驚き!こんなにお得だなんて…乗り換えるならソフトバンク!

08-m

通信キャリア大手はドコモ、au、ソフトバンクの3社ですが、それぞれに他キャリアから自社へ乗り換え転入する場合には、各キャリア共に通常の新規契約よりも有利な優遇策を用意して自社への転入を促しています。

通信キャリア3社の中でもソフトバンクは乗り換えキャンペーンに注力しており、auやドコモのユーザーがソフトバンクに乗り換えを行うと乗り換えキャンペーンの多さやキャンペーン割引のお得さに驚きを覚えるかも知れません。
ソフトバンクに乗り換えると何がどのようにお得になるのかを紹介します。
続きを読む

iPhoneに乗り換えて、ラインアカウントを引き継ぐ2つの段階

18-01

スマホユーザーの方でLINEを使われている方は多いでしょう。
LINEがスマホにインストールしてあれば、SMSは不要になりますし、メールや電話で連絡を取り合うよりも確実で楽にコミュニケーションを取ることができます。

LINEを使うようになってからスマホで通話する機会が減った人も多いでしょう。
LINEのアクティブユーザー数は2000万超とされており、常に人気スマホアプリの上位にランキングされています。

実際に電車の中や街中などでLINEを開いている人を見かけることも多く、今は使っていなくとも興味も持っている人も多いでしょう。
使うのが簡単で便利、なおかつ無料のアプリですからユーザー数が多いこともうなずけます。

便利で使い勝手のよいLINEですが、スマホの機種変更をした時にLINEアカウントを新しいスマホに引き継ぎ処理をすることを忘れてしまい、大慌てと言う事は多いようです。データが消えて困ることのないよう、機種変更の時にLINEアカウントを引き継ぐ方法をご紹介します。
続きを読む

これぞ最強!SIM+格安スマホでお得に楽しむ5つのポイント

14-02

格安SIMに格安スマホ、最近よく耳にする言葉ですが、実際に使うとなると不安を覚える人も多いと思います。

料金が安いのは理解できるし、興味もあるが、聞いたことのない通信事業者や専業の通信事業者ではないので信頼できるのか?
スマホも安いが機能は大丈夫なのか?などなど、不安や疑問が先に立って購入・使用に踏み切れない人が多いことと思います。

近年格安SIM事業者の数が増えて来たこともあって、以前よりも選択が難しくなってきたことは事実です。
しかし格安SIMは通信料金が安いことが魅力ですし、格安スマホの性能はキャリアスマホと比較すると少々劣りますが、海外メーカー製スマホなど個性的な機種が揃っており選ぶ楽しみもあります。

スマホを選ぶのが面倒な方は格安SIM事業者が自社の格安SIMと格安スマホのセット販売を行っている事業者もあるので、これを利用すれば手続きは簡単です。
続きを読む

トータル月額が鍵!スマートフォン大手3社の料金徹底比較

08-04

スマホの料金は、ドコモ、au、ソフトバンクの大手通信キャリア3社では同じようなもので、どこと契約しても料金に大差はない、と感じている人は多いでしょう。

どのキャリアの料金プランも料金体系そのものは同じで、通話料金+データ料金+インターネット使用料の合計が月々の通信料金です。
端末を分割払い契約で購入した人は、これに分割代金が加算されたものが毎月の料金になります。

この内通話料金は各キャリア共に通話し放題のパッケージで料金は3社とも同じ、インターネット使用料も3キャリアで同一料金、データ料金もデータ容量が同じであれば横並びなので、各キャリアで料金の違いなどないように見えます。

08-03

しかしキャリア間でデータパックの容量が全て同じでないとか、家族割引や学割、光回線とのセット割引など、適用される割引サービスには各キャリアで差があります。

また割引キャンペーンも終了したもの、新しく始まったものなどがあってわかりにくさが増したようにも思えます。各キャリアの現時点での料金プランをご紹介しますので、キャリアを選択する際の参考にしてみて下さい。
続きを読む

『次のiPhone』誰よりも早く手に入れる!予約時必須の3要点

03-01

iPhoneの新製品発表サイクルは2年に一回の頻度で、その間にSシリーズがやはり二年に一回の頻度で発売されますから、通常のナンバリングシリーズ(iPhone5、iPhone6)にSシリーズを加えると、毎年新製品が発売されていることになります。

今回はこれにSEが加わったため、イレギュラーなパターンとなりましたが、次のiPhone7(仮称) は今年秋の発売予定、iPhone7sは来年の発売になるものと予想されています。

そしてiPhoneの新製品が発売されるとアップストアの行列が毎回ニュースのネタとして報じられることになります。
アップルストアに販売開始日の前日から徹夜で並ぶことが最も早く確実にiPhoneの新製品を手に入れる方法なのですが、アップルストアは店舗数が限られているので、ストアに行ける人は限られています。

また徹夜をしてまで欲しくないと感じる人も多いでしょう。
毎回発売日からしばらくは品薄が続き、入手するのに一苦労するiPhoneですが、今年発売される次のiPhoneを早く、確実に入手する方法をご紹介します。
続きを読む

徹底解明!ワイモバイルスマホのいろいろ、聞いてきました

13-m

ソフトバンクのお父さん犬に対抗して猫をキャラに使ったCMやポスターが特徴的なYモバイルですが、特徴が今一つよくわからない人が多いのではないでしょうか?

前身のイーモバイルの時代はモバイルWiFiルーターがメインで特徴がわかりやすい通信事業者だったのですが、Yモバイルになってからスマホ、ガラケー、PHS、ルーターと取り扱い商品が増え、ソフトバンクとの違いもよくわからなくなった印象が強いです。

イーモバイルとウィルコムが合併してできた通信事業者ですから前身2社の取り扱い商品であったルーター、PHSまでは理解できるのですが、そこにスマホとガラケーが加わったことで難解な会社になってしまいました。

大手通信キャリア3社(ドコモ、au、ソフトバンク)との商品違いは何?料金はどう違う?と言った疑問を中心にYモバイルのスマホについてご紹介します。
続きを読む

キャリア共通!スマホで料金を節約するための基本の5設定

17-m

毎月のスマホの通信料金を高いと感じている人は多いと思います。
特にガラケーの時代から携帯電話を使用して来た人であれば、スマホになってから高くなったと感じているものと思います。

正論を言えばガラケー時代とは通信データの使用量が違うので仕方のないことなのですが、スマホを使用している人の平均通信料金は7千円弱、5割以上の人が7千円以上の通信費とのアンケート結果もあり、1万円近い通信料金の人も珍しくありません。

スマホは購入時の設定のまま使用していると通信料金は高いままですが、設定を変えたり使用方法を変えることで料金を節約することができます。

ご存じのようにスマホの通信料金は、「通話料金」+「データ使用料金」+「インターネット使用料金」+「オプション料金」+「端末分割代金」です。

このそれぞれを節約できればスマホの通信料金は安く抑える事が可能です。
高いと感じているスマホの通信料金を安くする方法をご紹介しますので、通信料金の節約を試してみましょう。
続きを読む

もっと安く!さらにお得に!MNP手数料を抑える裏ワザ5選

20-01

MNPを考えた時に気になることは、コストがいくらかかるのか?と言うことでしょう。
MNP転入でさまざまな割引メリットがあったとしても、今まで使用していたキャリアから転出する時に事務手数料が2000円、転入の時の事務手数慮が3000円、これだけで5000円がかかります。

更に二年縛りの契約期間中のMNPですと期間内解約の違約金が9500円、更に端末を二年分割で購入していた場合は、分割代金の残高が加算されますから、MNPで転入する割引メリットがなくなってしまうこともあり得ます。

MNPをする場合は転入先の各種の割引を得られることが魅力でメリットになりますから、それを上回るコストが発生してしまったら、MNPをする意味がなくなってしまいます。
余計な費用をかけずにMNPをする方法をご紹介しますので、MNPを考えている方は参考にして下さい。
続きを読む

お孫さん専用?“じぃじばぁば向け”ドコモ携帯ランキング上位3位

03-m

今ではお年寄りの方でも携帯を使うのは当たり前になって来ました。
街中でも割とご高齢の人たちが普通に携帯やスマホを使っている光景を目にすることが珍しくなくなりました。

高齢とか年寄り、と言う言葉は印象が良くないので「シニア向け携帯」と呼ばせてもらいますが、大手通信キャリア3社は各社でシニア向け携帯を商品のラインアップに入れています。

大手3キャリアの中でもドコモは他社に先駆けて「らくらくホン」シリーズを販売して来ました。
シニアの方が使う携帯と言えば「らくらくホン」と言うイメージがあります。

らくらくホンのスマホバージョンの「らくらくスマホ」も3世代目になり、シニアの方でも簡単に使えるスマホに進化をして来ました。

携帯の方が操作が楽、と思っていてスマホはわからない、と思うシニアの方は多いでしょうが、シニアの方におすすめなのはスマホの大画面です。

見やすく読みやすく、操作が簡単、これがシニア向けスマホに求められることではないでしょうか?今回はシニア層に人気のドコモの商品から3機種を選んでご紹介します。
続きを読む

びっくり…ソフトバンクからau乗り換えでそんなにお得なの?

03-04

ソフトバンクは割引キャンペーンの種類が豊富で料金的には通信キャリア大手3社の中で最もお得な印象があります。

しかし割引キャンペーンやキャッシュバックなどを得られて優遇されるのは、MNPでソフトバンクへ転入する場合で、従来からのソフトバンクユーザーが機種変更する場合には大きな割引を期待することはできません。

新機種が発売された場合や、今まで使っていた携帯が経年劣化して買い替えざるを得ない場合にはソフトバンクでの機種変更よりもMNPで他のキャリアに乗り換えてMNPの特典を受けた方がお得になります。

auの場合、MNP割引(auに乗り換え割)は廃止されてしまいましたが、その他の割引プランや下取りプラン、au独自のサービスなどもありますから、新しい携帯を購入する場合にはauへのMNP乗り換えを考えてみたらいかがでしょう?
続きを読む