app note(アップノート)はiPhoneをもっと楽しくするための情報を提案します!

app note

new

iPhone6s考えている人がまず読むべきスペック比較表

投稿日:

iPhone6sを考えているのであれば、まずはスペック情報を知っておきたいところです。
どこがどう違うのかを知ることで、購入意欲が増す人もいることでしょう。
しかし、この逆もあり得ることです。
iPhoneは高額な買い物になります。
高額キャッシュバックなどを利用したとしても、一部負担を免れることができないこともあるので、なるべく細部まで調べてから購入を考えていきましょう。

スマホを乗り換えるなら!


機種変更では、このような失敗をする方がとても多いです。
  • 有料オプションを契約させられ料金が高くなった。。
  • 待ち時間や契約時間が長くて、半日かかってしまった。。
  • キャンペーンや割引がきちんと適用されていなかった。。
スマホを乗り換えるときには、
→ おとくケータイで乗り換えキャッシュバックをもらう
→ SMARTPHONE STORE
で乗り換えをするとキャッシュバックがもらえます。

スマホの機種変更するときは、
→ソフトバンクはこちら
→ドコモはこちら
→auはこちら
キャリア公式オンラインショップがおすすめです。学割や限定キャンペーンなどがもっとももおとくな時期です。

iPhoneの進化は止まらない

先日iPhone史上初の大型機種iPhone6が発売されたかと思えば、今度はiPhone6sの発売が行なわれることになりました。
画面の大きさと薄さに魅力を見出したモデルで、従来のiPhoneとは全く異なるものです。
あまりにも画面が大きいことで、最初は5の方が良かったなんて人もいたようですが、一度使用すると6の魅力により、前の機種に戻すことは考えられないとの声が多くなっています。
ちなみに現在は、そんなiPhone6を上回る6sが発売されたことで、更にiPhoneへの人気が高まっているようです。
そこで今回は、iPhone6と6sのスペックの違いを見ていきましょう。
10-m

iPhone6のスペック情報

・iOS8
・タッチパネル
・最大待ち受け時間:384時間(3G)
・画面解像度:1920×1080
・画面サイズ:5.5インチ
・Retina HDディスプレイ
・Bluetooth 4.0
・デザリング可
・下り最大データ通信速度:4G LTE 150Mbps
・NFC対応
・無線LAN規格:802.11 a/b/g/n/ac
・メインカメラ:800万画素
・手振れ補正あり
・撮影用フラッシュ
・サブカメラあり
・GPS機能あり
・指紋認証
・77.8x158.1x7.1 mm
今回の機種は、パケット通信が前回の機種よりも高速になったことでも、パケット通信に比重を置いている人からは人気を集めています。
また、大画面モデルになったことで、画面を縮小できる機能なども搭載されています。
従来の機種であれば、発売当初は少し不具合が目立ち、アップデートともに不具合が解消されていった印象を受けていました。
しかし今回の機種は、特に目だった不具合がないと言われています。
また画面が強化されていることにより、割りにくくなったと言われていますが、フレームをなくして極限まで画面を大きくしたことにより、
バンパーなしには、少し割れやすいと言えるかもしれません。
ただし、画面の大きさを求める人には、最高の機種であると言えるのではないでしょうか?
04-01

iPhone6sのスペック情報

では次にiPhone6sのスペック情報を見てみましょう。
・iOS9
・タッチパネル
・最大待ち受け時間:240時間(3G)
・画面解像度:1334×750
・画面サイズ:4.7インチ
・3D Touch搭載Retina HDディスプレイ
・Bluetooth 4.2
・デザリング不可
・下り最大データ通信速度:4G LTE 300Mbps
・NFC対応
・無線LAN規格:802.11 a/b/g/n/ac
・メインカメラ:1200万画素
・手振れ補正あり
・撮影用フラッシュ
・サブカメラあり
・4K撮影対応
・GPS機能あり
・指紋認証
・67.1x138.3x7.1 mm
07-02
ローズゴールドを追加した今回の機種は、6を少し小さくして女性でも使用しやすい機種へと変身しました。
6があまりに大きすぎると感じていた人には、今回の機種が好評のようです。
今回の機種は6の一部分を削り、新たに一部分を追加したと言うような印象を受ける機種です。
デザリングが使用できないのが、少しネックに感じるところでもあります。
ちなみに3D Touch搭載機種なので、iPhoneの画面の感度がアップしているようです。
6でなかなか反応してくれないと感じていた人は、今回の機種で悩みが解消されることでしょう。
ちなみにiPhoneと言えば、メインカメラが800万画素で統一されていたのですが、今回の6sから1200万画素へと進化を遂げたようです。
解像度が高くなったことにより、写真の編集がより綺麗に行なえるようになりました。
普段から写真の編集を多く利用するような人は、今回の機種がおすすめです。
しかし、最大待ち受け時間が100時間程度少なくなったのは、少し残念さを感じる部分ではありますね。

いかがでしたか?

iPhone6と6sでは、更なる進化を遂げた機種であるかのような印象を受けますが、実は少し6の方が魅力を感じる部分もあるのです。
この辺りは何を優先にするかによって、好みが別れるところでしょう。
では今回の二つの機種について、少しおさらいをしてみましょう。
iPhone6
・画面が大きい
・デザリング機能あり
・高速通信
・不具合が少ない
iPhone6s
・少しコンパクト
・デザリング機能なし
・高速通信
・不具合が少ない
・ピンクの機種が追加された
・写真の画素数が格段にアップした
大きな違いは、この様なところにあるのではないでしょうか?
iPhoneは毎年新しい機種が販売され、ついに7の噂が出回るようになってきました。
iPhone6が出る前までは、スマホから特殊な光をテーブルに映し出すことで、その光がキーボードがわりとなり、文字の入力もできるようになるなんて噂まで広まっていました。
iPhoneが出る前になれば、今度はどのようなiPhoneが出るのかと予想され、その予想ムービーまでもが作成されるほどの人気です。
更なる進化を遂げるiPhone7のデビューは、iPhoneユーザーにとって待ち遠しいばかりのことでしょう。
もしiPhone6sが6よりも劣っているように感じる人がいたのであれば、次回7に期待をかけてみるのも良いかもしれません。
今年の秋もiPhoneのデビューが楽しみですよね。

関連記事

価格で選ぶiPhone6sをauにする5つのメリットデメリット
6つの特典が待っている!iPhone6s購入なら、ソフトバンクで! 
ソフトバンクiPhone6sにMNP!家族でするとお得な理由4選

スマホの乗り換えで失敗する人の共通点

「機種変更してみたら、思ったより料金が高かった…。」なんてことありませんか?

いま、ショップの店頭で有料オプションや有料コンテンツに加入させらて、結局損をしてしまう人が続出しています。

スマホを乗り換えるときには『おとくケータイ 』などのオンラインショップを利用してください。

どんなショップよりも、賢くおとくに乗り換える方法です。
iPhone7も実質0円になり、学割などのキャンペーンや限定割引など、今月が一年の中でもっともおとくな時期です。


→ おとくケータイで乗り換えキャッシュバックをもらう (電話がおすすめ!)
→ SMARTPHONE STOREでキャッシュバックをもらう
→ソフトバンクはこちら
→ドコモはこちら
→auはこちら

-new

Copyright© app note , 2018 All Rights Reserved.