app note(アップノート)はiPhoneをもっと楽しくするための情報を提案します!

app note

new

iPhone6s買っちゃう?ソフトバンクでお得な3つのポイント

投稿日:

日本で最初にiPhoneの販売を開始したソフトバンク。MNPを使えば番号を変える事なく、キャリアの乗り換えも可能になり、ユーザーを増やしてきました。その後、auやドコモでもiPhoneの取り扱いが開始され、キャリア同士の競争はますます激しくなっています。
2015年9月に販売が開始された、最新モデルであるiPhone6s。ソフトバンクで購入した場合、お得になるためのポイントとは。ソフトバンクでiPhone6sをゲットして、毎月の支払いをお得にするために注意したい事とは。

スマホを乗り換えるなら!


機種変更では、このような失敗をする方がとても多いです。
  • 有料オプションを契約させられ料金が高くなった。。
  • 待ち時間や契約時間が長くて、半日かかってしまった。。
  • キャンペーンや割引がきちんと適用されていなかった。。
スマホを乗り換えるときには、
→ おとくケータイで乗り換えキャッシュバックをもらう
→ SMARTPHONE STORE
で乗り換えをするとキャッシュバックがもらえます。

スマホの機種変更するときは、
→ソフトバンクはこちら
→ドコモはこちら
→auはこちら
キャリア公式オンラインショップがおすすめです。学割や限定キャンペーンなどがもっとももおとくな時期です。

下取りのキャンペーンを活用する

現在ソフトバンクでは、今まで使用していた端末の下取りを行っています。下取り価格は、新しく購入するソフトバンクのiPhone6sの端末料金から割引されます。iPhone6sそのものの価格も料金プランとともに、分割で支払う事がほとんど。下取りをする事によって、毎月の支払い価格を抑える事が出来るのです。
ソフトバンクを愛用していて、iPhone6sの16GBに乗り換える場合「タダで機種変更キャンペーン」を利用可能です。ソフトバンクのiPhoneを下取りして、iPhone6sの16GBを実質無料で購入出来ます。
01-01
また他社からソフトバンクのiPhone6sに乗り換えをする場合も「のりかえ下取りプログラム」の対象となるので安心です。最大で27,000円もの割引があるこのキャンペーン。自宅に眠らせておくのではなく、有効に下取りしてみるのも良いのでは。

下取り前にはバックアップを

ソフトバンクで下取りをする場合は、端末を初期化してすべてのデータを消去します。こうすることによって、個人情報の流出などを防ぐ事が出来ます。しかしiPhone6sに電話帳などのデータを移行しなければいけません。そのためにも事前にバックアップをとっておく事が大切です。
バックアップの方法はそれぞれ。iPhoneのバックアップは、インターネットに接続したパソコンがあればiTunesを使って行えます。パソコンがなくても、Wi-Fi環境であればiCloudでバックアップが行えます。
アンドロイドからiPhone6sへデータ移行をする際のバックアップは、アプリなどを有効活用しましょう。JSバックアップアプリにバックアップを取ったり、Googleアカウントでバックアップを取る事も。新しいiPhone6sにバックアップをしたアプリをインストールして復元すれば、データの移行が行えます。
画面割れなどの場合もチャンスが
画面が割れてしまっている、電源が入らない。そんな故障してしまった端末は、高額での下取りキャンペーンの対象とはなりません。
しかしソフトバンクには「故障端末買取キャンペーン」があります。Tポイントを有効に貯める事が出来るソフトバンク。故障端末買取キャンペーンに応募すれば、最大で8,100ポイントを貯めるチャンスがあるのでチャレンジしてみるのも良いのでは。
01-02

中古との比較も

現在、スマートフォンを中古で購入する人も増えています。中古市場が盛り上がりを見せており、使わなくなった端末を中古業者に売ろうと検討している人もいるのでは。
ソフトバンクでの下取りは、価格ルート的には低い場合も。しかし安全面はきちんと保障されています。中古で買取に出す際には、自分で初期化を行うように注意しておきましょう。価格を比較して高額な場合、中古業者に出してみるのも良いのでは。

乗り換えでお得に

他社から番号を変える事なくソフトバンクに乗り換えをして、iPhone6sを購入した場合「のりかえ割」の対象となります。契約する料金プランにもよりますが、毎月の支払い料金がお得になるキャンペーンです。
24時間通話し放題の料金プラン、スマ放題。またスマ放題の通話が5分以内であるスマ放題ライトを、5GBのデータ容量で契約した場合、毎月の支払い料金から864円の割引が1年間続きます。8GB以上の場合は、毎月1,836円もの割引が1年間となります。
さらにホワイトプランにパケットし放題フラットの料金プランの場合は、ホワイトプランの基本使用料が1年間0円となります。自分に合った料金プランを選択できて、毎月の支払い料金がお得になるのは嬉しいですよね。

乗り換えの手数料

キャンペーンでお得になる金額で充分にまかなえますが、乗り換えの際には手数料が発生することを頭に入れておきましょう。
ソフトバンクに乗り換えをする前のキャリアに、MNP転出手数料として2,000円。ソフトバンクに新規契約事務手数料として3,000円が必要です。最後の請求と、ソフトバンクの初月の請求がいつもより高額になるので注意しましょう。
01-03

乗り換えのタイミング

ソフトバンクへの乗り換えはタイミングが重要です。料金プランは2年縛りという言葉が生まれる程。2年単位の契約なので、2年以内の解約は解約金として9,500円が発生してしまいます。解約金の発生しない契約更新月に乗り換えをして、できるだけお得にソフトバンクのiPhone6sが購入出来れば嬉しいですよね。

インターネットも家族もまとめて

家族で携帯料金の管理をしている場合、ソフトバンクで統一すると毎月の支払い料金はお得になります。さらに大容量のデータ容量を分け合って使う事も出来るので、月末まで快適に通信が出来ます。
またインターネット回線をまとめる事で、家族の月額料金までお得に。インターネットを自宅で利用している場合は、ソフトバンクに統一してみては。

インターネットがあるとiPhoneはもっと便利に

インターネットの利用はiPhone6sがあるから、自宅のパソコンまでインターネットを使える必要はない。そう考えている人も多いのでは。しかし自宅などにインターネットに接続したパソコンがあれば、iPhone6sをもっと便利に使う事が出来るのです。
iTunesを使って音楽の同期をしたり、バックアップを取る事も可能です。iTunesを使うには、インターネット環境が必要になります。ソフトバンクでまとめて、お得に使えるのは嬉しいですよね。

ソフトバンクの豊富なサポートで快適なiPhoneライフを

ソフトバンクにはiPhone6sを安心して使えるためのサポートが充実しています。また次の機種変更を2年間待たずに出来るプログラムも。充実したソフトバンクのサポートを利用して、iPhone6sを快適に使ってみては。

関連記事

iPhone6s レビューまとめ
iPhone6s 7つのメリットまとめ
iPhone6s 7つのデメリットまとめ

スマホの乗り換えで失敗する人の共通点

「機種変更してみたら、思ったより料金が高かった…。」なんてことありませんか?

いま、ショップの店頭で有料オプションや有料コンテンツに加入させらて、結局損をしてしまう人が続出しています。

スマホを乗り換えるときには『おとくケータイ 』などのオンラインショップを利用してください。

どんなショップよりも、賢くおとくに乗り換える方法です。
iPhone7も実質0円になり、学割などのキャンペーンや限定割引など、今月が一年の中でもっともおとくな時期です。


→ おとくケータイで乗り換えキャッシュバックをもらう (電話がおすすめ!)
→ SMARTPHONE STOREでキャッシュバックをもらう
→ソフトバンクはこちら
→ドコモはこちら
→auはこちら

-new

Copyright© app note , 2018 All Rights Reserved.