app note(アップノート)はiPhoneをもっと楽しくするための情報を提案します!

app note

new

ひと目でサイズを比較できる!おススメ3サイト:iPhone6s

投稿日:

アップル社から発売されているiPhoneシリーズ。
世界中で人気のスマートフォンは、日本でも最もシェア率が高いスマートフォンと言われています。
主要キャリアと言われているソフトバンク、au、ドコモの3社すべてで取扱いがされており、アップルストアではSIMフリーの端末も発売開始。
ますます人気が高まっています。現在発売されている中では、iPhone6sが最新モデル。
記録を更新する売れ行きを見せているiPhone6sへ、今までiPhoneを使った事がない人も機種変更を検討しているのでは。手にしたときのサイズ感は、重要です。サイズを知るために、役立つサイトとは。

スマホを乗り換えるなら!


機種変更では、このような失敗をする方がとても多いです。
  • 有料オプションを契約させられ料金が高くなった。。
  • 待ち時間や契約時間が長くて、半日かかってしまった。。
  • キャンペーンや割引がきちんと適用されていなかった。。
スマホを乗り換えるときには、
→ おとくケータイで乗り換えキャッシュバックをもらう
で乗り換えをするとキャッシュバックがもらえます。

スマホの機種変更するときは、
→ソフトバンクはこちら
→ドコモはこちら
→auはこちら
キャリア公式オンラインショップがおすすめです。学割や限定キャンペーンなどがもっとももおとくな時期です。

iPhone6sの容量とカラー

2015年9月に発売されたiPhone6s。
見た目は同じですが、容量を自分で選ぶ事が出来ます。
16GB、64GB、128GBの3種類から自分の使い方にあったものを選びましょう。容量が大きいからと言って、サイズが大きくなる訳ではないので安心です。
iPhone6sのサイズは、iPhone6とほぼ同じです。今までコンパクトサイズだったiPhoneが、薄く大きくなったと話題になりました。
iPhoneのサイズに慣れるか不安に感じていた人も、今ではiPhone6sのサイズが使いやすいと感じている人も多いです。
iPhone6sは、スペースグレイ、シルバー、ゴールドに新色としてローズゴールドが追加されました。新色は特に人気が高まっています。
08-03

付属アクセサリの豊富さも魅力

iPhone6sは世界中で発売されています。
ケースの種類が豊富なのも、魅力の一つ。
さまざまなタイプのケースが発売されており、気分を変えたい時にもオススメです。
付属アクセサリが豊富なのも、iPhone6sの人気の一つと言えるのではないでしょうか。
iPhone6sを手にしたときのサイズ感も、カバーで替える事が出来ます。
またディスプレイが割れやすいという意見も多いiPhone。保護フィルムの種類も増えており、ディスプレイが割れにくくなるというものまで。

容量選びは大切なポイント

iPhoneの容量選びは、とても大切なポイントです。
もちろんiPhone6sの容量が大きくなるほど、価格も高額になります。
今までiPhoneを愛用している場合は、だいたいの容量が予想出来るのでは。しかし今までiPhoneを使っていない場合、iPhone6sの容量選びは迷ってしまう可能性も。
動画を保存しておきたいのか、アプリを多く使うのか。
iPhone6sの中に保存しておくデータをもとに、定員さんと相談してみる事もオススメです。

定期的なバックアップを

iPhone6sの価格を抑えるために、容量を小さなものにする人もいるのでは。
しかしアプリに動画に写真と、データがいっぱいになってしまう可能性も。
アップデートができなくなったり、iPhone6sの操作が遅く感じてはストレスになってしまうのでは。
iPhone6sは、定期的にバックアップをする事がオススメです。
データを軽くするだけではなく、万が一の時にも慌てずに済むのではないでしょうか。
サイズ感が同じiPhone6s、16GBでも工夫次第で大量のデータ管理が可能になります。
13-02

iPhone6sのサイズは

iPhone6sのサイズは、高さが138.3mm、幅67.1mm、厚さが7.1mmとなっています。
重さは143グラムで、前のモデルであるiPhone6よりやや重めになっています。
とはいえ、このサイズ感や性能から考えると、かなり軽量化していると思います。
iPhone6sであれば、ケースしだいでかなり重たくなってしまう場合も。
またカラーもケースで隠れてしまう事もありますが、サイズ感も違和感なくすぐに慣れるのでは。
サイズはディスプレイなど、すべてのバランスを考慮して作られています。
薄く広くなったiPhone6sのボディと、それに適したディスプレイでサイズを有効活用しています。

簡易アクセスで大きなサイズでも片手操作

大きくなったiPhone6s。
サイズで不安に感じるのは、片手操作ができないという点にあるのではないでしょうか。
ディスプレイを全体的に下に下げる事ができる「簡易アクセス」を使えば、iPhone6sのサイズでも片手での操作が可能になるのでは。
iPhone6sのホームボタンを軽く2回タップします。
するとホーム画面であっても、アプリを使っている画面であっても、画面が下にスライド。
大きなサイズであっても、片手での操作をサポートします。
もとに戻すのも、ホームボタンを2回タップするだけです。
サイズ感が大きいと感じている場合も、簡易アクセスを使えば女性でもスムーズに操作が可能に。
iPhone6sの便利機能を知っておくのも良いですよね。
11-m

魅力がいっぱいのiPhone6s

iPhone6sは、シンプルな見た目と誰の手にも馴染みやすいサイズ感、そして高機能と魅力がいっぱいのスマートフォンです。世界中で人気となるのも、納得の高機能となっています。
根強いファンも多く、常にiPhoneシリーズを愛用している人も多いです。
サイズが大きくなっても、やはりiPhoneの人気は止まりません。
iPhone6sにはA9チップが搭載されています。
手に馴染むサイズで、よりスムーズにiPhone6sでさまざまな事が楽しめるように進化しました。
3DTouchでは、iPhone6sが圧力を感じるなど、ますます進化を見せています。

進化したカメラ機能を持ちやすいサイズで

さらに注目したいのは、カメラの機能が進化している事です。
iPhoneシリーズのカメラ、見たままの映像をタイムラグもなく撮影できると人気でした。しかし数値を比べると、やはりアンドロイドより劣ってしまう事も。
しかしiPhone6sのカメラは、数値も向上。
また見たままに撮影ができ、タイムラグがないという良さはそのままに残されています。
進化したカメラを持ちやすいサイズで充分に楽しめるようになっています。

関連記事

月額料金で簡単比較!iPhone6sドコモ容量別の価格まとめ
iPhone6s考えている人がまず読むべきスペック比較表
iPhone6sの価格を徹底比較!選ぶならやっぱりドコモがお得

スマホの乗り換えで失敗する人の共通点

「機種変更してみたら、思ったより料金が高かった…。」なんてことありませんか?

いま、ショップの店頭で有料オプションや有料コンテンツに加入させらて、結局損をしてしまう人が続出しています。

スマホを乗り換えるときには『おとくケータイ 』などのオンラインショップを利用してください。

どんなショップよりも、賢くおとくに乗り換える方法です。
iPhone7も実質0円になり、学割などのキャンペーンや限定割引など、今月が一年の中でもっともおとくな時期です。


→ おとくケータイで乗り換えキャッシュバックをもらう (電話がおすすめ!)
→ソフトバンクはこちら
→ドコモはこちら
→auはこちら

-new

Copyright© app note , 2019 All Rights Reserved.