app note(アップノート)はiPhoneをもっと楽しくするための情報を提案します!

app note

SIMフリー スマホ 新着

情報強者がスマホのSIMフリーを買う理由3選

投稿日:

普通日本のキャリア(ドコモ、AU、ソフトバンク)でスマホを購入して2年間の定期使用で使ったり、1活購入でスマホを買いそれぞれのキャリアで携帯電話を使用しますよね、でももう今使ってる買ったばかりのスマホが落下や水つけで壊れてしまいお金がもったいないから昔のスマホで使おうとすると今ソフトバンクのキャリアで使用してて昔のドコモの携帯にシムを入れて使おうとしたら使えません、あれなんでと思った人も多いと思いますけど購入した携帯は自分の物なのに使えない?
これおかしいじゃないのと思われてるあなた問題を知りましょう。
これからその原因を追究してみますね。

スマホを乗り換えるなら!


機種変更では、このような失敗をする方がとても多いです。
  • 有料オプションを契約させられ料金が高くなった。。
  • 待ち時間や契約時間が長くて、半日かかってしまった。。
  • キャンペーンや割引がきちんと適用されていなかった。。
スマホを乗り換えるときには、
→ おとくケータイで乗り換えキャッシュバックをもらう
で乗り換えをするとキャッシュバックがもらえます。

スマホの機種変更するときは、
→ソフトバンクはこちら
→ドコモはこちら
→auはこちら
キャリア公式オンラインショップがおすすめです。学割や限定キャンペーンなどがもっとももおとくな時期です。

キャリアの価値


なぜそもそも日本には3つの携帯会社があるのか?それは独占禁止を防ぐ貯め又価格競争をしてより消費者に低下で携帯を使ってもらう為に現在では日本にはNTTドコモ、AU,ソフトバンクがあります。
もし国内キャリアが1社しかないとしたら携帯を使いたい消費者がどうしてもそこの1社へ加入して携帯本体も購入しなけらばなくなります。携帯の基本使用量、携帯本体の価格はその1社の決めた価格えしか買えない状況がうまれてしまします。どこの国でも同じ用にキャリアは多数存在します。1番は携帯事業も商売なので1社独占は消費者にとっても国にとっても良く無い事なのです。
そこで日本の電話が出来た初めは日本電信電話株式会社(NTT)だけでした。だから今の若い方は知らないかもしれませんが一般家庭にあった黒電話はすべてNTTだったのです。その後に公衆電話BOXも普及しましたけどそれもNTT1社の会社でした、今は固定電話回線を持っていない方も多いですが昔の携帯電話が無い時代は1家に1台の家庭電話があった時代はすべてNTTでした。携帯が一般消費者にも簡単に買えるようになった時代はNTT(現在のNTTドコモ)とボーダフォン(現在のソフトバンク)とKDDI(現在のAU)が携帯キャリアとして日本市場に出てきました。
もともと電話が出来た当時から独占してきたドコモはすでに電線がありドコモの電柱も全国に立ててあったのでドコモの携帯が繋がりが良いとかアンテナが5本どこでも立ってて消費者に支持が多かったのもその理由があるためです。初めの頃は急ボーダフォンとかはドコモの電柱を使わせえて貰っていたりドコモのアンテナの横にボーダフォンのアンテナを付けたりして携帯を使ってた事もありドコモの携帯事情の方が有利でした。

現在の事情


現在までに各社独自のアンテナも全国に作り現在のソフトバンクやAUは携帯本体価格や基本料などドコモと同じ条件も出せるようになり、携帯電話普及初めの頃は携帯分野もドコモが1番人気でしたが、現在ではソフトバンクやAUなどもドコモに負けないくらい消費者の獲得を行い、現在では製品品質、電波の品質、パケット速度の安定化をしてます。
現在ではキャリアの性能差はわたしは無いと思います。
携帯が販売され始めた時とくらべ現在はパケットし放題とかあり1か月の基本料金は上がってます、前では他社への電話とか固定電話への電話料金は高く、今ではどこへかけても無料のプランもあります。
昔での消費者のキャリア選びなどは電波が良く入るキャリアや携帯の性能で選んでいました。1か月の基本料金や使用料金も考えて選びました。
キャリアの投売り状態もありました、MNPで乗り換えでキャシュバック10000円20000円30000円など、1活機種代金0円とか新しい顧客を取る為に以前は以上なキャンペーンが多きありました。これはキャリア性能差がなくなりもう売り込みはお得なキャンペーンでしか顧客を取り込め無いから格キャリアはそんな販売方法もありました。格キャリアの性能差や携帯本体の性能差、基本使用量のプランが格キャリア同じになっている状態ではなにか顧客にお徳なキャンペーンでしか顧客を確保できない時代に入ったからです。
学生割引とか家族4台以上契約でこれだけお徳になりますといったキャンペーンもキャリアの顧客確保のキャンペーンです。
現在では携帯電話の使い方も電話やメールだけじゃなくなっています。パケット通信を使いゲームしたり、必要な情報を検索したり、映画を見たり、音楽を聴く、ナビゲーションをする、会社の書類を作る、送る、会社の連絡事項を読む、すべてが携帯で行えるようになりました。
現在では昔みたいなキャシュバックキャンペーンなどは無くなっています。現在の時点ではですけど、未来は又あるかもしれません。
現在のキャリアのキャンペーンなどは携帯会社とその携帯会社のネット回線を同事加入で割引したり、U25(アンダー25歳以下の人の割引)などがあります。ドコモの例をあげると「カケホーダイ&パケあえる」と言うキャンペーンがあります。家族4人が同じドコモで加入してどこへでも携帯通話料が1定料金でかけ放題で利用するデーター量(パケット量)を10Gと契約したら家族4人で10Gを共有できるプランです。
1社が新しいキャンペーンをすれば他社も同じ用なキャンペーンをやる状態になってます。
これでは顧客獲得に難しい時代になりました。

なぜシムロックってあるのですか?


そこで書くキャリアの携帯を購入して加入して携帯を使用してます、ところがそのキャリアから他社のキャリアに乗り換えた時などに、前のキャリアの携帯に今契約してるキャリアのシムを入れて使用しようとします、ところが使えないのです、日本のドコモの携帯を外国にもっていき、その国の携帯キャリアのシムを購入して使う場合も同じです、他社のシムでは携帯本体が起動しないのです。その理由は自分の会社の携帯は他社のシムで使用できないようにロックしているのです。
このシムロックは他社に加入された顧客が自分の会社の販売した携帯本体を使用できないようにして自分の会社でしか携帯本体も使えない、自分の会社に顧客を取りもどす為などの目的でシムロックは付けられいるのです。これは日本独自の携帯会社のしてる事です、海外のキャリアで携帯にシムロックしてある国はほとんどありません。日本の携帯会社は自分の所の携帯本体を他社で使えない、顧客を自分の所でしか使えない様に携帯本体にロックをかけてるのです。購入者は不思議に思いますよね自分で購入した携帯が他の会社では使えないなんて、でも現在まで国はそれを許可してたと言う事です。
そういった顧客の不満もあり2015年からシムロック解除で携帯を販売する事に国がやっと義務づけらあれました。これでどこのキャリアで携帯本体を買っても違うキャリア又外国先でその国のシムを入れて使用するメリットができます。これは消費者にしたら大きな大きなメリットです。今までは良く海外に主張または旅行される方がわざわざシムフリーの携帯を海外で購入する事もなくなります。

まとめ

携帯事情だけじゃなくこれからも日本は国際的に成長してより良い日本人の生活をしていかないとダメだと思います。
この文章で日本での携帯の始まりからその過程の携帯事情を話してきました。
そして問題のシムロック、シムフリーの事情も理解して頂けたと思います。
先に書いた様に携帯だけじゃなく日本人のより良い仕事、生活、楽しみの為にみなさんも、
これからも日本を良くする為に疑問や改善点、発言をしていきましょう。
最後まで呼んでいただいた方ありがとうございました。
※タイトル画像:http://coc.appbank.net/?pcb

関連記事

iPhoneを安く買う!1番お得に購入する方法まとめ
高評価はiPhone6 それとも6Plus?過激口コミ・レビュー8選
【完全保存版】iPhone6の価格・料金プランを3社徹底比較!
乗り換えがオトク!? 携帯を他社から乗り換えたときのキャッシュバック
知って得するiPhone下取り情報

スマホの乗り換えで失敗する人の共通点

「機種変更してみたら、思ったより料金が高かった…。」なんてことありませんか?

いま、ショップの店頭で有料オプションや有料コンテンツに加入させらて、結局損をしてしまう人が続出しています。

スマホを乗り換えるときには『おとくケータイ 』などのオンラインショップを利用してください。

どんなショップよりも、賢くおとくに乗り換える方法です。
iPhone7も実質0円になり、学割などのキャンペーンや限定割引など、今月が一年の中でもっともおとくな時期です。


→ おとくケータイで乗り換えキャッシュバックをもらう (電話がおすすめ!)
→ソフトバンクはこちら
→ドコモはこちら
→auはこちら

-SIMフリー, スマホ, 新着

Copyright© app note , 2019 All Rights Reserved.