iPhone7を予約!SoftBank/ドコモ/au 徹底比較!どこが一番お得なの?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

スマホを乗り換えるなら!

機種変更でこんな失敗をしていませんか?
・有料オプションを契約させられ料金が高くなった。。。
・待ち時間や契約時間が長くて、半日かかってしまった。。。
・キャンペーンや割引がきちんと適用されていなかった。。。

スマホを乗り換えるときには『おとくケータイ』などのオンラインショップを利用してください。

損することなく、どこよりも賢くおとくに乗り換えられます。
学割や限定キャンペーンなど、今月が最もおとくな時期です。

→ おとくケータイで乗り換えキャッシュバックをもらう
→ソフトバンクはこちら
→ドコモはこちら
→auはこちら

「iPhone7を予約!SoftBank/ドコモ/au 徹底比較」ではiPhone7の発表日以降、順次最新情報を追加していきます。

期待してお待ちください。

 

最近、新型iPhnoneの情報が多く出回っています。
3月に液晶画面のサイズが4インチの新型iPhoneが登場するとの噂が現実を帯びてきておりネーミングはiPhoneSEになるという見方が最も有力です。

また、今年の秋には新型のiPhone7が発売になるとの噂もあります。
現時点では数多くのリーク情報などが出ておりiPhoneユーザーにとってはとても気になりますね。

現時点でiPhone6sの購入を検討している方もいらっしゃるかと思いますが、新型iPhoneの動向を見てから決めるのも一つの手です。
ここでは、現在確認できているiPhone7の情報を基に魅力的な機能などをピックアップしてお届けしていますので、現モデルの購入をしようか新型の発売を待とうか検討中の方は是非とも参考にしていただけたらと思います。

iPhone7の予想の前に

今年の3月に発売される機種がiPhone7になるのではないかとの情報も一時飛び交っており、液晶画面が4インチとなるiPhoneSEと混同されることもあるためiPhoneSEの現在出回っている情報をもとにまとめておきたいと思います。

iPhoneSEとは

液晶画面のサイズが4.7インチと5.5インチの2モデル展開となったiPhone6ですが、これまでのモデルに比較し、大幅に液晶画面のサイズが大型化したこともありこれまでで最も売れたiPhoneであるとも言われています。

それだけ液晶画面の大きなモデルは需要があるということも事実ですが、中には片手で操作することが容易である液晶画面のサイズが4インチのiPhone5sを好んで利用しているユーザーもいます。
そのため、現在でもiPhone5sはAppleや携帯電話キャリアでもラインナップに加えられています。

現在のiPhone5sのニーズを汲んでかiPhoneSEの液晶画面のサイズは4インチ、性能面でみるとCPUにはiPhone6sと同じA9チップを搭載したハイスペックになると予想されています。

iPhone5sのような廉価モデルではないようです。デザイン的にもiPhone6sの丸みを帯びたものではなくどちらかというとiPhone5sのようなエッジの効いたデザインになりそうです。

iPhone7予想 ホームボタンがなくなる?

そしてここからが今年の秋ごろに発売されるであろうiPhone7の情報になります。

iPhoneシリーズはこれまで物理ボタンはホームボタンと電源ボタン、そしてボリュームボタンという構成が貫かれてきました。

ホームボタンはスリープの解除やアプリの切り替え、アプリの終了など使用頻度が高いため、長い間使用していると利きが悪くなったり、全く反応しなくなったりしてしまうことがあります。
そのホームボタンがiPhone7では廃止されるのではないかとの噂があります。

ホームボタンの位置はそのままにタッチセンサーに変更されるのか、全面液晶になり液晶画面の中に埋め込まれるのかは定かではありませんが、タッチ式のホームボタンになる可能性は高そうです。
もし、これが実現するとホームボタンの不具合を心配することなく使うことができそうですね。

06-m

iPhone7予想 iSightカメラが更に進化?

現行モデルのiPhone6sのメインカメラは1,200万画素とこれまでの800万画素から飛躍的に画質が向上しました。このカメラが次期モデルiPhone7では更に性能が向上しそうです。

カメラレンズが2つになる事で光量も2倍となるため薄暗い場所での撮影もより優れたものになると予想されます。
また、2つのレンズの画像を内部処理する事で単体レンズより高精細な画質を実現できるため2000万画素クラスの画質になるかもしれません。

iPhone7予想 イヤホンジャックがなくなる?

これまでのiPhoneシリーズには3.5mmのイヤホンジャックが付いており、リモコン機能付きのイヤホンが付属していました。
これが次期モデルiPhone7ではイヤホンジャックがなくなるのではないかとのうわさを多数確認できます。

もしiPhone筐体を今以上に薄型化しようとすると3.5mmのイヤホンジャックはかなりネックになってきます。
Appleならイヤホンジャックもバッサリと廃止にしてくれそうですね。
では音楽などを聴きたい時はどうするかという事になりますが、Lightningケーブルで接続するタイプのイヤホンが付属になるのではないかとの見方が有力です。

また、Appleがヘッドホンなどのオーディオ周辺機器で人気のbeatsを買収して以来Appleオンラインストアでbeatsのヘッドホンなどの販売をしてきましたが、もしかすると、beats製のBluetoothイヤホンが純正イヤホンになるかもしれません。

もし、beats製のBluetoothイヤホンが純正になったら、音質も期待できますし、音楽を聞く時も通話をする時もワイヤレスでできるため、よりスマートな使い方ができそうですね。

iPhone7予想 お風呂に持ち込めるか?

iPhoneシリーズでは以前から防水対応するのではないかとの噂が出ているもののなかなか実現されずにきました。
画面の大きくなったiPhoneは料理をする際にレシピを表示させて台所で利用するなど水回りでの利用頻度も高くなってきます。

また、お風呂につかりながら読書や動画の視聴ができたらいいなと思っているユーザーも多数いるのではないでしょうか。
Appleは既に防水機能についての特許を取得しているという情報も出ているため、いよいよ次期iPhone7では待望の防水機能が搭載されるかもしれません。

11-01

iPhone7予想 3モデル展開になる?

iPhone6以降、液晶画面のサイズの違いにより4.7インチの液晶画面を搭載したモデルと5.5インチの液晶画面を搭載した「Plus」モデルの2モデルで展開しています。

今年の3月に発売が予想されている4インチの液晶画面を搭載したiPhoneSEが、iPhone7では4インチモデルとしてラインナップに追加されそうです。

そのため、同じ性能を持ったiPhone7を使い勝手に合わせてサイズを選択することができそうです。
4インチの携帯性や片手操作の快適性を求めて旧モデルを使い続けてきた方にとっては嬉しい展開となりそうですね。

iPhone7予想 今よりもコンパクトになる?

イヤホンジャックの廃止により薄型化が図られるばかりではなく、次期iPhone7では液晶画面の左右の額縁部分が限りなくゼロになるものと見られています。
また、ホームボタンを液晶画面に埋め込まれることが実現した場合にはほぼ全面液晶が実現する可能性が高くなってきます。

そのため現在のiPhone6sと同じ液晶画面のサイズでモデル展開をしたとしても左右のサイズで数ミリ、縦方向では10ミリ以上もコンパクトになる可能性も出てきます。
このことを考えると現在のiPhone6sPlusの5.5インチを超える大画面モデルの追加という可能性も出てくるかもしれませんね。

まとめ

ここまで今年の秋ごろに発売が予想されているiPhone7の魅力的な情報5つを紹介してきましたがいかがでしょうか。

どれも現実味があり実現して欲しいものばかりですね。早ければあと半年ほどでPhone7が発売になる可能性も高く、現在使っているiPhoneの機種変更などを検討中の方にとっては現行モデルのiPhone6sにするかあと半年ほど我慢するのか迷うところですね。

直近では3月にiPhoneSEが発売になるということは可能性的にかなり高いため、まずはこのiPhoneSEの状況を見てから次をどうするかを検討してみてもよいかもしれません。

iPhoneの購入時期を検討中の方はここで紹介した内容を参考にしながら思う存分迷っていただけたらと思います。

タイトル画像: http://goo.gl/yXZDhr

関連記事

みんな待ってるiPhone7!発売時期など5点を独自予想
最新のiPhone7は秋に発売か?既存のiPhoneと何が違うのか
1分読めば分かる!新作iPhone6sのスペックはこれだ!

 

<<次ページに続きます>>

スマホを乗り換えるなら!

機種変更でこんな失敗をしていませんか?
・有料オプションを契約させられ料金が高くなった。。。
・待ち時間や契約時間が長くて、半日かかってしまった。。。
・キャンペーンや割引がきちんと適用されていなかった。。。

スマホを乗り換えるときには『おとくケータイ』などのオンラインショップを利用してください。

損することなく、どこよりも賢くおとくに乗り換えられます。
学割や限定キャンペーンなど、今月が最もおとくな時期です。

スマホの機種変更が変わる!スマホを自宅で受け取るだけで、 スマホが安くなる「自宅乗り換え」がいまスゴい!』も参考にしてください。

→ おとくケータイで乗り換えキャッシュバックをもらう
→ソフトバンクはこちら
→ドコモはこちら
→auはこちら

お得に携帯を乗り換える!キャッシュバック比較表を紹介

1. 今の携帯キャリアそのままで機種変更することは、機種代金・月額料金・キャッシュバックなどあらゆる面でをします!
2. au・ドコモからソフトバンクのように電話番号そのままで乗り換えることで、機種代金もお得に、毎月安く使うことが可能です。
3.特に、下記で紹介するようなスマホルームやおとくケータイのように店舗費のかからないWeb販売店を利用することで数万円の現金キャッシュバックを貰えます。

おとくケータイ

評価

★★★

キャッシュバック

20,000円〜30,000円

特徴

  • 高額キャッシュバック
  • 全国に店舗あり

デメリット

  • 実際のデモ機を触れない

SoftBank Online Shop

評価

★★☆

キャッシュバック

0円〜10,000円

特徴

  • 直営のため入荷が早い
  • 店頭の待ち時間が無い

デメリット

  • MNPでもキャッシュバックが少ない

docomo Online Shop

評価

★★☆

キャッシュバック

0円〜10,000円

特徴

  • 直営のため入荷が早い
  • 店頭の待ち時間が無い

デメリット

  • MNPでもキャッシュバックが少ない

au Online Shop

評価

★★☆

キャッシュバック

0円〜12,000円

特徴

  • 直営のため入荷が早い
  • わかりやすい料金シミュレーション

デメリット

  • MNPでもキャッシュバックが少ない
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket