app note(アップノート)はiPhoneをもっと楽しくするための情報を提案します!

app note

スマホ スマホの機種変更 新着 機種変更

スマホの寿命と機種変更のタイミングって一体どのくらい?

投稿日:2017年2月11日 更新日:

スマホの寿命と機種変更のタイミングって一体どのくらい?
今や多くの人が愛用しているスマホ。また番号を変えずにキャリアを乗り換えることも可能になり、新機種が発表されるたびに目移りしてしまう人もいるのではないでしょうか。

しかしスマホは、乗り換えを防止することを目的とした契約条件として、2年間使用し続けることとなっているプランがほとんどです。同じスマホを2年間も、使いつづけることは出来るのでしょうか。電池の劣化を防止することが出来るのでしょうか。スマホを変える最適なタイミングとはいつなのでしょうか。
Internet Addiction

スマホを乗り換えるなら!


機種変更では、このような失敗をする方がとても多いです。
  • 有料オプションを契約させられ料金が高くなった。。
  • 待ち時間や契約時間が長くて、半日かかってしまった。。
  • キャンペーンや割引がきちんと適用されていなかった。。
スマホを乗り換えるときには、
→ おとくケータイで乗り換えキャッシュバックをもらう
→ SMARTPHONE STORE
で乗り換えをするとキャッシュバックがもらえます。

スマホの機種変更するときは、
→ソフトバンクはこちら
→ドコモはこちら
→auはこちら
キャリア公式オンラインショップがおすすめです。学割や限定キャンペーンなどがもっとももおとくな時期です。

1.実は2年契約は機種変更に適した期間

日本で高いシェア率を誇るiPhoneシリーズ。最初にiPhoneを発売したソフトバンク、続いてauさらにはdocomoと主要キャリア全てから発売が開始されました。番号を変えることなくキャリアの乗り換えも可能になり、キャッシュバックなどの特典も手伝って乗り換えをする人が増えてきました。
キャリアもユーザーを獲得する事が大切です。ユーザーが離れてしまわないように、さまざまな工夫を行っています。2年縛りという言葉が出来たように、多くのプランは2年間加入する事が条件となっています。2年以内に解約すると違約金が発生するスマホのプランが多く見られるようになりました。
しかし機種変更をする上でも、2年という期間は適していると言えるのです。通説ではバッテリーの寿命は約2年持つと言われています。正しくバッテリーを使い、端末に無駄な負担を掛けないようにすることで、2年間使う事が可能です。2年間プランの更新とともに、機種変を行うのはタイミング的にも合っていると言えるようです。

2.同じスマホを2年間使うために気を付けること

機種変更をせずに2年間使用するためには、バッテリーを正しく使用する必要があります。過剰なバッテリーへの負担は急速な劣化に繋がります。結果として電池の消耗が早くなり、2年を待つことなく機種変更やバッテリーの交換を強いられることになるかもしれません。劣化を防ぐために気を付ける点をご紹介します。
http://goo.gl/FPvIME

3.充電の積み重ねが負担を掛ける

スマホに搭載されているバッテリーの種類は、リチウムイオンバッテリーというものです。放充電を繰り返す事で満充電時の性能が低下していくという特性を持っています。すぐにバッテリーが劣化するわけではなく、徐々に劣化が進みます。まず気を付けたいのは、バッテリーが減っていない状態で過度に充電をすることです。またバッテリーレベルが0%になっているのに充電をせずに放置することや、100%になっているにも関わらずいつまでも充電し続けることもバッテリーの劣化に繋がります。
寝る前に充電を開始して、朝起きた時に100%の状態になっているのは、細かい充電を繰り返し100%を保っている状態です。寝てる間に1回の充電をして維持している状態ではありません。こういった行為も、劣化を早めてしまうので注意が必要です。約40%程度になった際に充電をし、80%程度で充電をやめることがリチウムイオンバッテリーに適した充電方法と言われています。

4.充電中の操作は控える

過度な充電を避けることが良いように、充電中のスマホの操作も避けることは、バッテリーの劣化を防ぐ上で大変有効な手段です。充電をしながら操作をすると、いつまでも充電が満タンにならず細かい充電を繰り返すことにつながります。さらに端末本体が熱を持ってしまうため、バッテリーの劣化を早めることになります。

5.寿命を感じる不具合

バッテリーが劣化すると、「そろそろ寿命だな」と感じる人が多いと思います。電源が突然落ちたり、電池の残量表示が不安定になることもバッテリーの劣化が原因だと考えられます。こういった現象は、一度電源を切り、再起動することで改善される場合もあります。
またバッテリーを交換することで、新品のころように使う事も出来ます。バッテリーがまだ劣化していなくても、他の機能に不具合や不満が出てくると寿命を感じることがあります。最新のアプリに対応できていなかったり、OSの更新が出来なくなることも、寿命を感じる一因ではないでしょうか。端末やOSと共に、アプリも進化していくのです。
故障などの際にも、寿命を感じるのではないかと思います。長く使っていることにより反応しなくなったボタンやタッチパネル、水没による故障も寿命だと思う瞬間ではないでしょうか。水没による故障が発生しても、機種変更して間もないスマホであれば、まだまだ使いたいと思われるとことでしょう。そういったときにはキャリアに確認し、修理をして治るのか問い合わせてみるのが良いと思います。
http://goo.gl/FPvIME

6.買い替えの理由の多くはバッテリーに関すること

スマホを買い換える方の多くが、バッテリーに関する理由で機種変更を行っているように思います。バッテリーに限界を感じるタイミングが、スマホの機種変のタイミングかもしれません。1日バッテリーが持たなくなったり、充電をしている間に以上な熱を持ってしまうこともあるようです。バッテリーが劣化すると、充電にも時間が掛かってしまうようになります。バッテリーを交換することも可能ですが、2年間使っているなどの条件や契約更新月のタイミングが合えば、機種変更をして新しいスマホを使うのも良いのではないでしょうか。
次に機種変更を検討する方が多いのは、アプリへの対応に関することです。スマホは大切に使えば、4年から5年持つとも言われています。しかしスマホはOSのアップデートを繰り返すので、それに合わせてアプリもアップデートしていきます。現在使用中のスマホでは、そのアップデートに対応しきれなくなってしまうこともあります。使いたいアプリのバージョンにスマホのOSが追い付けなくなり、機種変更に踏み切る方も多いようです。
そういった種々の条件を加味すると、やはり機種変更のタイミングは2年頃が適しているようです。プランも2年が条件となっていますし、分割支払いの機種代金も2年間で分割して支払っているからです。機種変更しても、機種代金もの残額の支払いや、違約金が発生しないように2年間使うのことは非常に大きなポイントです。最後まで不具合なく使うためにも、バッテリーの劣化を防ぐような工夫をしましょう。
機種変更して新しいスマホを手に入れれば、大切に使いたくなりますよね。最初に手にした時の気持ちのまま、いつまでもスマホを大切に使い劣化を防止できるのが一番満足度の高い使い方ではないでしょうか。
※タイトル画像:http://goo.gl/z985xg

関連記事

そろそろ時代遅れ?iPhone5からiPhone6に機種変更しよう!
機種変更をする方必見!ソフトバンクの下取りサービスまとめ
機種変更で後悔しない!iphone6の知っておくべき6つの特徴
【徹底解説】スマホの機種変更で知っておきたいメリット・デメリット
iPhone6機種変更する時オンラインが選ばれている3つの理由

スマホの乗り換えで失敗する人の共通点

「機種変更してみたら、思ったより料金が高かった…。」なんてことありませんか?

いま、ショップの店頭で有料オプションや有料コンテンツに加入させらて、結局損をしてしまう人が続出しています。

スマホを乗り換えるときには『おとくケータイ 』などのオンラインショップを利用してください。

どんなショップよりも、賢くおとくに乗り換える方法です。
iPhone7も実質0円になり、学割などのキャンペーンや限定割引など、今月が一年の中でもっともおとくな時期です。


→ おとくケータイで乗り換えキャッシュバックをもらう (電話がおすすめ!)
→ SMARTPHONE STOREでキャッシュバックをもらう
→ソフトバンクはこちら
→ドコモはこちら
→auはこちら

-スマホ, スマホの機種変更, 新着, 機種変更

Copyright© app note , 2018 All Rights Reserved.