app note(アップノート)はiPhoneをもっと楽しくするための情報を提案します!

app note

MNP MNPキャッシュバック MNPキャンペーン スマ放題 ソフトバンク 新着

softbankから乗り換え!MNP前に済ませておきたい3つのこと

投稿日:

番号を変えること無く、キャリアの乗り換えが可能なサービスMNP。MNPを活用して、乗り換えをする人が増えてきています。MNPで契約する方が、よりお得になるキャンペーンが豊富な点も要因だと思います。
しかしMNPをすれば、今まで使っていたキャリアと違いがあります。MNPをする前に、やっておくべき事はないのでしょうか。スマートフォンそのものも変わるので、気をつけるべきポイントは何かあるのでしょうか。

スマホを乗り換えるなら!


機種変更では、このような失敗をする方がとても多いです。
  • 有料オプションを契約させられ料金が高くなった。。
  • 待ち時間や契約時間が長くて、半日かかってしまった。。
  • キャンペーンや割引がきちんと適用されていなかった。。
スマホを乗り換えるときには、
→ おとくケータイで乗り換えキャッシュバックをもらう
→ SMARTPHONE STORE
で乗り換えをするとキャッシュバックがもらえます。

スマホの機種変更するときは、
→ソフトバンクはこちら
→ドコモはこちら
→auはこちら
キャリア公式オンラインショップがおすすめです。学割や限定キャンペーンなどがもっとももおとくな時期です。

費用を知っておく

SoftBankから他のキャリアにMNPを使って乗り換えをする場合、必ず必要な手数料があります。まずは、SoftBankにMNP転出手数料として3,000円が必要です。同一の番号を使うために、今使っている携帯番号をSoftBankから転出しなければいけません。
次に新しく契約するキャリアに、事務手数料として3,000円が必要です。合計で6,000円の手数料は、MNPをする場合必ず必要なので注意しておきましょう。
また最も注意したいのは、解約金です。SoftBankのホワイトプランやスマ放題。これらのプランに加入する条件として2年間使うというものがあります。2年間の間にMNPをする場合は、解約金が必要となってきます。契約を更新するタイミングで解約をしなければ、解約金は9,500円も掛かってしまうのです。
これは、My Soft Bankから自分で確認をする事が出来ます。ログインした後に、料金プランの確認をします。料金プランのところに、更新月が書かれています。もし更新月が記入されていない場合は、2年間のプランではない可能性があります。
注意しておきたいのは、2年を過ぎればいつ解約しても大丈夫という訳ではないことです。2年以上使っていれば、また2年間の料金プランになるので注意しておきましょう。
さらには、2年以内に解約をすると端末料金の支払いが残っている可能性があります。2年間の料金プランに併せて、SoftBankのスマートフォンそのものの値段も分割で支払いをしている場合が多いです。この際に支払いをしている金額は、購入した際のキャンペーンなどで割引きされた金額です。
もし2年以内に解約した場合、割引きされていない金額の残高を一括で支払わなければならない可能性もあります。SoftBankのスマートフォンを購入してすぐにMNPをする場合、たくさんの金額が発生する可能性があります。
2年縛りという言葉が生まれてしまう事も納得だと思います。SoftBankからMNPをする際に、一番手数料が掛からないのは契約更新月の1ヶ月という事です。出来るだけ費用を抑えたいのであれば、この1ヶ月が狙い目です。

データの移行をする準備

SoftBankにはS!電話帳バックアップサービスというものがあります。スマートフォンはどういったトラブルに巻き込まれるか分かりません。突然の水没や紛失、故障の際にこのサービスを活用すると電話帳などを再び読み込むことが出来ます。しかしMNPをするのであればSoftBankのサービスをもう活用する事はできません。自分でバックアップを取っておいて、MNPで購入した新しいスマートフォンにデータの移行をしなければいけません。
今使っているのがSoftBankのiPhoneの場合は、パソコンがあればiTunesを使ってデータのバックアップが行えます。パソコンを持っていない場合も、iCloudでバックアップを行えます。フリーのWi-Fiスポットで、気軽に行えます。
アンドロイドの場合は、SDカードやGoogleアカウントを使ってバックアップを行う事が出来ます。またJSバックアップアプリを活用すると、アプリや電話帳をもっと気軽にバックアップをする事が出来ます。
MNPをする前に、SoftBankのスマートフォンの電話帳などのデータをバックアップしておきましょう。その後、新しいスマートフォンでデータを読み込めばすぐに使う事が出来ると思います。
またスマートフォンは何もしていないような気がしても、いつのまにデータが消えていた経験がある人も少なくないと思います。日頃からバックアップを行う習慣があれば、MNPの際はもちろんいざという時も安心です。

アプリや有料コンテンツの管理

今や多くの人が使っているLINE。MNPをしても電話番号が元になっているので、使う事が出来ます。しかしSoftBankで使っていた際の情報を引き継ぐためには、きちんとアドレスやパスワードなどを入力しておく必要があります。まだMNPの手続きを始める前に、SoftBankの回線が使えるうちに行っておく事が大切です。他にもまたインストールするであろうアプリは、引き継げるように準備をしておく事も大切です。
アプリの引継ぎなどの際には、パスワードが必要な場合が多いと思います。パスワードは忘れてしまわないように注意しておきましょう。
また、SoftBankの有料コンテンツに入っている場合は解約する事も忘れないようにしましょう。有料コンテンツの支払いを携帯料金と別にしカードなどで支払いをしている人もいるのでは。いつまでも使っていないものの支払いをしなければいけない可能性もあります。有料コンテンツは、MNPの手続き前に解約をしておきましょう。
SoftBankから他社へ乗り換える際には、今まで使っていた端末を下取りしてくれるサービスもあります。こうしたサービスを使う際には、スマートフォンを初期化しなければいけません。初期化するとデータが消えてしまいます。もちろん持ち帰って郵送などでの下取りも出来ますが、出来るだけ手間を省くためにもMNP前のバックアップは必須です。
データの引継ぎを行う際には、しばらく連絡が取れなくなる可能性もあります。仕事などで急な電話が来る可能性がある人は、MNP手続きをする旨を伝えておいたほうが安心です。MNPをお得に活用できれば嬉しいですよね。
※タイトル画像:http://goo.gl/qibzMw

関連記事

MNPキャッシュバック、実際一番お得なのはどこなのか?
乗り換えるだけでキャッシュバック?MNPキャンペーンを狙え
他社に移る時のMNPの手続きってどうすればいいの?

スマホの乗り換えで失敗する人の共通点

「機種変更してみたら、思ったより料金が高かった…。」なんてことありませんか?

いま、ショップの店頭で有料オプションや有料コンテンツに加入させらて、結局損をしてしまう人が続出しています。

スマホを乗り換えるときには『おとくケータイ 』などのオンラインショップを利用してください。

どんなショップよりも、賢くおとくに乗り換える方法です。
iPhone7も実質0円になり、学割などのキャンペーンや限定割引など、今月が一年の中でもっともおとくな時期です。


→ おとくケータイで乗り換えキャッシュバックをもらう (電話がおすすめ!)
→ SMARTPHONE STOREでキャッシュバックをもらう
→ソフトバンクはこちら
→ドコモはこちら
→auはこちら

-MNP, MNPキャッシュバック, MNPキャンペーン, スマ放題, ソフトバンク, 新着

Copyright© app note , 2018 All Rights Reserved.