app note(アップノート)はiPhoneをもっと楽しくするための情報を提案します!

app note

MNP スマ放題 新着

3キャリアの携帯料金を比較!新規契約やmnpを考えている人必見

投稿日:2017年4月1日 更新日:

携帯の料金、通信料は毎月どれくらい払っているのか、把握していますか?平均して6,500円から8,000円程度だそうです。この記事では大手3キャリアの携帯料金を比較してみたいと思います。

SIMフリーが施行されることになり、キャリア3社では新規契約やMNPでの乗り換えを考えているユーザー向けに、キャンペーンを行っています。新規契約やMNPを考えている方必見の、キャリア3社のキャンペーンについてもご紹介します。
http://goo.gl/7JUnbO

スマホを乗り換えるなら!


機種変更では、このような失敗をする方がとても多いです。
  • 有料オプションを契約させられ料金が高くなった。。
  • 待ち時間や契約時間が長くて、半日かかってしまった。。
  • キャンペーンや割引がきちんと適用されていなかった。。
スマホを乗り換えるときには、
→ おとくケータイで乗り換えキャッシュバックをもらう
→ SMARTPHONE STORE
で乗り換えをするとキャッシュバックがもらえます。

スマホの機種変更するときは、
→ソフトバンクはこちら
→ドコモはこちら
→auはこちら
キャリア公式オンラインショップがおすすめです。学割や限定キャンペーンなどがもっとももおとくな時期です。

1.基本料金プランがかけ放題になった理由

各社の基本料金プランは、従来の従量制の通話料金プランから電話かけ放題のプランに全て刷新されました。その原因は、爆発的なスマホの普及にあります。キャリアが提供している電話サービス以外の、無料通話サービスが台頭してきたからです。今ではLINEやSkype、Viberといったメッセンジャーアプリのほとんどに、通話機能が備えられています。
その結果、キャリアが今まで大きな利益を産んできた「通話料金」という領域で、勝負ができなくなってしまいました。頼りにしてきた収益体系が崩れてしまったということです。このままでは定額制で決まった金額しか取れないパケット通信の設備増強費用に、その収益を圧迫されてしまいます。
ここで全キャリア共に、通話をしてもしなくても決まった金額を、毎月固定で支払ってもらえる電話かけ放題というサービスの提供を開始しました。そしてその代わりに、パケット通信量が従量制になりました。現在提供されている便利なサービスは、全てパケット通信が必要ですので、それも当たり前の推移かもしれません。

2.各社の電話かけ放題プラン

ここでは各社が提供する、スマホとガラケーの電話かけ放題プランの月額についてご紹介します。プラン名は以下の通りです。

  • スマホの電話かけ放題プラン
    • ドコモのプラン名:カケホーダイ(2年契約)
    • ソフトバンクのプラン名:スマ放題 (2年契約)
    • auのプラン名:カケホ (+誰でも割)
ドコモ ソフトバンク au
旧基本料金 743円 934円 934円
新基本料金 2,700円 2,700円 2,700円

電話をよく使う人が新料金プランに加入すると、通話料が2,700円以上になることはないので安心です。新料金プランの基本料金設定は、各社2,700円と足並みをそろえています。次はガラケーの料金についてご紹介します。
https://goo.gl/WYZDBj

  • ガラケーの電話かけ放題プラン
    • ドコモのプラン名:カケホーダイ(ケータイ)(2年契約)
    • ソフトバンクのプラン名:スマ放題(ケータイ)(2年契約)
    • auのプラン名:カケホ(3Gケータイ・データ付) (+誰でも割)
ドコモ ソフトバンク au
旧基本料金 934円 934円 934円
新基本料金 2,200円 2,200円 2,200円
パケット定額 3,500円/月? 3,500円
データ定額パック
3,500円
データ付プラン

ガラケー向けの新料金プランでも、足並みを揃えています。ガラケーでは通話しかしないという人、頻繁に電話をする人にはとてもお得な料金プランです。いくら電話しても(キャリアに関係なく)2,200円は安いでしょう。電話しか使わないのなら、パケット通信サービスに加入の必要があるかないか、検討してみると良いのではないかと思います。

3.各社の新しいパケット通信のプラン

それでは新しい主戦場になった、パケット通信プランについて、各社のプランを比較してみたいと思います。

3-1.ドコモ

ドコモの新料金プランで、『カケホーダイ&パケあえる』では、いくつかのパターンがあり各々違います。例えば家族みんなで別々に契約・支払っていたパケット料金を、みんなまとめてパケットを買って分けあう。このプランでは、家族全員をまとめてしまうことで、パケット代を大きく節約できます。以下はパケット通信プランを加味して、ドコモのスマホのプランをまとめたものになります。

  • カケホーダイプラン:2,700円
  • spモード:300円

これにデータ定額パックが容量に応じて選択できるようになっています。

  • データSパック(小容量)(2GB):3,500円
  • データMパック(標準)(5GB):5,000円
  • ウルトラデータLパック(20GB):6,000円
  • ウルトラデータLLパック(30GB):8,000円
  • シェアパック5(小容量)(5GB):6,500円
  • シェアパック10(小容量)(10GB):9,500円
  • シェアパック15(標準的な)(15GB):12,500円
  • ウルトラシェアパック50(50GB):16,000円
  • ウルトラシェアパック100(100GB):25,000円

3-2.ソフトバンク

ソフトバンクの新料金プランで、『スマ放題+データ定額』でも、いくつかのパターンがあり各々違います。以下はパケット通信プランを加味して、ソフトバンクのスマホのプランをまとめたものになります。

  • スマ放題(通話し放題プラン):2,700円
  • ウェブ使用料:300円

これにデータ定額パックが容量に応じて選択できるようになっています。

  • データ定額ミニ 1GB(1GB):2,900円
  • データ定額ミニ 2GB(2GB):3,500円
  • データ定額 5GB(5GB):5,000円
  • ギガモンスターデータ定額 20GB(20GB):6,000円
  • ギガモンスターデータ定額 30GB(30GB):8,000円

機種代を含まない月額料金のみの計算で、5,900円から使う事ができます。のりかえ(MNP)の場合には月月割で機種代金以上の割引となる場合もありえます。基本的な料金構造はdocomoと同様ですが、MNPの利用で月月割の割引額が変動します。

3-3.au

auの新料金プラン、『カケホとデジラ』も、ドコモ、ソフトバンクと同様の料金体系です。6種のデータ容量から自分に合った容量を選んで、加入するというものになります。
データ容量が足りなければ追加することや、家族で分け合うことも可能です。学割と組み合わせて加入すると、さらにお得なキャンペーンもあります。以下はパケット通信プランを加味して、auのスマホのプランをまとめたものになります。

  • カケホ(通話し放題プラン):2,700円
  • LTE NET:300円

これにデータ定額パックが容量に応じて選択できるようになっています。

  • データ定額2(2GB):3,500円
  • データ定額3(3GB):4,200円
  • データ定額5(5GB):5,000円
  • データ定額8(8GB):6,700円
  • データ定額10(10GB):8,000円
  • データ定額13(13GB):9,800円
  • データ定額20(20GB):6,000円
  • データ定額30(30GB):8,000円
http://goo.gl/ME5AuM

4.新規契約や今話題のMNPは?

大手3社に加え、MVNO(SIMフリーの通信業者など)でも、新規・MNP乗り換えキャンペーンが真っ盛りという感じですよね。キャッシュバックやポイントでキックバックするなど、ユーザー獲得のため激戦になっています。下取りという形で、割り引いたりキャッシュバックするなどプランは様々です。

4-1.ドコモの場合

  • MNPのりかえ、新規の場合
    • iPhone7 Plusを購入
      月々サポートで最大55,728円オトク
      家族まとめて割で最大5,184円オトク
      iPhoneの下取りで最大30,000円オトク

    • 『ドコモの学割』は、25才以下の新規契約の人が対象で、毎月1,000円12か月間スマホの基本使用料が割引になります。
    • 『U25応援割』は、25才以下で新規または乗り換えの人へのキャンペーンです。
      26歳になるまで毎月500円スマホの基本使用料が割引になります。

4-2.ソフトバンクの場合

  • MNPのりかえ、新規の場合
    • iPhone7 Plusを購入
      月月割で最大77,040円オトク
      iPhoneの下取りで最大36,000円オトク

    • 『おうち割』は、ソフトバンクで電気とスマホとネットをまとめた人が対象で、光セット、でんきセット合わせて家族全員毎月1,725円スマホの基本使用料が割引になります。
    • 『学割モンスターU18』は、18才以下の新規契約の人が対象で、『おうち割』の割引にプラスして、19歳になるまで毎月1,000円スマホの基本使用料が割引になります。
    • 『学割モンスターU25』は、25才以下で新規または乗り換えの人へのキャンペーンです。
      26歳になるまでギガモンスタープランの月額から毎月1000円が割引になります。
http://goo.gl/sQs0HQ

4-3.auの場合

  • MNPのりかえ、新規の場合
    • iPhone7 Plusを購入
      毎月割で最大58,680円オトク
      iPhoneの下取りで最大35,640円オトク

    • 『学割天国U18』は、18才以下の新規契約の人が対象のキャンペーンです。
      『auスマートバリュー』加入で毎月1,410円、家族が新規契約でさらに1,000円基本使用料が割引になります。
    • 『学割天国U25』は、25才以下で新規または乗り換えの人へのキャンペーンです。
      26歳になるまでデータ定額20/30の月額から毎月500円が割引になります。

まとめ

各社共に春の学生需要と、家族割を見込んだキャンペーンを取り揃えています。MNPのりかえでも、MVNOからの乗り換えはできません、と小さな文字で注意書きがあったりします。いままでになかった注意書きを見ると、『変化』を感じます。これから先、各社どんなキャンペーンを打ち出してくるのか、とても楽しみなところです。
※タイトル画像:http://goo.gl/cTHqrX

関連記事

3キャリアを中心に下取り開始、iPhone下取りサービスの実態?
ソフトバンクの下取りプログラム = 2通りの申し込み方法!
大人気! ドコモギャラクシーシリーズ最新作
お悩みのあなた!SoftBankのiPhone5sの全てを解明します!
気になるiPhoneの本体価格、新規なら0円になるって本当?

スマホの乗り換えで失敗する人の共通点

「機種変更してみたら、思ったより料金が高かった…。」なんてことありませんか?

いま、ショップの店頭で有料オプションや有料コンテンツに加入させらて、結局損をしてしまう人が続出しています。

スマホを乗り換えるときには『おとくケータイ 』などのオンラインショップを利用してください。

どんなショップよりも、賢くおとくに乗り換える方法です。
iPhone7も実質0円になり、学割などのキャンペーンや限定割引など、今月が一年の中でもっともおとくな時期です。


→ おとくケータイで乗り換えキャッシュバックをもらう (電話がおすすめ!)
→ SMARTPHONE STOREでキャッシュバックをもらう
→ソフトバンクはこちら
→ドコモはこちら
→auはこちら

-MNP, スマ放題, 新着

Copyright© app note , 2018 All Rights Reserved.