あなたはドコを選ぶ?格安SIMカードおすすめ4社を徹底比較

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

スマホを乗り換えるなら!

機種変更でこんな失敗をしていませんか?
・有料オプションを契約させられ料金が高くなった。。。
・待ち時間や契約時間が長くて、半日かかってしまった。。。
・キャンペーンや割引がきちんと適用されていなかった。。。

スマホを乗り換えるときには『おとくケータイ』などのオンラインショップを利用してください。

損することなく、どこよりも賢くおとくに乗り換えられます。
学割や限定キャンペーンなど、今月が最もおとくな時期です。

→ おとくケータイで乗り換えキャッシュバックをもらう
→ソフトバンクはこちら
→ドコモはこちら
→auはこちら

格安SIMにてスマホを運用することにより、スマホの月々の維持費節約に繋げることができます。

今少しずつ浸透しつつある格安SIM。
この格安SIMを販売している中でも、おすすめ4社の人気SIMカードを比較してみました。

スマホの維持費を安くしたい人はもちろんのこと、これからスマホの購入や機種変更を考える人なども、是非一つの判断基準として役立ててくださいね。

格安SIMカードとは?

格安SIMカードは、三大キャリア(AU・ソフトバンク・ドコモ)以外の会社が発行しているカードで、このカードをスマホにさすことにより通話やネットの電波を拾うことができるようになります。
ようするに、スマホを運用する上では、『大切な存在となるカード』ということになります。

国内三大キャリアは大手であることや、スマホや携帯を契約する上で主流となっていることにより、ここでの契約は安心して行なえると考えられています。
また、スマホや携帯を運用する上では、この3社でしか契約は行なえないものであると考えている人もいることでしょう。

しかし、現在では自宅のネット回線を取り扱うプロバイダーと呼ばれる会社でも、スマホや携帯を運用するための契約が行えるようになっています。
これらの会社を通して契約を行うことにより、大変安価にスマホや携帯を運用できるようになるんです。

ちなみに回線は三大キャリアの回線を借りて運用することになるため、三大キャリアで契約を行うより品質は少し劣ってしまうと言われていますが、とくに違和感なく利用できると話す人も多いようです。

16-m

格安SIMを利用して契約を行うだけで、月々の利用料をたったの3,000円以下に固定してしまうことだってできるようになるので、通信費の節約を考えるのであれば格安SIMによりスマホや携帯の運用がおすすめです。

格安SIMカードおすすめ4社

格安SIMカードを販売している会社の中でも
・イオンモバイル
・楽天モバイル
・DMMモバイル
・BIGLOBE
上記4社の格安SIMカードがおすすめです。

ではこの4社のおすすめポイントについて簡単にご紹介していきます。

イオンモバイルのおすすめポイント

イオンでは、スマホの販売も行なっていることで、本体代金の分割費用と格安SIMの運用費用を支払っても、月々3,000円以下にできるという魅力があります。
そもそも格安SIMにてスマホを運用したいと考える場合、スマホ自体がSIMフリー端末ではなければ、実現しないケースもあるからです。

またイオンと言えば今増加し続ける商業施設を運用する会社ということもあり、安心感を高く持って契約できると考える人だっていることでしょう。
自分はネット業界に疎いと感じる人でも気軽に契約が行えるキャリア、それがイオンモバイルだと言えるかもしれません。

楽天モバイルのおすすめポイント

楽天モバイルでも、スマホの端末費用と利用料を合わせて、2,000円程度にまで下げることができると言われています。
更に楽天モバイルで購入をすることにより、人気格安スマホが他社よりも大変安価な費用で購入できるケースもあるとのことで、人気を得ているそうです。

またここで販売されている格安SIMのプランでは、音声通話機能も利用でき、更にネットも接続ができて1,250円から運用できるようになっているそうです。
また、5GBプランであっても2,000円程度で運用できるようになるとのことで、音声通話機能はつけておきたいけれど普段はネットのみの利用が多いという人には、楽天モバイルの格安SIMプランがおすすめです。

DMMモバイルのおすすめポイント

DMMモバイルは、世界最安水準に挑戦をしている会社です。
月額料440円から運用できる格安SIMを販売していることでも有名です。

しかも安価な価格設定にも関わらず、モバイルデータ通信量残は、翌月に持ち越すことができるというメリットもあります。
更にプランの数が豊富であることから、自分に合ったプランを選定しやすいキャリアであると言えるでしょう。

BIGLOBEのおすすめポイント

BIGLOBEで契約を行うことのメリットは、無料のWi-Fiスポットを利用できるという点です。
全国でなんとそのスポット数は86,000か所にも及んでいるそうですよ。
※12GBプラン契約必須

更に大容量プランを契約することにより、複数の端末でモバイルデータ通信量をシェアすることができるようになります。
家族で安価に運用ができるキャリアを選ぶなら、BIGLOBEがおすすめです。

01-m

まとめ

格安SIMカードを利用することにより、あなたの月々のスマホや携帯電話の維持費も、格段に安くすることができるのではないでしょうか?
今回は、『あなたはドコを選ぶ?格安SIMカードおすすめ4社を徹底比較』についてご紹介しました。

では今回のコラム内容について、簡単に振り返ってみましょう。

◎格安SIMカードとは?
格安SIMカードは、格安価格でスマホを維持できるようになるカードです。
電波を受信する際に必要となります。

◎格安SIMカードおすすめ4社
格安SIMカードは、下記の4つの会社がおすすめです。
・イオンモバイル
・楽天モバイル
・DMMモバイル
・BIGLOBE
ここでは簡単に、個々の会社のおすすめポイントをご紹介しています。

いかがでしたか?
格安SIMなんて言葉を聞いたことがなく、何のことかさっぱりわからないと感じる人もいるかもしれませんが、このカードを利用するメリットはかなり大きいと言えるので、是非一度この機会に知識を深めてみられると良いでしょう。

関連記事

【格安スマホ+SIMフリー】一番お得な組み合わせトップ3
安心して使うために…格安SIMで抑えておくべき注意点3つ
はじめてのSIMフリー 格安スマホ比較・おすすめ機種4選

<<次ページに続きます>>

スマホを乗り換えるなら!

機種変更でこんな失敗をしていませんか?
・有料オプションを契約させられ料金が高くなった。。。
・待ち時間や契約時間が長くて、半日かかってしまった。。。
・キャンペーンや割引がきちんと適用されていなかった。。。

スマホを乗り換えるときには『おとくケータイ』などのオンラインショップを利用してください。

損することなく、どこよりも賢くおとくに乗り換えられます。
学割や限定キャンペーンなど、今月が最もおとくな時期です。

スマホの機種変更が変わる!スマホを自宅で受け取るだけで、 スマホが安くなる「自宅乗り換え」がいまスゴい!』も参考にしてください。

→ おとくケータイで乗り換えキャッシュバックをもらう
→ソフトバンクはこちら
→ドコモはこちら
→auはこちら

お得に携帯を乗り換える!キャッシュバック比較表を紹介

1. 今の携帯キャリアそのままで機種変更することは、機種代金・月額料金・キャッシュバックなどあらゆる面でをします!
2. au・ドコモからソフトバンクのように電話番号そのままで乗り換えることで、機種代金もお得に、毎月安く使うことが可能です。
3.特に、下記で紹介するようなスマホルームやおとくケータイのように店舗費のかからないWeb販売店を利用することで数万円の現金キャッシュバックを貰えます。

おとくケータイ

評価

★★★

キャッシュバック

20,000円〜30,000円

特徴

  • 高額キャッシュバック
  • 全国に店舗あり

デメリット

  • 実際のデモ機を触れない

SoftBank Online Shop

評価

★★☆

キャッシュバック

0円〜10,000円

特徴

  • 直営のため入荷が早い
  • 店頭の待ち時間が無い

デメリット

  • MNPでもキャッシュバックが少ない

docomo Online Shop

評価

★★☆

キャッシュバック

0円〜10,000円

特徴

  • 直営のため入荷が早い
  • 店頭の待ち時間が無い

デメリット

  • MNPでもキャッシュバックが少ない

au Online Shop

評価

★★☆

キャッシュバック

0円〜12,000円

特徴

  • 直営のため入荷が早い
  • わかりやすい料金シミュレーション

デメリット

  • MNPでもキャッシュバックが少ない
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket