app note(アップノート)はiPhoneをもっと楽しくするための情報を提案します!

app note

au iPhone6s Plus ソフトバンク ドコモ

サイズ感に戸惑い…iPhone6sPlusの上手な持ち方のコツ3点

投稿日:

iPhone6SPlusのサイズは、iPhone6Sに比べて一回り大きいですよね。
画面のサイズが大きいと、その分、文字や画像も大きくなるので、見やすいという意味では、利点があります。
しかし、サイズが大きいとその分、持ち運ぶのが大変になります。
特にスマホは、頻繁に使うものなので、その分落としてしまうリスクも高くなります。
万が一落下させてしまった時は、すぐに画面が割れてしまいますよ。結構周りを見ると、iPhoneの画面が割れている人って結構いますよね?
iPhone6SPlusはサイズが大きいぶん、より落とさないための工夫が必要です。
そこで、今回は、iPhone6SPlusの上手な持ち方のコツを3つほどご紹介します。iPhone6SPlusをすでにお持ちの方、あるいは今後、iPhone6SPlusに買い換える予定のある方は必見ですよ!

スマホを乗り換えるなら!


機種変更では、このような失敗をする方がとても多いです。
  • 有料オプションを契約させられ料金が高くなった。。
  • 待ち時間や契約時間が長くて、半日かかってしまった。。
  • キャンペーンや割引がきちんと適用されていなかった。。
スマホを乗り換えるときには、
→ おとくケータイで乗り換えキャッシュバックをもらう
→ SMARTPHONE STORE
で乗り換えをするとキャッシュバックがもらえます。

スマホの機種変更するときは、
→ソフトバンクはこちら
→ドコモはこちら
→auはこちら
キャリア公式オンラインショップがおすすめです。学割や限定キャンペーンなどがもっとももおとくな時期です。

1.小指と人差し指を上手く使う


 
 
まず、片手でスマホを操作したい場合には、持ち方に工夫する必要があります。
ポイントとなるのは、小指と人差し指を上手く使うことです。そうすることによって、iPhone6SPlusを片手だけで安定して使えるようになります。
そして、できるだけ広範囲にかけて指をかけることが重要です。指をかければかけるほど、安定して持てるようになるので、できるだけ指をたくさんかけるようにしましょう。

小指は本体の横ではなく下から支える

普通にiPhone6SPlusを片手で持つと、横の方に小指をひっかけると思いますが、安定してもたせるためには、横ではなく下の方から支えるように持ちます。

人差し指を上に伸ばしリンゴマークまで届かせる

人差し指も横に引っ掛けるのではなく、iPhone本体背面に添える形にします。
この時、リンゴマークがあるところまで伸ばして安定させるようにします。これだけでも意外にグラつきを防ぐことができます。

親指、中指、薬指は握りこむようにする


 
人差し指と小指の位置が決まれば、あとは、自然に残りの指を引っ掛けるだけで良いです。
iPhone本体を握りこむようにすれば、自然に本体が固定されます。
これで上部以外をすべて固定することができるため、かなり安定した状態で本体を持つことができます。iPhone6SPlusだけでなく、他の大きいサイズのスマホでも、ある程度応用できるはずです。

2.両手で持つ

iPhone6SPlusのようなサイズの大きい機種は、無理に片手で操作しようとするのではなく、両手を使うことによって、安定して使うことができます。
特に手の小さい女性の方は、両手で持つ方が安全かもしれないですね。
無理して片手だけで操作しようとして、落下させてしまうぐらいなら、もう割りきって両手で使うようにして、両手の操作方法に慣れていくのもアリかと思います。
両手の場合は、メールを打つ時も両手で打てるようになるので、慣れてくると、片手以上に早いスピードで文字を入力できるようになります。

3.iPhoneアクセサリー「バンカーリング」を使う


 
バンカーリングを使えば、非常に安定してスマホ本体を持つことができるので、iPhone6SPlusのようなサイズの大きいスマホでも安心して使うことができます。

バンカーリングってなに?

バンカーリングは、一度使ったらもう離れられないという人がいるほど、いまだに人気のあるiPhoneのアクセサリーです。
スマホ本体の背面にリングを付けることによって、そのリングの中に指を入れて引っ掛けることができるという優れものです。

落下するのを防いでくれる

リングの中に指を引っ掛けるので、ちょっとやそっとのことでは外れません。
なので、落下防止の際や、メールを打ったりする場合でも、iPhoneがグラつかなくなるので、安定して使えるというメリットがあります。

バンカーリングを使えば片手で操作ができる

バンカーリングは、指をリングにかけることができるので、片手の操作ができるようになります。
なので、もしどうしても片手でIphone6SPlusを操作したい場合には、上記であげた、片手での持ち方にプラスして、バンカーリングを使用することをオススメします。

バンカーリングはどこで手に入るの?

バンカーリングは今すごくメジャーになってきている商品なので、ネットでもリアルな店舗でもアクセサリー売り場においてあります。価格も2000円ぐらいなので、お得です。
色々な色や種類のものがありますので、自分の好みで選ぶようにしてください。

まとめ

以上、iPhone6sPlusの上手な持ち方のコツ3点をご紹介しましたが、いかがだったでしょうか?
サイズの大きいiPhone6SPlusは、文字や画像などはすごく見やすいですが、その分、持ち運びにくいというデメリットがあります。
しかし、上記であげたように、持ち方を工夫することによって、落下を防止したり、持ちやすくなったりします。
iPhone6SPlusは決して安いものではないので、万が一、落としたら大変ですからね。
今回ご紹介した方法をぜひ参考にしながら、しっかりとリスク回避してくださいね。

関連記事

iPhone6sPlusが当日欲しい人必見!即日渡せる在庫一覧
【最強の裏技】iPhone6sPlusを安く手に入れる3つの方法
ビックカメラは在庫の取り置き3日間。iPhone6sPlus店舗受けとり

スマホの乗り換えで失敗する人の共通点

「機種変更してみたら、思ったより料金が高かった…。」なんてことありませんか?

いま、ショップの店頭で有料オプションや有料コンテンツに加入させらて、結局損をしてしまう人が続出しています。

スマホを乗り換えるときには『おとくケータイ 』などのオンラインショップを利用してください。

どんなショップよりも、賢くおとくに乗り換える方法です。
iPhone7も実質0円になり、学割などのキャンペーンや限定割引など、今月が一年の中でもっともおとくな時期です。


→ おとくケータイで乗り換えキャッシュバックをもらう (電話がおすすめ!)
→ SMARTPHONE STOREでキャッシュバックをもらう
→ソフトバンクはこちら
→ドコモはこちら
→auはこちら

-au, iPhone6s Plus, ソフトバンク, ドコモ

Copyright© app note , 2018 All Rights Reserved.