app note(アップノート)はiPhoneをもっと楽しくするための情報を提案します!

app note

au iPhone6s SIMフリー ソフトバンク ドコモ

3大キャリアかSIMフリーか?iPhone6s購入はどちらがお得?

投稿日:

iPhone6sの購入をこれから考える方におすすめの情報として、キャリア端末とSIMフリー端末のどちらを選ぶ方がメリット多く契約ができるかという情報です。
最近は毎年必ず新しいiPhoneの機種が発売されていますが、どれも全て高額な機種であることには違いありません。
あなたがもしこれから購入を行なうのであれば、少しでも後悔の少ない契約が行える端末にて、運用できるようにしていきましょう。

スマホを乗り換えるなら!


機種変更では、このような失敗をする方がとても多いです。
  • 有料オプションを契約させられ料金が高くなった。。
  • 待ち時間や契約時間が長くて、半日かかってしまった。。
  • キャンペーンや割引がきちんと適用されていなかった。。
スマホを乗り換えるときには、
→ おとくケータイで乗り換えキャッシュバックをもらう
で乗り換えをするとキャッシュバックがもらえます。

スマホの機種変更するときは、
→ソフトバンクはこちら
→ドコモはこちら
→auはこちら
キャリア公式オンラインショップがおすすめです。学割や限定キャンペーンなどがもっとももおとくな時期です。

iPhone6sはキャリア端末とSIMフリー端末の2種類あり

iPhone6sにはキャリア端末とSIMフリー端末と呼ばれる二つの種類の機種があり、キャリア端末はAU・ドコモ・ソフトバンクの各キャリア専用で運用可能な端末となります。
これらは実質的に、三社でしか利用できないようになっているものです。
対してSIMフリー端末と呼ばれる機種に関しては、どこのキャリアでも運用できる端末です。
もちろん国内の大三キャリアでも運用はできますし、その他のキャリアでも運用可能になります。
ちなみにこれらの端末はメリット・デメリットもあるため、好みによって購入時に選ばれる機種は大きく異なります。

キャリア端末のメリット

キャリア端末には、
・各種キャリアサービスを利用できる
・端末をお得に購入できることもある
・端末価格が割安である
・分割支払可能になる
・iPhoneの知識に乏しい人でも運用しやすい
上記のようなメリットがあります。
fig_color
各種キャリアで用意されているサービスと言えば、キャリアメールやまとめて支払い、デザリング機能などがあげられることでしょう。
たとえばAUであれば『~@ezweb.ne.jp』と言った、AU専用のEメールアドレスを使用することができます。
メールアドレスだけならどこの会社のでも良いと考える人もいるかもしれませんが、キャリアメールを使用できることにより、そのメール特有の迷惑メール防止機能なども活用することができるようになります。
また、メールが蓄積されるサーバーがAUやドコモ、ソフトバンクのサーバーになることで、情報漏洩に対する不安を解消できるという人もいることでしょう。
ちなみにまとめて支払いでは、アプリダウンロード時などに必要になった料金を、iPhoneの月々の利用料請求時にまとめて請求をかけてもらうことができます。
これにより端末上でクレジットカードの情報を入力したくない人や、クレジットカード自体を持っていない人でも、気軽にアプリを購入したり有料ゲームを楽しんだりすることができるわけです。
この他にも、端末購入時に各種割引が適用されてお得に購入ができたり、そもそもの端末代金が割安であったり、端末購入時に分割を組むことができると言ったメリットもあります。
あまりiPhone6sの操作に詳しくない人の場合は、操作面のサポートをキャリアショップで行なってもらえると言った面でも、キャリア端末に魅力を感じることでしょう。

キャリア端末のデメリット

キャリア端末には
・割高な料金設定で維持を行なうことになる
・各種割引を行なうことで、縛りありの契約になる
・自由に契約するキャリアを変更できない
・ローンの残りを気にしなければいけない
上記のようなデメリットがあります。
国内三大キャリアのiPhoneを維持するプランは、格安SIMで運用するプランと比較すると割高な料金設定です。
月々の維持費も10,000円を余裕で超えてしまうことでしょう。
また月々の維持費が高いからと毎月割引を適用した場合、維持費は半分程度で済むようになるものの、2年間の縛りが発生します。
縛りが発生してしまうことにより、この期間中に解約をすることになれば、解約違約金の支払いを求められることになります。
その他、SIMロックを解除してもらうまでは自由に他社で契約できないことや、ローンの残りが気になりなかなか次の機種に変更ができないというような人も出てくることでしょう。
これがキャリア端末のデメリットと言えるのではないでしょうか?
10924852883_5cdbaa1e88_n

SIMフリー端末のメリット

SIMフリー端末のメリットと言えば、
・好きなキャリアで契約ができる
・月々の維持費を格安にできる
・年間縛りなしにて契約ができる
・海外旅行時にも使用することができる
・ローン残高を気にしなくて良い
上記のようなメリットがあります。
SIMフリー端末を選ぶ理由には、国内三大キャリア以外で契約を行ないたいと考えるのが一番の理由だと言えることでしょう。
品質こそは三大キャリアよりは少し落ちてしまうかもしれませんが、最安値で契約をするのであれば、1,000円以下でもiPhone6sを運用できるようになります。
また、三大キャリア以外の契約であれば年間縛りがないことが多く、縛りがあったとしても長くて1年程度のものであると言えるでしょう。
もしこの間に解約を考えて違約金を支払うことになってしまっても、月々の維持費が大変安価に設定できることから、大きく痛手を負うリスクも軽減できます。
その他、海外対応SIMを利用することにより、海外旅行先でもiPhone6sを運用できるようになることや、一括支払いにて最初に端末費用を支払っていることにより、ローンに縛られることがなくなるといったメリットもあります。
普段から主にWi-Fiを利用してiPhone6sを運用している人や、スマホと携帯を2台持ちしている人、SIMフリー版iPhone6s運用に対する知識が豊富な人が運用する端末としては最高の端末であると言えるかもしれません。

SIMフリー端末のデメリット

SIMフリー端末のデメリットと言えば
・SIMフリー端末は本体価格が割高
・分割購入対象外
・初期設定を全て自分で行なわなければいけない
・デザリング機能が利用できないことも
上記のようなポイントではないでしょうか?
SIMフリー端末はもともとキャリア端末よりも、全ての機種がおおよそ1万円程度割高な設定になっています。
三大キャリアで受けることができるような割引も一切適用されませんし、三大キャリアで契約する時のように月々の分割支払いを利用することもできません。
クレジットカードの分割機能などを利用することにより、分割を利用できるようにはなりますが、とくにクレジットカードを持っていない人の場合は、現金で一括にて端末代金を支払う必要が出てくるわけです。
月々の維持費が安くできるかわりに、iPhone6s購入時の端末代金が高くなることで、長く使わなければもったいないと言えるでしょう。
ただし、普段から常用している家電量販店などがあるのであれば、その店舗のポイントなどを活用してお得に購入することはできることでしょう。
15-02
ちなみにiPhoneを購入時は、簡易な説明書しか付属されていないことにより、設定に対するハードルの高さを感じる人もいるようです。
たまに量販店の店員さんなどが初期設定のお手伝いをしてくれることもありますが、主にSIMフリー端末を購入する場合は、自力で初期設定を完了させなければいけません。
普段からiPhoneを使用しているiPhoneユーザーであれば、iPhone6sもなんなく運用できることだと思いますが、とくにそのようなこともなく初めてのiPhone利用である場合は、まずはキャリア端末から運用されることがおすすめです。

きっと役立つ『iPhone6sの豆知識』

iPhone6sの端末は、3大キャリアが良いかSIMフリー端末が良いかについてご紹介してきましたが、ここからは気分を変えてiPhone6sをお得に運用できる方法についてご紹介していきましょう!

お得に購入する方法は?

まずはお得に購入する方法から!
実際のところ、月々の維持費を安くすることだって大切なことですが、最も重要なのは高額なiPhone6sの端末を少しでもお得に購入ができる方法ではないでしょうか?
たとえばiPhone6sを24ヶ月に及び運用する場合、端末料金が1万円でも安くなれば単純に『1万円÷24ヶ月=約417円』これだけの費用を、節約できるのと同じことなのです。
総合的に考えて、2年間の維持費を少しでも安くできるのであれば、各種サービスが利用できるキャリア端末が欲しいと考える人だってきっと出てくることでしょう。
ではお得に端末を購入する方法には、どのようなものがあるのでしょうか?
・MNPを利用して一括0円にて購入する
・MNPを利用して高額キャッシュバックを手に入れる
・キャンペーンを利用する
・貯まっているキャリアポイントを利用してお得に端末を購入する
・貯まっている家電量販店のポイントを利用してお得に端末を購入する
・抱き合わせ契約で更にお得に
MNPを利用すれば、一括0円やキャッシュバックありでの契約が行えますね。
また、長年同一キャリアを利用しているのであれば、蓄積されているポイントを活用して、お得に端末を購入することもできます。
更にiPhone6sの販売促進を行なっているショップで、お得なキャンペーンを利用して購入する方法や、普段利用している家電量販店で購入をするのであれば、量販店のポイントを使用して購入するという方法もあります。
またこの時、量販店のポイントにてキャリア端末を購入することで、量販店で実施されているキャンペーンとキャリアが用意しているキャンペーン、そこにポイントを利用して購入ができるようになるので、実質0円にて購入ができるようになることもあるでしょう。
その他、現在タブレットも購入をしたいと考える人なのであれば、iPhone6sとiPadを一緒に購入して契約を行なうことにより、それぞれをお得に購入できるようにもなります。
このようなお得な情報をゲットするのであれば、ツイッターも大変役立つようなので、常にお得な情報はゲットできるようにして、少しでも節約しながら購入できるようにしていきましょう。

どこで購入すると良いの?

ちなみにiPhone6sを購入する時って、どこで購入することが良いのか迷ってしまいませんか?
家電量販店でも購入できるし、ネットショップでも購入できる、国内三大キャリアの正規店や代理店でも購入できる。
landing-page-why-vz-iphone-6s-plus-homescreen-v1
大変迷ってしまうポイントです。
普段から常に利用している家電量販店で購入をする場合、iPhone6sは高額な機種となるため、この端末に対するポイントを量販店のポイントとして貯めることもできますね。
次回家電購入時に、このポイントは役立てることができるようになるので、お得であると言えます。
また、ネットショップや三大キャリアの代理店で購入をすれば、現在保有しているポイントを役立てながら機種変更が行えたり、MNPによる高額キャッシュバックを手にすることもできるようになります。
ただしネットショップの場合であれば、信頼できるショップを利用しなければ、詐欺の被害に合う可能性だってゼロではありません。
その他、国内三大キャリアの正規店にて購入をする場合は、キャッシュバック率は低くなってしまうものの、大手ならではの安心を得た契約を行なうことができます。
今あなたがどのような契約を行ないたいか、何を求めるかによっても、どこで契約を行なうことが最もメリットあるものであるかは異なることでしょう。

iPhone6sの魅力溢れる端末情報

では今回のコラムの最後に、簡単にiPhone6sとiPhone6s plusの端末情報についてご紹介していきましょう。
まずは端末容量から
・16GB
・64GB
・128GB
上記3種類になります。
次にカラーリングですが
・スペースグレー
・ローズゴールド
・ゴールド
・シルバー
この4色になります。
ではまず『iPhone6s』のスペック情報から!
・4.7インチ
・高さ×幅×暑さ:138.3mm×67.1mm×7.1mm
・重量143g
・連続通話時間(3G):最大14時間
・連続待受け時間:最大10日間
・ネット利用時間:最大10時間(3G)、最大10時間(4G LTE)、最大11時間(Wi-Fi利用時)
・オーディオ再生:最大50時間
・メインカメラ:1200万画素
・サブカメラ:120万画素
・撮影フラッシュ
・手振れ補正あり
・GPS機能搭載
・指紋認証搭載
次に『iPhone6s plus』のスペック情報です。
・5.5インチ
・高さ×幅×暑さ:158.2mm×77.9mm×7.3mm
・重量192g
・連続通話時間(3G):最大24時間
・連続待受け時間:最大16日間
・ネット利用時間:最大12時間(3G)、最大12時間(4G LTE)、最大12時間(Wi-Fi利用時)
・オーディオ再生:最大80時間
・メインカメラ:1200万画素
・サブカメラ:120万画素
・撮影フラッシュ
・手振れ補正あり
・GPS機能搭載
・指紋認証搭載
双方の機種の魅力と言えば、3Dタッチによるタッチの強弱を感知してくれる機能が搭載したことで、今までのiPhoneでは実現することがなかったタッチ革命が起こっています。
たとえばお絵かきソフトなどで、この感度の違いが生きてくるようになります。
4Kカメラ撮影に対応したカメラによる映像は、より細部まで再現され、まるで画像を超えてそこに人が存在しているかのようなリアルな画像を残してくれます。
またどんどん高速化するWi-Fi機能や、指紋認証機能によるスムーズなロック解除、iOS9を搭載していることでより進化したネットライフを楽しむこともできるようになっています。
iPhone6sは一度手にすると、手放せない存在となることでしょう。

まとめ

今回は、これからiPhone6sを購入する方におすすめの情報の数々をまとめてご紹介しました!
あなたが知りたかった情報に、巡り会えたのではないでしょうか?
では今回の『3大キャリアかSIMフリーか?iPhone6s購入はどちらがお得?』について簡単に振り返ってみましょう。
◎iPhone6sはキャリア端末とSIMフリー端末の2種類あり
キャリア端末とSIMフリー端末にはそれぞれ、メリットとデメリットがあるということをご紹介しました。
〇キャリア端末のメリット
・各種キャリアサービスを利用できる
・端末をお得に購入できることもある
・端末価格が割安である
・分割支払可能になる
・iPhoneの知識に乏しい人でも運用しやすい
〇キャリア端末のデメリット
・割高な料金設定で維持を行なうことになる
・各種割引を行なうことで、縛りありの契約になる
・自由に契約するキャリアを変更できない
・ローンの残りを気にしなければいけない
〇SIMフリー端末のメリット
・好きなキャリアで契約ができる
・月々の維持費を格安にできる
・年間縛りなしにて契約ができる
・海外旅行時にも使用することができる
・ローン残高を気にしなくて良い
〇SIMフリー端末のデメリット
・SIMフリー端末は本体価格が割高
・分割購入対象外
・初期設定を全て自分で行なわなければいけない
・デザリング機能が利用できないことも
◎きっと役立つ『iPhone6sの豆知識』
ここではお得にiPhone6sを購入するための知識をご紹介しています。
〇お得に購入する方法は?
・MNPを利用して一括0円にて購入する
・MNPを利用して高額キャッシュバックを手に入れる
・キャンペーンを利用する
・貯まっているキャリアポイントを利用してお得に端末を購入する
・貯まっている家電量販店のポイントを利用してお得に端末を購入する
・抱き合わせ契約で更にお得に
〇どこで購入すると良いの?
目的に合わせて、下記4つの店舗で購入するメリットをご紹介しています。
・ネットショップ
・家電量販店
・キャリア正規店
・キャリア代理店
◎iPhone6sの魅力溢れる端末情報
ここではiPhone6sとiPhone6s plusのスペック情報などもご紹介しています。
いかがでしたか?
iPhone6sをキャリア端末にて購入するか、SIMフリー端末にて購入するかについては、どのように購入後運用したいかによっても大きく異なるポイントであると、わかっていただけましたでしょうか?
またiPhone6sシリーズは、どこをとっても優れていると思えるほど、今までのiPhoneでは感じることができなかったような魅力に溢れる機種になっています。
価格設定が高額であることから、購入までに迷う人も出てくるようですが、『これだけの性能を持ってするのであれば価格相応の機種であるのでは?』と思えることでしょう。
これからiPhone6sの購入を考えるのであれば、今回の情報も役立てながら、より自分に合った端末をお得にゲットしていきましょう!

関連記事

知らなかった!iphone6sはSIMフリー端末があるってよ!
iPhone6sをSIMフリーにする4つのメリット/2つの落とし穴
【iPhone6s】結局どっち?SIMフリーvsキャリア三番勝負

スマホの乗り換えで失敗する人の共通点

「機種変更してみたら、思ったより料金が高かった…。」なんてことありませんか?

いま、ショップの店頭で有料オプションや有料コンテンツに加入させらて、結局損をしてしまう人が続出しています。

スマホを乗り換えるときには『おとくケータイ 』などのオンラインショップを利用してください。

どんなショップよりも、賢くおとくに乗り換える方法です。
iPhone7も実質0円になり、学割などのキャンペーンや限定割引など、今月が一年の中でもっともおとくな時期です。


→ おとくケータイで乗り換えキャッシュバックをもらう (電話がおすすめ!)
→ソフトバンクはこちら
→ドコモはこちら
→auはこちら

-au, iPhone6s, SIMフリー, ソフトバンク, ドコモ

Copyright© app note , 2019 All Rights Reserved.