app note(アップノート)はiPhoneをもっと楽しくするための情報を提案します!

app note

MNP MNPキャッシュバック キャッシュバック ソフトバンク ソフトバンクの料金プラン 一括0円 乗り換え

SoftBank乗り換えキャッシュバック!確認すべき8つの注意点

投稿日:

今回はSoftBank(ソフトバンク)へMNPで乗り換えて、キャッシュバックで得するための注意点を解説します。
 
電話番号そのまま乗り換えられるようになってから、主要キャリアといわれるSoftBank、au、docomoの価格競争はより激しくなりました。
今のキャリアのまま機種変更するよりも、乗り換えることでキャッシュバックをもらった方が、毎月の料金まで安くなることも多くなり、auやdocomoユーザーの多くは、SoftBankにキャリアを変えて契約する人も多いのではないでしょうか。
では、MNPでSoftBankに乗り換える場合に注意すべき点はどこにあるのでしょうか。今回はSoftBankに乗り換えてキャッシュバックを貰う時、注意しなければならないポイントを詳しく解説します。
 
◎販売店(ショップ)によってキャッシュバック金額が違う◎

まず気をつけなければならないのは、キャッシュバックとして私たちに還元してくれる金額は販売店によって大きく違うということです。
通常のソフトバンクショップよりも、おとくケータイ.net のようなweb販売店を利用するすれば、店舗費用の分が私たちに還元されるため、結果として2万円以上得になることも多いはずです。
金額の差が大きいため、最寄りのショップで済ませてしまうのは、あまりにもったいないかもしれません。
 
◎今使っているスマホの残額◎
15-01
キャッシュバックの金額が魅力的だったり、解約金をその中から負担するなどのキャンペーンを打ち出している店舗はたくさんあります。しかし気をつけなければならないのは、今使っているスマートフォン。支払いを分割で行っている場合、全て支払いが済んでいるか確認しておく必用があります。契約の際に、毎月の使用料金から割り引きを受けれるサービスに加入している場合もあるので、スマホの機種によって金額は異なります。
今のキャリアを解約すると、月々の割引は終了してしまうのです。残りの金額を全て支払わなければなりません。MNPを使って、契約して一年で乗り換えた場合は残りの一年間の分を支払う形になります。この場合、本当にお得になるのか考える必要があります。
◎解約金が掛かる◎
4000320379_5dccfc9528
今使っているスマートフォンの支払いが終了していたり、2年以内の解約などタイミングによっては解約金が必要になります。2年縛りと言われる、2年間にわたって契約する事を条件にしているので違反金として9,975円発生してしまうのです。
解約するには、この解約金の掛からないタイミングで行う事もポイントです。キャリアによって表示の仕方はさまざまですが、キャリアのホームページにログインするなどして確認できます。電話の場合は繋がりにくい事も多いので、サポート用のホームページから確認したほうが早そうです。
docomoの場合は、契約満了月。auの場合は、更新月。ソフトバンクならば更新月など、さまざま。ココを確認しておくだけで、違反金を払わずに済むので賢く乗り換えれると思います。
◎手数料が掛かる◎
番号をそのまま乗り換える場合、今までのキャリアを解約して新しいキャリアで同一の番号を契約します。この場合新しく契約するキャリアに契約手数料を、転出手数料を今まで契約していたキャリアへ支払わなければなりません。MNP転出手数料が2,000円。新しく契約する際の、新規契約事務手数料が3,000円必要になります。
◎実質0円の真意◎
良く目にするのが、MNPの乗り換えで端末が実質0円となっている事です。この場合の条件としては、2年間最期まで契約した場合0円になるという意味です。携帯の分割金は、月々の支払いに割り引きで相殺されていきます。2年間相殺し続けることで、0円になると言う意味で実質0円となっているのです。
2年以内に解約すると割り引きがなくなりますし、本当に0円で購入出来る場合は、一括0円となっています。
◎プランを確認しておこう◎
乗り換えで、キャッシュバックやキャンペーンがたくさん受けれても大切なのは契約プランです。この契約プランによって、毎月の支払いは代わってきます。電話を多く掛ける人や、スマホで動画を日常的に見る人など。自分に合ったプランを選択する必要があります。契約内容によっては、割り引きなのでお得になる事もあるので、見極めが大切です。
◎キャッシュバックの条件にある有料コンテンツ◎
多くの場合、高額なキャッシュバックには条件があります。その中に有料コンテンツや有料のキャリアのオプションが必須になっている場合もあるのです。本体を格安で購入できたり、キャッシュバックを貰えることによってユーザーは得をします。しかし携帯会社側としては、利益が減ってしまいます。
このような有料のオプションに加入してもらい、利益を出すようにしています。内容によって違いますが、初月は無料だったり315円程度のものを最低でも2ヶ月契約しなければならない場合などさまざまです。必要なければすぐに解約する事を忘れないようにしましょう。
◎MNPするなら、短期解約の繰り返しにならないように◎
高額なキャッシュバックが現金ですぐに貰える事もあります。今使っている端末が最新の物だと、高額で売れる事もあります。そういった背景から、キャリアを次から次に乗り換える人も増えています。6か月以内の短期解約などを繰り返していると、携帯会社がブラックリスト入りにする場合もあるそうです。
こうなった場合は、一定の期間契約することが出来なくなってしまいます。ハッキリした規約は分かりませんが、むやみやたらに乗り換えを繰り返す事は控えた方が良さそうです。
ぱっと見とてもお得に感じる、乗り換えによる契約。しかし、気を付けなければならない点はあります。賢く乗り換えて、お得に使う為に注意して月々の料金を抑えて端末もやすく手に入れる事が出来れば嬉しいですよね。
今のキャリアの解約のタイミングで、MNPを使い乗り換えるのが最適だと思います。またキャッシュバックも店舗によって、内容が違います。契約プランはキャリア店舗どこでも同じなので、キャッシュバックの比較は行動範囲の店舗を巡るのも良いかもしれません。よりお得にスマホを手に入れましょう。
 

スマホを乗り換えるなら!


機種変更では、このような失敗をする方がとても多いです。
  • 有料オプションを契約させられ料金が高くなった。。
  • 待ち時間や契約時間が長くて、半日かかってしまった。。
  • キャンペーンや割引がきちんと適用されていなかった。。
スマホを乗り換えるときには、
→ おとくケータイで乗り換えキャッシュバックをもらう
→ SMARTPHONE STORE
で乗り換えをするとキャッシュバックがもらえます。

スマホの機種変更するときは、
→ソフトバンクはこちら
→ドコモはこちら
→auはこちら
キャリア公式オンラインショップがおすすめです。学割や限定キャンペーンなどがもっとももおとくな時期です。

おさらい

記事で紹介した「おとくケータイ.net」を詳しくみる
 

スマホの乗り換えで失敗する人の共通点

「機種変更してみたら、思ったより料金が高かった…。」なんてことありませんか?

いま、ショップの店頭で有料オプションや有料コンテンツに加入させらて、結局損をしてしまう人が続出しています。

スマホを乗り換えるときには『おとくケータイ 』などのオンラインショップを利用してください。

どんなショップよりも、賢くおとくに乗り換える方法です。
iPhone7も実質0円になり、学割などのキャンペーンや限定割引など、今月が一年の中でもっともおとくな時期です。


→ おとくケータイで乗り換えキャッシュバックをもらう (電話がおすすめ!)
→ SMARTPHONE STOREでキャッシュバックをもらう
→ソフトバンクはこちら
→ドコモはこちら
→auはこちら

-MNP, MNPキャッシュバック, キャッシュバック, ソフトバンク, ソフトバンクの料金プラン, 一括0円, 乗り換え

Copyright© app note , 2018 All Rights Reserved.