app note(アップノート)はiPhoneをもっと楽しくするための情報を提案します!

app note

MNP スマ放題 ソフトバンク 新着

softbankへMNPする際に必要な手続きの流れを1分で解説する

投稿日:

番号を変える事なく、キャリアの乗り換えが可能なMNP。スマートフォンが普及している今、Gmailと同期させていたり、番号を利用したチャットアプリでコミュニケーションを取ったりと、キャリアのアドレスを使う機会は減っていると思います。番号が変わらないのであれば、MNPをしても良いと考えている人も多いのでは。
MNPで契約する人を対象としたキャンペーンも充実している今、SoftBankへMNPをする場合どういった手続きが必要なのでしょう。

スマホを乗り換えるなら!


機種変更では、このような失敗をする方がとても多いです。
  • 有料オプションを契約させられ料金が高くなった。。
  • 待ち時間や契約時間が長くて、半日かかってしまった。。
  • キャンペーンや割引がきちんと適用されていなかった。。
スマホを乗り換えるときには、
→ おとくケータイで乗り換えキャッシュバックをもらう
→ SMARTPHONE STORE
で乗り換えをするとキャッシュバックがもらえます。

スマホの機種変更するときは、
→ソフトバンクはこちら
→ドコモはこちら
→auはこちら
キャリア公式オンラインショップがおすすめです。学割や限定キャンペーンなどがもっとももおとくな時期です。

料金プランの確認をする

SoftBankへMNPをする前に、今の契約を確認しておく事が大切です。MNPをするには、タイミングが重要になります。契約更新月意外にMNPを行う場合、解約金として9,500円が発生します。
多くの契約プランが最低でも2年間使う事を条件とし、安く使えるようになっています。そのため、2年以内にMNPをするために解約すると9,500円が必要なのです。SoftBankのキャンペーンでお得になるのに、解約金が発生してしまえば意味がありません。まずは契約更新月の、解約金が発生しないタイミングを確認しておきましょう。
また2年以上使っていれば、いつ解約しても良いという訳ではないので注意が必要です。自動更新となっているので、再び2年間の契約となっています。さらにSoftBankへMNPをする契約更新月の請求は、日割り計算となる事がほとんど。月の始めにSoftBankへMNPを行った方が、よりお得になるのでは。
2年以内の解約で気を付けたいもう一つのポイントとして、スマートフォンの端末料金が考えられます。多くの場合、端末そのものの支払いも2年間の分割で、さらにキャリアの月々サポートを受けながら行っていると思います。
解約しSoftBankへMNPをする際に、端末の支払いが残っていると一括で支払いをしなければならない事も。さらにキャリアのキャンペーンなどの割引である月々サポートも受けられなくなり、支払いが高額になる場合もあるので注意しておきましょう。

有料サービスの解約をする

契約更新月を確認し、SoftBankへMNPをする際、有料のコンテンツなどに加入していないか確認をしておきましょう。最近は映画やドラマを見る事が出来るインターネットサービスも充実しています。こうした有料のコンテンツは、SoftBank向けのものに移行する場合が多いです。以前のキャリアで利用していた有料コンテンツ。MNPをする前に、解約手続きを忘れずに行いましょう。

手続きの流れと必要な手数料がある事

MNPをする際には、必ず手数料が発生します。同一の番号を引き継ぐために、MNP転出番号というものが必要になるからです。
まずMNPをする際、今まで使っていたキャリアの店舗に直接行くか電話をしてMNP転出番号を貰います。MNPを使ってSoftBankへ乗り換える事を伝えると、番号の発行をしてもらえます。その際に、MNP転出手数料として2,000円が必要です。
その後、その番号をもとにSoftBankで契約を行います。SoftBankでは新規契約事務手数料として3,000円が必要になってきます。MNP転出の手続きをする際には、必ず手数料が発生します。最後の月の請求金額、あるいは初月の請求金額に手数料はまとめられます。注意しておくと、良いのでは。

キャンペーンの内容

SoftBankへMNPを使って乗り換えをする場合、対象となるキャンペーンに「のりかえ割」があります。契約するプランに応じて、料金が割引になるお得なキャンペーンです。
SoftBankの料金プランであるスマ放題やスマ放題ライト。通話をする機会が多い人にとってお得であり、データ容量が選べるのもまた魅力です。データ容量を標準の5GBにて契約した場合、864円の割引が12か月続きます。さらにデータ容量を大容量で契約した場合は、1,836円の割引が12か月も続くのでお得です。
また通話をする機会が少ない場合、SoftBank同士の通話がお得になるホワイトプランに、パケットし放題を追加した料金プランで契約する人が多いのでは。この場合、のりかえ割を適用することでホワイトプランの基本使用料が1年間0円になるのです。
SoftBankでは、のりかえ割の他MNPをする際も下取りに対応しています。他社のスマートフォンをiPhoneだけではなく、アンドロイドも下取りしてくれる「のりかえ下取りプログラム」を活用すれば、SoftBankのスマホが下取り価格分安くなるのです。最大で27,000円もお得になるこのキャンペーン。
SoftBankへMNPをすると、今まで使っていたスマホは不要になってしまうと思います。自宅で眠らせておくよりも、下取りをしてもらいSoftBankの利用料金がお得になるのは嬉しいですよね。
下取りをする際には、初期化をするためすべてのデータが消去されます。キャリアのバックアップサービスを活用していた場合、SoftBankへMNPをすると使えなくなってしまいます。そのため、自分でバックアップをしておくことが大切です。その場でバックアップが完了していない場合は、郵送でも対応しています。
SoftBankへMNPをする際には、まず料金プランの確認をしましょう。費用がどの程度発生するのか、契約更新月がいつなのか確認しておきましょう。
その後、現在使っているキャリアにMNP転出番号を発行してもらいます。その番号をもとに、SoftBankでMNPの手続きを行います。どちらの場合も、手数料が発生します。最後の月の請求と、最初の月の請求が高額になるので注意しておきましょう。
※タイトル画像: http://goo.gl/XVQKBh

関連記事

softbankから乗り換え!MNP前に済ませておきたい3つのこと
こんなにお得!SoftBankにMNPで乗り換えるべきメリット6選
みんなが気になる乗り換え時のMNP費用を3キャリアで比較

スマホの乗り換えで失敗する人の共通点

「機種変更してみたら、思ったより料金が高かった…。」なんてことありませんか?

いま、ショップの店頭で有料オプションや有料コンテンツに加入させらて、結局損をしてしまう人が続出しています。

スマホを乗り換えるときには『おとくケータイ 』などのオンラインショップを利用してください。

どんなショップよりも、賢くおとくに乗り換える方法です。
iPhone7も実質0円になり、学割などのキャンペーンや限定割引など、今月が一年の中でもっともおとくな時期です。


→ おとくケータイで乗り換えキャッシュバックをもらう (電話がおすすめ!)
→ SMARTPHONE STOREでキャッシュバックをもらう
→ソフトバンクはこちら
→ドコモはこちら
→auはこちら

-MNP, スマ放題, ソフトバンク, 新着

Copyright© app note , 2018 All Rights Reserved.