app note(アップノート)はiPhoneをもっと楽しくするための情報を提案します!

app note

new

無制限という甘言!格安スマホの通信量に関する2つの注意点

投稿日:

皆さんは、現在スマートフォンやフィーチャーフォン、タブレット端末をお使いになられておりますのでしょうか。
近年では、スマートフォンの普及に伴ってわれわれの携帯電話に対する考え方や使用用途、頻度などが大きく変わってきたのではないのでしょうか。
また、スマートフォンの普及に伴って話題を集めておりますのが、SIMカードや格安SIMです。
皆さんは、格安SIMというワードを耳にされたことはございますでしょうか。
便利になってきたスマートフォンではございますが、その高いスペックからスマートフォンなどのモバイル機種端末自体の価格も上がっており、毎月のご利用料金が必ずしもお得だとは正直言いがたいでしょう。


そのため、いま話題を集めております格安SIMが料金面をメインに多くのユーザーから人気を集め、ユーザー数を確実に増やしてきております。
しかし、気になるのは格安SIMというワードが、格安を謳って話題を集めておりますが、デメリットについてはあまり耳にされません。
それは、やはり大手の通信キャリアと比較しましても、まだまだユーザー数を獲得できていない背景もあり、ユーザーの声があがってこないことも要因としてあるでしょう。
そのため、今回は格安SIMの通信量に関する注意点を2つお話ししていきます。

スマホを乗り換えるなら!


機種変更では、このような失敗をする方がとても多いです。
  • 有料オプションを契約させられ料金が高くなった。。
  • 待ち時間や契約時間が長くて、半日かかってしまった。。
  • キャンペーンや割引がきちんと適用されていなかった。。
スマホを乗り換えるときには、
→ おとくケータイで乗り換えキャッシュバックをもらう
で乗り換えをするとキャッシュバックがもらえます。

スマホの機種変更するときは、
→ソフトバンクはこちら
→ドコモはこちら
→auはこちら
キャリア公式オンラインショップがおすすめです。学割や限定キャンペーンなどがもっとももおとくな時期です。

格安SIMとは?!基礎知識をつけよう!!

まず、格安SIMの通信量についての注意点をお話ししていく前に格安にとは、SIMカードとはなんなのかをご説明していきましょう。
スマートフォンが普及し始めてから、近年ではよく格安を謳ったSIMカードの販売が目に映りますが、SIMカードをご存知でない方も多いでしょう。
SIMカードとは?知っておくべき知識!
まず、SIMカードを皆さんはご存知でしょうか。
SIMカードとは、スマートフォンやフィーチャーフォン、タブレット端末などのモバイル機種端末でデータ通信や音声通話などを行うために必要なICチップカードのことを申します。
SIMカードがどのような場面において必要不可欠となるかと申しますと、3GやLTEといった電波を使ってデータ通信や音声通話を利用するには、このSIMカードがなくてはなりません。
SIMカードには電話番号など契約者情報も当然記録されておりますので利用者を特定する役割も果たしております。


また、スマートフォンなどのデータ端末で使われているSIMカードのサイズは、「標準SIM」と「マイクロSIM」、「ナノSIM」の3種類があります。
これらのSIMカードのサイズは利用する端末・機種によって異なりますので、サイズや通信規格が合えば、1枚のSIMカードを複数の端末で共有したり、1つの端末で複数のSIMカードを差し替えて使うことができるのです。
ちなみに、SIMカードの「SIM」という名称の意味としましては、Subscriber Identity Moduleの略となります。
それでは、つづきましては格安SIMに迫っていきましょう。
有名通信キャリアのSIMカードと格安SIMの違い
大手の通信キャリアのSIMと格安SIMとの違いは、現在、格安SIMとして国内で流通しているSIMカードは、キャリアと呼ばれる大手携帯電話会社が提供しております。
このため、利用できるエリアはキャリアと差がないことがわかります。
通信キャリアの通信網を利用した一般消費者向けMVNO SIMサービスが日本で始まったのは、2010年に日本通信「b-mobile」となっており、人気通信キャリアであるdocomoの通信網を用いたSIM単体のパッケージ商品は市場に大きなインパクトを与えたことはもちろんのこと、現在では「格安SIM」というネームから近年話題を集めております。

格安SIMの罠とは?通信量に関する注意点をチェック!

それでは、つづきましては今回の記事のメインでもあります格安SIMの通信量における注意点をお話ししていきましょう。
格安SIMは、名前のとおり格安と謳っておりますので、料金においては大手通信キャリアと比較しますとメリットや良い点が目立ちがちです。
しかし、良い点ばかりに視点を向けていては、いざご利用になられたときにデメリットが目立つように感じてきますので、ご利用される前に早い段階で注意点もしっかりとおさえておきましょう。


PART1!注意すべき格安SIMの通信量とは?
まず、一つ目の格安SIMの通信量の注意点についてお話しをします。
一つ目にあげる注意点は、格安SIMであってもインターネットのご利用でデータ容量パックをご契約するのですが、安い料金プランを選んでいけば、毎月のデータ通信量は2GBから4GB程度でしょう。
しかし、スマートフォンなどの便利なものを利用していればありがちなことが、ついうっかり使い過ぎてしまってご契約していたデータ通信量を超えてしまうことです。
超えてしまいますと、料金が加算されるケースもございますし、料金が加算されなくても低速に入ってしまって遅くなることもあります。
そのため、ご契約時のデータ通信量には注意すべきでしょう。
格安であることは、もちろん大切なことですがご自身の利用頻度などにご契約の料金プランがあってなければ結局料金は加算により意味がなくなります。
PART2!注意すべき格安SIMの通信量とは?
つづきましては、注意すべき格安SIMの通信量2つ目をお話しいたします。
注意していただきたい格安SIMのポイントは、ご契約の料金プランにおいてデータ通信量を余った月の場合に翌月に繰り越すことができるのか、また、万が一にもデータ通信量が足りなかった月の場合に料金の自動加算によりデータ通信量が復活するのかをご契約時に十分に確認をとっておくことです。
これを確認せずに、万が一にも今月はデータ通信量を使い過ぎてしまい、料金が自動加算でのご契約であれば料金は使えば使ったデータ通信量分だけ高くなります。
必ず注意しましょう。

まとめ

皆さん、いかがでしたでしょうか。
今回は、いま話題のある格安SIMについてお話しをしてきました。
格安と謳っているだけに、確かに毎月のご利用料金は大手の通信キャリアと比較してみても安いことは一目瞭然です。
しかし、格安だからと料金にばかり目を向けていてはいけません。
スマートフォンやフィーチャーフォンなどをご利用されるうえで、音声通話やデータ通信量というのは、とても重要なことですのでどのようはことに注意すべきであるのか、デメリットはあるのかをご契約時に十分に確認をとっておきましょう。
メイン画像:?http://xmjzhj.com/?p=1236

関連記事

比較してみた!通信料金節約にはこの5社のSIMカード!
スマホの料金を節約するための通信料節約術を大紹介
人気のモデルがこの値段!?おすすめ格安スマホショップ5選

スマホの乗り換えで失敗する人の共通点

「機種変更してみたら、思ったより料金が高かった…。」なんてことありませんか?

いま、ショップの店頭で有料オプションや有料コンテンツに加入させらて、結局損をしてしまう人が続出しています。

スマホを乗り換えるときには『おとくケータイ 』などのオンラインショップを利用してください。

どんなショップよりも、賢くおとくに乗り換える方法です。
iPhone7も実質0円になり、学割などのキャンペーンや限定割引など、今月が一年の中でもっともおとくな時期です。


→ おとくケータイで乗り換えキャッシュバックをもらう (電話がおすすめ!)
→ソフトバンクはこちら
→ドコモはこちら
→auはこちら

-new

Copyright© app note , 2019 All Rights Reserved.