にアップルが発表するiPhoneの新型。世界中にファンが多いiPhoneは、新型発売に向けて注目している人も多いと思います。日本時間で2015年の9月10日、新型であるiPhone6sが発表されました。日本では主要キャリアと言われている、ソフトバンク、au、docomoの3社からiPhone6sの販売が決まっています。12日から予約が開始され、早くもキャリア同士ユーザー獲得に向けた競争が始まっているようです。そこでやはり気になるのは、iPhone6sの価格だと思います。それぞれの価格は、どうなっているのでしょう。

スマホを乗り換えるなら!


機種変更では、このような失敗をする方がとても多いです。
  • 有料オプションを契約させられ料金が高くなった。。
  • 待ち時間や契約時間が長くて、半日かかってしまった。。
  • キャンペーンや割引がきちんと適用されていなかった。。
スマホを乗り換えるときには、
→ おとくケータイで乗り換えキャッシュバックをもらう
で乗り換えをするとキャッシュバックがもらえます。

スマホの機種変更するときは、
→ソフトバンクはこちら
→ドコモはこちら
→auはこちら
キャリア公式オンラインショップがおすすめです。学割や限定キャンペーンなどがもっとももおとくな時期です。

iPhone6sの容量やアップル社での価格

アップル社が販売するiPhone6s。発売前から、新型に関するさまざまな予想が繰り広げられていました。そのうちの一つに、容量の16GBが廃止され32GBからのスタートになるのではというものもありました。しかし新型のiPhone6sは、いままでと同様に16GBから用意されています。16GB、64GB、128GBの3つの容量から選べます。
さらにiPhone6sから追加されたのが、新色ローズゴールドです。iPhone5sにゴールドが追加された際は、品切れが続出したため今回もローズゴールドの品切れが予想されています。容量に応じて価格は違いますが、カラーによって価格に違いがないiPhone。しかし中古市場では、iPhone5sなどゴールドが高値で取引されています。購入価格に違いがないうちに、人気カラーを購入しておくのも良いのでは。
アップルで制定されている価格は、税別価格16GBで86,800円、64GBで98,800円、128GBで110,800円となっています。16GBと64GBの価格が12,000円ほどしか変わらない点から、今までiPhoneの16GBを使っていた人は容量のグレードアップを検討している人も多いのでは。このアップルで制定された価格から、それぞれのキャリアで実施されているキャンペーンを活用してiPhone6sの価格を下げる事が出来るのです。

ソフトバンクの場合

ソフトバンクは、日本で一番最初にアップル社のiPhoneシリーズを販売しました。まだiPhoneが日本に浸透していない頃から、長い間iPhoneシリーズを愛用しているユーザーも多いようです。iPhone6sの販売に向けてキャンペーンを行い、価格を下げてお得に購入出来るようになっています。
他社からMNPを使った乗り換えや新規でiPhone6sを購入する場合、iPhone6sのキャンペーンを活用して実質負担する価格は次のようになります。16GBで648円、64GBで1,188円、128GBで1,728円です。
またソフトバンクを利用していて、機種変更でiPhone6sを購入する場合、キャンペーンを適用して割引された実質価格は次のようになります。16GBで1,065円、64GBで1605円128GBで1,245円となります。
iPhone6sの価格がお得になる下取りキャンペーンがさらに強化されており、乗り換えでも機種変更でも価格を下げる事が可能です。契約プランをスマ放題にすることで、価格の割引率が下がったり、さらに利用料金がお得になるキャンペーンなど、iPhone6sが対象となっているものが豊富です。こうしたキャンペーンを賢く活用して、ソフトバンクのiPhone6sをお得な価格で購入できれば嬉しいですよね。

auの場合

CMの好感度とともに、auのスマホも普及している様子です。iPhone6sの販売に向けて、新しい料金プラン「スーパーカケホ」も開始されます。乗り換えでお得になるキャンペーンはもちろん、機種変更の場合もお得になるキャンペーンが用意されています。
他社からの乗り換えや新規でauのiPhone6sを購入する場合、キャンペーンを活用して実質の価格は次のようになります。16GBで670円、64GBで1,205円、128GBで1,740円となっています。
また機種変更でauのiPhone6sを購入する場合、キャンペーンを活用したのちの実質価格は次の通りです。16GBで1,705円、64GBで1,610円、128GBで2,145円となっています。iPhone6sに機種変更をしたくても、今使っている端末の残額がありためらっている人もいるのでは。スーパー機種変更キャンペーンを活用すると、キャッシュバックがあり残額に使う事も可能です。価格を抑えて、購入出来るのは嬉しいですよね。

docomoの場合

他の2社に比較してiPhoneの販売が遅れたdocomo。一時はユーザー離れも懸念されていましたが、安定した電波状況や災害時に強い点などからdocomoの人気はやはり安定していると思います。
新型のiPhone6sも、docomoからも販売されます。予約を既にしている人も多く、docomoもさまざまなキャンペーンを実施しています。
新規契約でdocomoを購入する場合、25歳以下だとさらにお得になります。お子様の初めてのスマホにiPhone6sを購入してみるのも良いのでは。新規契約でdocomoのiPhone6sを購入した場合、最大に割引されたのちの実質価格は次のようになります。16GBで432円、64GBで972円、128GBで2,160円です。
また機種変更や他社からの乗り換えの場合、16GBで1,080円、64GBで1,620円、128GBで2,160円の実質価格となっています。
ソフトバンクやauは乗り換えと新規に、docomoは新規での契約の場合が価格がお得になるようです。25歳以下の新規契約の場合はdocomoが価格を抑えて購入することが可能になるのでは。また乗り換えで契約することで対象となるキャンペーンは豊富にあります。乗り換えをする際には解約金のかからないタイミングや、手数料が発生することを頭に入れておく事が大切だと思います。キャンペーン額で乗り換え手数料を補えても、解約金は9,500円も発生してしまいます。
機種変更の場合は、今使っている端末の支払いが残っていても、新しく購入するiPhone6sの価格のみの支払いで済むキャンペーンが用意されています。家族で同一のキャリアを利用したり、契約内容を確認して更新のタイミングを把握しておく事も大切になるのでは。
※タイトル画像:http://goo.gl/HyHjRN

関連記事

携帯の価格を格安にするならキャリア乗り換えがオススメ
国内のスマホ価格比較!日本一安い携帯キャリアを探そう!
スマホの乗り換えで損をしない!キャリア別お得プラン3選

スマホの乗り換えで失敗する人の共通点

「機種変更してみたら、思ったより料金が高かった…。」なんてことありませんか?

いま、ショップの店頭で有料オプションや有料コンテンツに加入させらて、結局損をしてしまう人が続出しています。

スマホを乗り換えるときには『おとくケータイ 』などのオンラインショップを利用してください。

どんなショップよりも、賢くおとくに乗り換える方法です。
iPhone7も実質0円になり、学割などのキャンペーンや限定割引など、今月が一年の中でもっともおとくな時期です。


→ おとくケータイで乗り換えキャッシュバックをもらう (電話がおすすめ!)
→ソフトバンクはこちら
→ドコモはこちら
→auはこちら

-iPhone, iPhone6s, スマ放題, 新着

Copyright© app note , 2019 All Rights Reserved.