app note(アップノート)はiPhoneをもっと楽しくするための情報を提案します!

app note

iPhone6s iPhone6sキャッシュバック ソフトバンク

ソフトバンクでiPhone6sを新規購入するメリット・デメリット4選!

投稿日:

ソフトバンクでこれからiPhone6sの購入を考えるのであれば、新規購入するメリット・デメリットについても考えていきたいところです。
iPhone6sは、iPhone6シリーズよりも全ての機種が1万円以上も高額な価格設定になっているようです。
そこで今回は、ソフトバンクでiPhone6sを新規購入するメリット・デメリットについてまとめてみました。
是非iPhone6sの購入時の判断基準として、今回のコラム内容も参考にしてみてくださいね。
では早速みていきましょう!!

スマホを乗り換えるなら!


機種変更では、このような失敗をする方がとても多いです。
  • 有料オプションを契約させられ料金が高くなった。。
  • 待ち時間や契約時間が長くて、半日かかってしまった。。
  • キャンペーンや割引がきちんと適用されていなかった。。
スマホを乗り換えるときには、
→ おとくケータイで乗り換えキャッシュバックをもらう
→ SMARTPHONE STORE
で乗り換えをするとキャッシュバックがもらえます。

スマホの機種変更するときは、
→ソフトバンクはこちら
→ドコモはこちら
→auはこちら
キャリア公式オンラインショップがおすすめです。学割や限定キャンペーンなどがもっとももおとくな時期です。

メリット1:キャッシュバック率に大きな期待がもてる

ソフトバンクと言えば、キャッシュバック率に対する期待大のキャリアです!
ソフトバンクと聞いた瞬間に、キャッシュバックというポイントが頭をよぎる人はたくさんいるのではないでしょうか?
最近では、実質ゼロ円販売はNGとされていて、ネット代理店などでもキャッシュバック率は低下傾向にあります。
しかし、他社と比較すると、やはりキャッシュバック率はまだまだ高いように感じます。
実際にその額面をネットにて検索してみると、ソフトバンクに魅力を感じる人は少なくないことでしょう。
同じキャリア内での機種変更ではなく、乗り換えも考えているのであれば、ソフトバンクでの契約もおすすめです。
BLADE_Q_plus_WHT_m

メリット2:前の機種を下取りで更にお得に

ソフトバンクでは、乗り換え時や新規契約時に、前の機種を下取りに出せるキャンペーンを実施しています。
ちなみに現在は、キャッシュバック率も倍増していて、お得に下取りに出せるようになっているそうなんです。
また5s以降のiPhoneを下取りに出す場合は、iPhone6sをタダで購入することもできちゃうんですよ!!
※キャンペーン名称:タダで機種変更キャンペーン
ただしこのキャンペーンでは、iPhone6s端末費用を2年を目処に分割して、その分割費用分を2年間に渡る割引にて実質ゼロ円にするというものなので、もし2年以内に解約をしてしまった場合には割引もその時点で解消されてしまうそうです。
そして端末に関する残額は、全て実費にて一括払いとなるので、タダで機種変更キャンペーン含む下取りキャンペーンは、あくまで2年間ソフトバンクでiPhone6sを使いきるのであればお得である!といえるキャンペーンだというところにも注目しておきましょう。

メリット3:キャンペーンをフル活用してお得に契約できる

現在新規契約や乗り換え時に利用できるキャンペーンとしては
・ウェルカム割
・のりかえ下取りプログラム
上記2つのキャンペーンとなります。
このほかにも電気の契約などをまとめることで利用できるキャンペーンもありますが、iPhone6s単体で実施されるキャンペーンとしては、2種類となっているようです。
ウェルカム割は新規契約やのりかえを行なうだけで、10,368円の割引が実施されるというものです。
また、のりかえ下取りプログラムは、機種変更前に利用していた機種を下取りに出すことで、最大27,000円の割引を実施してもらえるというキャンペーンです。
この2種類のキャンペーンをフル活用することにより、高額な割引が実施されお得にiPhone6sを手に入れることができます。

メリット4:iPhoneをあまり利用しない人のためのお得なプランもある

ソフトバンクは新たに、スマホをあまり利用しない人に向けて、お得にスマホを維持できるというプランを追加しました。
そのお得なプランは『スマ放題ライト』と呼ばれているようです。
このプランは通話定額・ネット定額プランのスマ放題プランのプチプランで、割安料金で契約することができるというメリットがあります。
18-m
ではどれぐらいお得であるかを知るために、まず月額料金から見ていきましょう。
スマ放題:2,700円
スマ放題ライト:1,700円
上記のように、スマ放題とスマ放題ライトでは、月々1,000円の価格差がしょうじるようになります。
ちなみにこの二つの料金プランの違いは、国内音声通話が完全に無料であるか、そうではないかという違いがあります。
スマ放題ライトであれば、固定電話にかけても、ソフトバンク以外の他社の携帯にかけたとしても、国内通話であれば完全無料にて定額料金のみで通話を存分に楽しむことができます。
対してスマ放題ライトの場合は、5分以内の通話であれば無料にてかけることができるとされています。
1通話を5分以内で終えるのであれば、何度かけても無料にて通話を行なうことができるのですが、5分を超えてしまうと30秒毎に20円の通話料が発生してしまうことになります。
普段から基本的には5分以内の短い通話で終えることが多いと言う人なのであれば、たまに少し長めに電話を行なうことがあったとしても、毎月のように月額料より1,000円も超える通話を行なうかどうかというところを考えると、その可能性は低いと言えるのではないでしょうか?
もし、通話料により基本料金を少し上回ることがあったとしても、1,000円以上を超える可能性は低いと考えるのであれば、スマ放題ライトプランにて、少しでもお得に維持することを考えてみるのもおすすめです。

デメリット1:間もなくiPhone7が発売される予定である

毎年秋口にiPhoneは新作が発売されています。
今年も海外ではiPhone7に関する発表が行われたという話題が、あちこちで飛び交っています。
今回のiPhone7に関しては、誰もが手にしたくなるほど魅力的な機種であると言われていて、次回iPhone7がどのようなものであるかを確認せずにiPhone6sを購入し、やっぱりiPhone7が欲しくなり機種変更をするということにでもなれば、大変もったいない結末に終わると言えるでしょう。
iPhone6sは欲しいけれど、iPhone7にも期待をかけるiPhone推しのユーザーの方の場合は、iPhone7の発売を目前にiPhone6sを購入することは避けた方が良いと言えるでしょう。

デメリット2:購入方法によっては他社の方がお得なケースも

ソフトバンクでは高額キャッシュバックを用意している店舗が多いため、MNP乗り換えによるソフトバンクでの契約は大変魅力的に感じます。
しかし、長年他社でスマホを継続利用していた場合、キャリアポイントがかなり貯まっているという人もいることでしょう。
その保有しているキャリアポイントと、機種変更時のキャンペーンによる割引などを併用することにより、MNP乗り換えを行なうよりもお得に機種変更ができるケースもあります。
また機種変更時でも、機種変更前の機種を下取りに出せるケースだってあるわけです。
高額キャッシュバックの金額だけに魅かれて行動をとってしまった場合、解約違約金などの支払いにより損をしてしまう可能性も否定はできないため、まずは総合的に考えて本当にお得であると言えるキャリアにて契約を行うことを考えていきましょう。

デメリット3:現在実施されているキャンペーンの数は少なめ?

ソフトバンクは、お得なキャンペーンが実施されている期間も長めで、頻繁に新しいキャンペーンが実施されているように感じます。
しかし、お得なキャンペーンが実施される期間にはばらつきがあり、現在は少しキャンペーンの数も少ないように感じます。
3月周辺や年末など、お得に機種変更できる時期はたくさんあります。
iPhone6sは高額な機種であるため、少しでもお得度の高い時期に機種変更をすることがおすすめです。

デメリット4:SIMロックを解除できない

実はソフトバンクのiPhone6sは、SIMロックを解除できない端末だそうです。
実際にはキャリア端末でもSIMロックを解除しなければいけないという決まりのもと、解除してくれるというような話しも飛び交っていますが、キャリア端末は他社のSIMカードに端末が対応せず、SIMロックを解除したとしても使えないと言われています。
結局はキャリア端末を購入した場合、そのキャリア内で使用しなければ単なる鉄の塊として終わってしまうのです。
iPhone6sにてソフトバンクで契約を行い、後々格安SIMで運用したいとなっても難しくなるため、一台を長期に渡り使用したいと考え格安SIMでの運用も考慮するのであれば、SIMフリー端末を購入するかどうかの判断を行なう必要があります。
ただしSIMフリー端末にてソフトバンクで契約を行う場合は、キャリアメールなども利用できないようになるというデメリット要素も出てくるため、今求めるものは何かを明確にして機種を選ぶようにしていきましょう。

まとめ

iPhoneの人気はまだまだ衰えず、街を歩いているとiPhoneユーザーがあちこちにいるような感覚を受けます。
その為、アンドロイドユーザーだった人も、iPhoneが急に欲しくなるなんてこともあることでしょう。
しかし、現在発売中のiPhone6sを今購入するには、メリット・デメリットがあると言えます。
そこで今回はそんなメリット・デメリットをピックアップして『ソフトバンクでiPhone6sを新規購入するメリット・デメリット4選!』としてご紹介してきました。
では今回のコラム内容について、簡単に振り返ってみましょう。
今ソフトバンクでiPhoneを購入する上でのメリット要素は、下記の4つです。
・メリット1:キャッシュバック率に大きな期待がもてる
・メリット2:前の機種を下取りで更にお得に
・メリット3:キャンペーンをフル活用してお得に契約できる
・メリット4:iPhoneをあまり利用しない人のためのお得なプランもある
次に今ソフトバンクでiPhoneを購入する上でのメリット要素は、下記の4つです。
・デメリット1:間もなくiPhone7が発売される予定である
・デメリット2:購入方法によっては他社の方がお得なケースも
・デメリット3:現在実施されているキャンペーンの数は少なめ?
・デメリット4:SIMロックを解除できない
いかがでしたか?
新しい機種が発売される前だからこそお得であると判断して、ソフトバンクiPhone6sを今購入するか、新しい機種が発売される前だからこそ少し我慢をするか。
よりお得度が高く、より満足のいく買い物をするためにも、今ソフトバンクでiPhone6sを新規購入することに対するメリット要素とデメリット要素も参考にして、購入するかどうかの判断をされてみてはいかがでしょうか?

関連記事

ソフトバンクiPhone6sにお得に乗り換える5つのステップ!
ソフトバンクのiPhone6sに乗り換える前に確認すべき9つのポイント
6つの特典が待っている!iPhone6s購入なら、ソフトバンクで!

スマホの乗り換えで失敗する人の共通点

「機種変更してみたら、思ったより料金が高かった…。」なんてことありませんか?

いま、ショップの店頭で有料オプションや有料コンテンツに加入させらて、結局損をしてしまう人が続出しています。

スマホを乗り換えるときには『おとくケータイ 』などのオンラインショップを利用してください。

どんなショップよりも、賢くおとくに乗り換える方法です。
iPhone7も実質0円になり、学割などのキャンペーンや限定割引など、今月が一年の中でもっともおとくな時期です。


→ おとくケータイで乗り換えキャッシュバックをもらう (電話がおすすめ!)
→ SMARTPHONE STOREでキャッシュバックをもらう
→ソフトバンクはこちら
→ドコモはこちら
→auはこちら

-iPhone6s, iPhone6sキャッシュバック, ソフトバンク

Copyright© app note , 2018 All Rights Reserved.