app note(アップノート)はiPhoneをもっと楽しくするための情報を提案します!

app note

iPhone iPhone6s 一括0円 中古スマホ 新着 白ロム

iPhone6sを一括0円で。最安で購入する時の落とし穴5選

投稿日:

iPhone6sが販売され、携帯業界はますます盛り上がりを見せています。ソフトバンク、au、docomoの主要キャリア3社から販売されている事もあり、iPhone6sを対象としたキャンペーンも豊富。注目されている機種だからこそ、それぞれのキャリアのユーザー獲得の鍵を握るともいえるのではないでしょうか。iPhone6sを購入する際に、注意しておくべき点はあるのでしょうか。一括0円でiPhone6sを購入する際など、どういったポイントに気を付けておくとより快適に使う事が出来るのでしょうか。

スマホを乗り換えるなら!


機種変更では、このような失敗をする方がとても多いです。
  • 有料オプションを契約させられ料金が高くなった。。
  • 待ち時間や契約時間が長くて、半日かかってしまった。。
  • キャンペーンや割引がきちんと適用されていなかった。。
スマホを乗り換えるときには、
→ おとくケータイで乗り換えキャッシュバックをもらう
→ SMARTPHONE STORE
で乗り換えをするとキャッシュバックがもらえます。

スマホの機種変更するときは、
→ソフトバンクはこちら
→ドコモはこちら
→auはこちら
キャリア公式オンラインショップがおすすめです。学割や限定キャンペーンなどがもっとももおとくな時期です。

契約プランを解約するタイミング

iPhone6sを一括0円で購入できるとなると、やはりお得に感じると思います。さまざまなキャンペーンが実施されており、一括0円であると思わず機種変更をしたくなる人も多いのでは。またMNPを使って乗り換えを検討する人もいると思います。
しかしこの場合契約プランを解約すること、乗り換えをすることになります。iPhone6sが一括0円でお得とはいえ、タイミングによっては解約料として9,500円が発生してしまうのです。契約プランは最低でも2年間使う事を条件として、安く使えるものが多いです。2年以内に解約した場合に、解約金が発生してしまうのです。解約金が発生しないのは契約更新月の1か月のみ。一括0円に魅力を感じても、まずは自分の契約更新月を確認してみましょう。また日割り計算となるので、その月の速い内に契約する方が安心です。
また2年以上使っている場合は、いつ解約しても良い訳ではありません。2年以上使っているとはいえ、一括0円がいつでも使える訳ではありません。ほとんどの契約プランがまた2年間になっているので、注意が必要です。
さらに注意したいのは、端末料金の残額です。2年間の契約プランとともに、端末料金も分割で支払いをしている事が多いと思います。2年以内の解約は、端末料金の支払いもまとまっている事が多いです。一括0円でiPhone6sが購入出来ても、端末料金などさまざまな支払いが残っていると意味がありませんよね。iPhone6sを購入する際には、タイミングに注意して行うようにしましょう。

乗り換えをする際には手数料が必要

乗り換えでiPhone6sを購入した場合。一括0円であっても、初月の請求金額はやはり高くなるので注意しておきましょう。今まで契約していたキャリア、さらに新しく契約するキャリアそれぞれで請求される形になります。
まずは今まで使っていたキャリアに、MNP転出番号を発行してもらわなければいけません。その際の手数料として、MNP転出手数料が2,000円から3,000円必要です。次に新しく購入するキャリアで、MNP転出番号をもとに同一の番号で契約をします。新規契約事務手数料として3,000円が必要になります。

中古で購入する際に注意したい事

一括0円で購入できるiPhone6sには、中古の端末もあります。中古でiPhone6sを購入する場合は、白ロムである事や充電器などの付属品の有無を確認しておくと安心です。

バックアップが完了しているか

一括0円にiPhone6sをするキャンペーンでは、下取りや乗り換えによるものも含まれると思います。下取りをする前に、バックアップをしておかなければiPhone6sへデータの移行が行えません。
バックアップはiPhoneからiPhone6sへ機種変更する場合、パソコンがあればiTunesをインストールするとスムーズに行えます。またパソコンが無くても、Wi-Fi環境であればiCloudへのバックアップが可能です。フリーのWi-Fiスポットも増えているので、自宅に無い場合は活用してみるのも良いのでは。
またアンドロイドからの機種変更で、iPhone6sが一括0円になることも。この場合のバックアップは、Googleアカウントで行えます。JSバックアップアプリというものを活用することも可能です。
バックアップをしておくと、キャンペーンによる下取りだけでなく、万が一の際にもあわてずに済みます。日頃からバックアップをとっておく習慣を付けるのも良いのでは。またiPhone6sを一括0円で購入した後に、データの復元を行います。iTunesやiCloudと接続したり、Googleのアプリを取って復元をすると電話帳などが移行されます。

条件となる契約プランは自分に合っているのか

一括0円でiPhone6sを購入する場合、対象となる契約プランがすでに決まっている可能性もあります。その契約プランが自分に合っているのか確認することも大切です。
今まではパケットし放題の料金プランが主流でしたが、最近では通話がし放題に選べるデータ容量というものがキャンペーンの対象となる事が多いです。パケットし放題の場合上限が7GBであるとして、データ容量をフルで使うのであれば、逆に一括0円の対象となるプランだと毎月の支払い料金が高くなってしまう可能性もあります。通話をする機会が少なかったりすれば、尚更一括0円の対象となるプランでiPhone6sを購入するとデメリットが大きくなる可能性もあるのです。
毎月支払いを続ける携帯電話の利用料金だからこそ、自分に合った料金プランで契約する事が大切になってきます。一括0円は、とても魅力的だと思います。しかしさまざまな面から、冷静に判断することも大切です。
iPhone6sはカメラの数値も向上し、3DTouchという今までにない操作性もあり感動も増しています。最新のiPhone6sをより自分に合った使い方が出来れば良いですよね。
※タイトル画像: http://goo.gl/9jjfoV

関連記事

ソフトバンクiPhone6sの料金を月4000円安くする方法
最新の価格は?狙い目はいつ?聞きたい3社のiPhone6s情報
iPhone6sにおススメな料金プランは?全社からプランを厳選
 

スマホの乗り換えで失敗する人の共通点

「機種変更してみたら、思ったより料金が高かった…。」なんてことありませんか?

いま、ショップの店頭で有料オプションや有料コンテンツに加入させらて、結局損をしてしまう人が続出しています。

スマホを乗り換えるときには『おとくケータイ 』などのオンラインショップを利用してください。

どんなショップよりも、賢くおとくに乗り換える方法です。
iPhone7も実質0円になり、学割などのキャンペーンや限定割引など、今月が一年の中でもっともおとくな時期です。


→ おとくケータイで乗り換えキャッシュバックをもらう (電話がおすすめ!)
→ SMARTPHONE STOREでキャッシュバックをもらう
→ソフトバンクはこちら
→ドコモはこちら
→auはこちら

-iPhone, iPhone6s, 一括0円, 中古スマホ, 新着, 白ロム

Copyright© app note , 2018 All Rights Reserved.