app note(アップノート)はiPhoneをもっと楽しくするための情報を提案します!

app note

iPhone ソフトバンク 新着

SoftBankのiPhone6を買う前に!価格についてまとめ

投稿日:

インターネットでソフトバンク光が始まったこともあって、ソフトバンクへ乗り換える、そしてiphone 6にしたいという方も増えてきたかもしれません。
また、softbankは2008年からiphoneを扱っていますから、iphoneファンなsoftbankユーザーとしては前機種の本体代完納前でも機種変更したかったりするでしょう。他にはiphoneを故障させてしまって機種変更したいという場合もめずらしくありません。
iphoneは本体容量によって価格がちがいますから、容量を決めきってしまう前に金額を把握したいですね。本体価格もさることながら月月割によって和らいだうえでもたらされる実質負担額も大事。
増やしたり、別回線でほしい場合には新規。番号維持なら機種変更ですね。買い方でも金額が異なりますのできちんと知っておきましょう。
SoftBankのiphone 6について価格と負担、選び方をまとめてみました。

スマホを乗り換えるなら!


機種変更では、このような失敗をする方がとても多いです。
  • 有料オプションを契約させられ料金が高くなった。。
  • 待ち時間や契約時間が長くて、半日かかってしまった。。
  • キャンペーンや割引がきちんと適用されていなかった。。
スマホを乗り換えるときには、
→ おとくケータイで乗り換えキャッシュバックをもらう
で乗り換えをするとキャッシュバックがもらえます。

スマホの機種変更するときは、
→ソフトバンクはこちら
→ドコモはこちら
→auはこちら
キャリア公式オンラインショップがおすすめです。学割や限定キャンペーンなどがもっとももおとくな時期です。

iphone 6の価格と実質負担

本体の価格と実質負担料金はこちら
16GB 70080円    新規 ・・・月月割△70080円 → 実質負担0円
機種変更・・・月月割△55560円 → 実質負担14520円
64GB 83280円   新規 ・・・ 月月割△70320円 → 実質負担12960円
機種変更・・・月月割△55800円 → 実質負担27480円
128GB 94080円   新規 ・・・ 月月割△70320円 → 実質負担23760円
機種変更・・・月月割△55800円 → 実質負担38280円
見てのとおり、今回のiphone6には32GBがありません。16GB,64GB,128GBの選択肢。
16GBと64GBは13000円ほど、64GBと128GBには11000円ほどの差額ですね。
16GBでじゅうぶんな人は13000円の差がありますから64GBにする必要はありません。
でも16GBでは少々不安という人は64GBにしても悪くはないといえる気がします。本体価格の正確な差額は13200円。それを分割支払いとするなら2年間ですから、ひと月あたりは550円。16GBと64GBの差額はひと月550円とも言えます。16GBで後悔してしまいそうなら、ひと月550円と思って64GBの大容量を選んで思い切り使い倒してみてはいかがでしょうか。
64GBと128GBの本体価格差額は10800円。大量のデータ保存を考えている人はこの2択であれば、迷わず128GBでいいと思います。64GBのストレージ差が10800円で埋められるのなら高くはないと言っても良いでしょう。もちろん、64GBというのもとても広い領域です。過剰に大きな容量に手を出す必要はありません。

購入額を決める、各容量の選定

そもそも各容量はどんな選び方をすれば良いでしょうか?
単位がGBという時点で、ちょっとやそっとでは達しにくいストレージです。ただしアプリのなかには10MB単位のサイズもあったり、メールの添付物でもMBサイズのデータがあることがあります。
そこで、以下のように考えてみて、当てはまったサイズの容量を選ぶのはいかがでしょうか。
16GB
・iphoneはケータイの延長だからネット閲覧とテキストメールが多い
・主にLINEするばかり
・音楽はYouTubeで聴くからダウンロードしたり保存はあまりない
64GB
・16GBでは足りなさそう、超えたことがあった。
・ダウンロードするものが多い、音楽も多く保存する
・画像加工や描画アプリを使うことがある→作品保存が多い
128GB
・作品保存数が多い、またそのひとつひとつのサイズが重い。
・アプリはひたすらダウンロードする
・書面はやWebページはPDF化して保存
128GBが選択肢に入ってきたら、以下の選択肢も出てくるかもしれません。サイズが大きいファイルをよく使う場合、画面が大きい方がよいという結論にもなりそうですから。
iphone6 plusは5.5インチ画面。手に収まりやすくはないですが、スリムボディでポケットにも入りやすいサイズです。

iphone 6 plus

16GB 83280円    新規 ・・・月月割△70320円 → 実質負担12960円
機種変更・・・月月割△55800円 → 実質負担27480円
64GB 94080円   新規 ・・・ 月月割△70320円 → 実質負担23760円
機種変更・・・月月割△55800円 → 実質負担38280円
128GB 99360円   新規 ・・・ 月月割△64800円 → 実質負担34560円
機種変更・・・月月割△50280円 → 実質負担49080円
6 plusは持ち歩きやすいタブレットみたいな製品でもあるので、ひとによってはipad miniの代わりに使うという場合もあるでしょう。
ipad miniよりも画面を小さくするという選び方の場合は、16GBか64GBで良いかと思います。128GBが必要な使い方であればおそらく画面が大きいipadのほうが良さそうです。という理由で16GBか64GBです。そしてさらには64GBのほうが良いでしょう。画面が大きいとアプリの活用シーンが増えそうです。となるとアプリ保存数が増えます。iPadにも対応できるアプリであればアプリサイズが大きくなりますから、ストレージが大きいほうが良いのです。従って、64GBですね。
次に64GBか128GBかというところですが、つい先に述べた使い方でまだ足りなければ128GBとなります。それならこれまた先述とおり、ipadの出番でもありますが、ipadを所持するにはバッグに収めないとつらいところです。iphone 6 plusならポケットに入れて手ぶらで外出がしやすいので機動力に富んでいます。要約すると大容量が必要で大きめ画面且つコンパクトならiphone 6 plusの128GBが良いでしょう。
保存するアプリやデータの容量を気にしないけど画面が大きい方が困らないという人は迷わずplusの16GBで良いと思います。

まとめ まず二択にすること、判断に迷っても大した損ではない

16GBか64GBか、はたまた64GBか128GBかという二択にさえすれば、どちらかだけなので決めやすいでしょう。金額の高い方を選んで少し後悔することになっても、ひと月あたり数百円程度の差なので、と割り切りましょう(強気)
だんだん6よりも6plusが気になってきたら6plusの選択はじゅうぶん有効です。
※タイトル画像: http://goo.gl/lAVCOE

関連記事

なぜSoftBank? 執筆者が新しいスマホへ切り替えたわけ
今更聞けない!SoftBankのホワイトプラン徹底分析
SoftBankのiPhoneを契約すべき5つの理由
SoftBankのiPhone6を持った場合の月々の料金計算方法まとめ
こんなにお得!SoftBankにMNPで乗り換えるべきメリット6選

スマホの乗り換えで失敗する人の共通点

「機種変更してみたら、思ったより料金が高かった…。」なんてことありませんか?

いま、ショップの店頭で有料オプションや有料コンテンツに加入させらて、結局損をしてしまう人が続出しています。

スマホを乗り換えるときには『おとくケータイ 』などのオンラインショップを利用してください。

どんなショップよりも、賢くおとくに乗り換える方法です。
iPhone7も実質0円になり、学割などのキャンペーンや限定割引など、今月が一年の中でもっともおとくな時期です。


→ おとくケータイで乗り換えキャッシュバックをもらう (電話がおすすめ!)
→ソフトバンクはこちら
→ドコモはこちら
→auはこちら

-iPhone, ソフトバンク, 新着

Copyright© app note , 2019 All Rights Reserved.