app note(アップノート)はiPhoneをもっと楽しくするための情報を提案します!

app note

au iPhone6s iPhone6sキャッシュバック ソフトバンク ドコモ

iPhone6s 徹底価格調査 どこが安いのランキングTOP3

投稿日:

iPhone6sは欲しい!
でもどうせ手に入れるのであれば、少しでも安く維持ができるようにしたい。
スマホを維持するのであれば、2年契約が当たり前の今、ほんの少しの節約でも2年間を通すと大きな節約となります。
そこで今回は、少しでも安くて少しでも便利に利用できる、国内三大キャリアの中の3つのおすすめプランをご紹介します。
ちなみに今回はご紹介するプランには、話定額料金が含まれていないので、普段からあまり通話を利用することが少ない人におすすめのプランです。
また今回のプランを利用するには、MNP乗り換えにより各種割引が適用されることも必須となります。
fig_color

スマホを乗り換えるなら!


機種変更では、このような失敗をする方がとても多いです。
  • 有料オプションを契約させられ料金が高くなった。。
  • 待ち時間や契約時間が長くて、半日かかってしまった。。
  • キャンペーンや割引がきちんと適用されていなかった。。
スマホを乗り換えるときには、
→ おとくケータイで乗り換えキャッシュバックをもらう
→ SMARTPHONE STORE
で乗り換えをするとキャッシュバックがもらえます。

スマホの機種変更するときは、
→ソフトバンクはこちら
→ドコモはこちら
→auはこちら
キャリア公式オンラインショップがおすすめです。学割や限定キャンペーンなどがもっとももおとくな時期です。

お得で便利なプラン1.ソフトバンク 旧料金 7GBプラン

ソフトバンクでMNP乗り換えにより旧料金 7GBプランを利用すると、2年間の維持費は月々7,746円です。
主なプランの内訳としては
・基本料金:1,008円
・インターネット接続量:324円
・ユニバーサル利用料:2円
・パケット定額料:5,616円
ちなみに各種割引の内容
・端末割引:2年間月々3,252円の割引
・乗り換え割:2年間月々504円
合計90,144円の割引となります。
この割引はソフトバンクへMNP乗り換えを利用した場合、無条件に実施される割引料金です。
ここにソフトバンクの代理店が独自に開催している高額キャッシュバック受け取ることにより、更なる割引が実施されることになります。

お得で便利なプラン2.au 旧料金 7GBプラン

auでMNP乗り換えにより旧料金 7GBプランを利用すると、2年間の維持費は月々8,308円です。
主なプランの内訳としては
・基本料金:1,008円
・インターネット接続量:324円
・ユニバーサル利用料:2円
・パケット定額料:6,156円
ちなみに各種割引の内容
・端末割引:2年間月々2,840円の割引
・auに乗り換えるスーパー割:2年間月々504円
合計80,256円の割引となります。
この割引はauへMNP乗り換えを利用した場合、無条件に実施される割引料金です。
ここにauの代理店が独自に開催しているキャッシュバックを受け取ることにより、更なる割引が実施されることになります。
おそらくauの代理店で実施されている割引は、1万~2万程度が期待できることでしょう。
※auの代理店では、高額キャッシュバックを実施していない代わりに一括0円にて機種代金を販売しているところもあると言われています
この場合はMNP乗り換えに関する手数料は自払となりますが、割引後に残った端末料金を負担してもらえることになります。
a09

お得で便利なプラン3.ドコモ 旧料金 7GBプラン

ドコモでMNP乗り換えにより旧料金 7GBプランを利用すると、2年間の維持費は月々8,364円です。
主なプランの内訳としては
・基本料金:802円
・インターネット接続量:324円
・ユニバーサル利用料:2円
・パケット定額料:6,156円
ちなみに各種割引の内容
・端末割引:2年間月々2,808円の割引
合計67,392円の割引となります。
この割引はドコモへMNP乗り換えを利用した場合、無条件に実施される割引料金です。
ここにドコモの代理店が独自に開催しているキャッシュバックを受け取ることにより、更なる割引が実施されることになります。
おそらくドコモの代理店で実施されている割引は、1万~2万程度が期待できることでしょう。
※ドコモの代理店では、高額キャッシュバックを実施していない代わりに一括0円にて機種代金を販売しているところもあると言われています
この場合はMNP乗り換えに関する手数料は自払となりますが、割引後に残った端末料金を負担してもらえることになります。
15-m

今回の3つのプランの注目点

今回の3つのプランの中で注目したい点といえば、データ定額容量が7GBプランであるということです。
格安データ定額プランである、5GBプランなどを利用するよりも、通話定額を実施することで安価に維持できるようになるということが注目すべきところです。
ここに通話定額料金がプラスされるだけで、5GBプランであっても今回ご紹介したプラン料金よりも、割高な維持費になってしまうようです。
少しでもお得で便利にスマホを維持するには、いかに普段の通話料を安価に維持できるようにするかが重要となるようです。
ちなみに最近ではアプリを通して通話機能を利用することができるので、この様な機能を利用することで少しでも通話料の節約を行なうことはできるようになりますね。

まとめ

今回のお得で便利な3つのプランはいかがでしたでしょうか?
全く同じプランにしても、ソフトバンクが最もスマホを安価に維持できるのですね。
ただし今回ご紹介した内容で肝心なところは、24ヶ月の場合であればソフトバンクが最も安価に維持ができるようになるということです!
月々のスマホにかかる維持費だけを考えるのであれば、意外にも維持費が割高だと思われがちなドコモが最も安価に維持できるのです。
では今回のプラン内容や金額に関して、少しだけ振り返ってみましょう。
・お得で便利なプラン1.ソフトバンク 旧料金 7GBプラン
2年間の維持費は月々7,746円
・お得で便利なプラン2.au 旧料金 7GBプラン
2年間の維持費は月々8,308円
・お得で便利なプラン3.ドコモ 旧料金 7GBプラン
月々8,364円
・今回の3つのプランの注目点
24ヶ月の維持費だけで考えるのであればソフトバンクが最も安価に維持ができ、長期に渡り継続して利用することを考えるのであれば、ドコモが最も安価に維持ができるというところ。
この様になりました。
これからスマホを購入するにあたり、
・24ヶ月の料金を少しでも安価に維持がしたい
・少しでもお得に端末を手にいれたい
・長期に渡り安価に利用したい
このどれを優先するかによって、選ぶキャリアが全く異なるということになります。
今あなたが求めるプラン内容とおおよそ一致するのであれば、今回のコラムの内容も是非役立てていってくださいね。

関連記事

月額料金で簡単比較!iPhone6sドコモ容量別の価格まとめ
iPhone6sの価格を徹底比較!選ぶならやっぱりドコモがお得
価格で選ぶiPhone6sをauにする5つのメリットデメリット
 

スマホの乗り換えで失敗する人の共通点

「機種変更してみたら、思ったより料金が高かった…。」なんてことありませんか?

いま、ショップの店頭で有料オプションや有料コンテンツに加入させらて、結局損をしてしまう人が続出しています。

スマホを乗り換えるときには『おとくケータイ 』などのオンラインショップを利用してください。

どんなショップよりも、賢くおとくに乗り換える方法です。
iPhone7も実質0円になり、学割などのキャンペーンや限定割引など、今月が一年の中でもっともおとくな時期です。


→ おとくケータイで乗り換えキャッシュバックをもらう (電話がおすすめ!)
→ SMARTPHONE STOREでキャッシュバックをもらう
→ソフトバンクはこちら
→ドコモはこちら
→auはこちら

-au, iPhone6s, iPhone6sキャッシュバック, ソフトバンク, ドコモ

Copyright© app note , 2018 All Rights Reserved.