iPhone6sで明確化?ユーザーが欲しい色傾向はこの3カラー

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

スマホを乗り換えるなら!

機種変更でこんな失敗をしていませんか?
・有料オプションを契約させられ料金が高くなった。。。
・待ち時間や契約時間が長くて、半日かかってしまった。。。
・キャンペーンや割引がきちんと適用されていなかった。。。

スマホを乗り換えるときには『おとくケータイ』などのオンラインショップを利用してください。

損することなく、どこよりも賢くおとくに乗り換えられます。
学割や限定キャンペーンなど、今月が最もおとくな時期です。

→ おとくケータイで乗り換えキャッシュバックをもらう
→ソフトバンクはこちら
→ドコモはこちら
→auはこちら

iPhone6sが発売されたことにより、従来のiPhoneシリーズよりもカラーバリエーションが豊富になりました。

しかし、iPhoneを購入するのであれば、購入する端末のカラーについては重要度が高まります。

今回は、iPhoneを購入する時に注意したい端末のボディーカラーについてと、ユーザーが欲しい色傾向についてご紹介していきます。

iPhoneを購入する時には端末の色に注目!

iPhoneを購入する時の端末を選ぶ基準。
そこには好みのボディーカラーの端末があるかどうか。
上記基準をもって購入を考えてしまっていませんか?

毎日のように愛用するiPhone。
やはりiPhoneのボディーカラーってとても大切ですよね。
しかも、iPhoneの場合は、裏面のカラーに合わせて表面のカラーも異なります。
表面のカラーリングにまで影響を与えるとなれば、iPhoneを使用する度にカラーリングが気になるようになるため、iPhone購入時のボディーカラーに対する重要度も高まることでしょう。

しかしながら、好みのカラーリングだけでiPhoneを購入してしまうと、下取りに出す時に『失敗した・・・。』と感じるケースもあります。
それは、iPhoneを下取りに出す時の価格を選定する基準の一つに、ボディーカラーも含まれるからだそうです。

人気のあるカラーリングのiPhoneを購入しておくことで、少しでもメリット多く下取りに出すことができる。
その為、iPhoneを下取りに出すことを前提として考え購入するのであれば、毎年のように人気が高まる傾向にあるボディーカラーの端末の購入がおすすめです。

好みを優先させるか。
下取りの価格を重視するか。
機能面を重視するか。
上記基準によって、購入するiPhoneの種類は全く異なるわけです。

16-04

ユーザーが欲しい色傾向はこの3カラー

ユーザーが欲しがる色の傾向には、毎年のように少し偏りがあるそうです。
毎年のように人気が出やすいボディーカラーは、ある程度決まっているということになります。

ちなみに現時点でのiPhone6sに対するユーザーが欲しい色傾向は、
・ゴールド
・スペースゴールド
・シルバー
上記3カラーとなっているようです。

実際に筆者である私も、iPhone6sの購入を行なう時に、『下取りに出すことを考えるのであればゴールドがおすすめですよ。』とショップのスタッフの方に教えてもらったことを覚えています。

毎年のようにゴールドはiPhoneシリーズの中で人気な傾向にあり、下取りに出しても高値がつきやすいということからも、ゴールドに対する注目度の高さが定着してしまっているのが現状なようです。

対してiPhone6sから新たに追加されたローズピンクは、発売当初は大変注目度を集めていたようですが、端末購入時には既に下取りに出すということを考える昨今、実際に購入する端末としては少し悩んでしまうユーザーもいるそうです。

iPhoneは高価買い取りが実施されやすい機種です。
また、最近はスマホを下取りに出すことで、次回の端末をお得に購入することが定着しつつこともあり、新規iPhoneを購入する時には、下取りに有利な条件が出やすい端末を購入される傾向にあるのです。

その為、常に人気が高い傾向にあるゴールドの端末は、iPhone6sを購入する上でもおすすめであると言えます。

キャリアショップで下取りに出す時は関係なし?

下取りに出すには
・キャリアショップ
・家電量販店
・中古スマホショップ
上記のように、引き取って欲しいショップをある程度選定することができます。

キャリアショップでは、iPhoneは比較的高額な買い取りが実施されやすい傾向にあり、下取り価格は既に端末毎に決められてしまっていることで、ボディーカラーに左右されないと言ったメリットがあります。
その為、好みのiPhone6sを購入しても、とくに下取りには支障をきたしません。

ただし、端末の状態不良が著しい場合には、引取りを行なってもらうことは難しくなります。

対してその他のショップであれば、端末の状態も比較的広範囲に渡り購入してくれると言ったメリットがあります。
しかしながら、iPhoneのカラーリングに至るまで、査定の対象をなってしまうそうです。

キャリアショップ以外で出すにしても。
キャリアショップ以外で下取りに出すにしても。
どちらで出すにしても後悔少なく下取りに出すことを考えるのであれば、iPhone6sの新規購入時から、人気のボディーカラーのものを無難に購入しておくという選択肢もあるわけです。

13-04

まとめ

今回は、これからiPhone6sを購入する上で、是非頭に入れておいてもらいたい、新規購入時のiPhoneのボディーカラーについてご紹介しました。
では今回の『iPhone6sで明確化?ユーザーが欲しい色傾向はこの3カラー』について、簡単に振り返ってみましょう。

◎iPhoneを購入する時には端末の色に注目!
iPhoneを下取りに出す時には、そのボディーカラーによって、下取り価格が異なるケースも多々あるようです。
下取りに出すことを考えるのであれば、人気の高いボディーカラーの端末の購入がおすすめです。

◎ユーザーが欲しい色傾向はこの3カラー
従来のiPhoneから考える、iPhone6sの人気カラーは
・ゴールド
・スペースゴールド
・シルバー
上記3つのカラーです。

ちなみにゴールドに対する人気は根強く、iPhone6sの中でも最も人気の高いボディーカラーであると言われています。

◎キャリアショップで下取りに出す時は関係なし?
キャリアショップで下取りに出す時には、ボディーカラーよりも端末の状態の良し悪しが優先されることで、ボディーカラーで下取り価格が左右されることはありません。
ただし、その他のショップで下取りに出すことを考えるのであれば、無難に人気の高いボディーカラーのiPhone6sの購入がおすすめです。

いかがでしたか?
下取りに出すことを考えるのであれば、好みのカラーリングの端末購入なんて考えていられない。
このように考える人もいることでしょう。

しかし、総合的に考えて、少しでもメリット多く利用できる。
そんなiPhone6sの購入を考えていきたいですね。

関連記事

iPhone6sならローズゴールド?1番人気カラーのそのわけは?
1番人気のカラー、iPhone6sでも色傾向は従来路線を踏襲
カラー?即入手?後悔しないための?iPhone6s2つの選択肢

<<次ページに続きます>>

スマホを乗り換えるなら!

機種変更でこんな失敗をしていませんか?
・有料オプションを契約させられ料金が高くなった。。。
・待ち時間や契約時間が長くて、半日かかってしまった。。。
・キャンペーンや割引がきちんと適用されていなかった。。。

スマホを乗り換えるときには『おとくケータイ』などのオンラインショップを利用してください。

損することなく、どこよりも賢くおとくに乗り換えられます。
学割や限定キャンペーンなど、今月が最もおとくな時期です。

スマホの機種変更が変わる!スマホを自宅で受け取るだけで、 スマホが安くなる「自宅乗り換え」がいまスゴい!』も参考にしてください。

→ おとくケータイで乗り換えキャッシュバックをもらう
→ソフトバンクはこちら
→ドコモはこちら
→auはこちら

お得に携帯を乗り換える!キャッシュバック比較表を紹介

1. 今の携帯キャリアそのままで機種変更することは、機種代金・月額料金・キャッシュバックなどあらゆる面でをします!
2. au・ドコモからソフトバンクのように電話番号そのままで乗り換えることで、機種代金もお得に、毎月安く使うことが可能です。
3.特に、下記で紹介するようなスマホルームやおとくケータイのように店舗費のかからないWeb販売店を利用することで数万円の現金キャッシュバックを貰えます。

おとくケータイ

評価

★★★

キャッシュバック

20,000円〜30,000円

特徴

  • 高額キャッシュバック
  • 全国に店舗あり

デメリット

  • 実際のデモ機を触れない

SoftBank Online Shop

評価

★★☆

キャッシュバック

0円〜10,000円

特徴

  • 直営のため入荷が早い
  • 店頭の待ち時間が無い

デメリット

  • MNPでもキャッシュバックが少ない

docomo Online Shop

評価

★★☆

キャッシュバック

0円〜10,000円

特徴

  • 直営のため入荷が早い
  • 店頭の待ち時間が無い

デメリット

  • MNPでもキャッシュバックが少ない

au Online Shop

評価

★★☆

キャッシュバック

0円〜12,000円

特徴

  • 直営のため入荷が早い
  • わかりやすい料金シミュレーション

デメリット

  • MNPでもキャッシュバックが少ない
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket