app note(アップノート)はiPhoneをもっと楽しくするための情報を提案します!

app note

iPhone iPhone6s iPhoneの料金 ソフトバンク 乗り換え 新着

ソフトバンクから他社iPhone7に乗り換え!お手軽な方法3つ

投稿日:

Softbankといえば、日本では最初にiPhoneの取り扱いを始めたことで有名です。最近は別のキャリアでも積極的にiPhoneをアピールしています。ソフトバンクではiPhoneだったけど、乗り換え先は新しいiPhone7で良いかな、みたいな人も中にはいるでしょう。そんな人のために次は良い形で乗り換られるお手軽な方法を紹介します。

乗り換えようと思ったけど、契約のしくみがよく分からずやめるのは、とても勿体の無いことです。乗り換えの方法を押さえおけば、忙しい毎日の中でもスムーズな移行が可能になります。

http://goo.gl/nhURMs

スマホを乗り換えるなら!


機種変更では、このような失敗をする方がとても多いです。
  • 有料オプションを契約させられ料金が高くなった。。
  • 待ち時間や契約時間が長くて、半日かかってしまった。。
  • キャンペーンや割引がきちんと適用されていなかった。。
スマホを乗り換えるときには、
→ おとくケータイで乗り換えキャッシュバックをもらう
→ SMARTPHONE STORE
で乗り換えをするとキャッシュバックがもらえます。

スマホの機種変更するときは、
→ソフトバンクはこちら
→ドコモはこちら
→auはこちら
キャリア公式オンラインショップがおすすめです。学割や限定キャンペーンなどがもっとももおとくな時期です。

1.docomoのiPhone7に乗り換える

Softbankからdocomoに乗り換えてメリットがあるのか、そんな思いを持っている人も多いのではないでしょうか。docomoではキャンペーンを頻繁に行っており、iPhone7の乗り換えもお得になるキャンペーンやプログラムなどが沢山あります。色々有効活用して乗り換えの契約をして欲しいのですが、今回は下取りプログラムを使ったお得な乗り換えを紹介します。
docomoには下取りプログラムという、お持ちの端末を下取りに出し、その下取り価格を携帯電話機などご購入代金から最大27,000円を割引というものです。購入対象機種は全機種になっており、iPhone7以外の乗り換えもお得になっています。下取り対象端末についてはiPhoneのみに限定して説明していますが、docomoのiPhoneだけでなく、Softbankやau、全てのiPhone機種を下取りしてもらえるようです。
SoftbankのiPhoneは6S、6s Plusなどの下取り価格が高くなっており、約3万円程度の価格を端末代金から割り引いてくれます。そう考えれば、今まで使っていたソフトバンクのiPhoneはドコモに契約を移すことによって、お得な契約ができると思いませんでしょうか?
http://goo.gl/q8BsxE

2.iPhoneを売って乗り換える

タイミングの良い乗り換えの例も紹介します。SoftbankではiPhoneを契約した時に2年契約での縛りがあったはずです。契約満了月は2年後になるのですが、その契約満了月の翌月に解約すれば、解約金は掛かりません。そろそろiPhoneを使い始めて2年が経ちそうだ、ということであれば、その期を逃さない手はないでしょう。
無料で解約できれば、後は自分の端末としてWi-Fi運用したり、買取専門店やオークションに出して売ったりすることも可能になります。売ったお金でdocomoで新規に契約したり、OCNモバイルなど別のMVNOで契約すれば、安く乗り換えが可能です。iPhoneを売る時には少し注意する点もいくつかあるようですが、最初から中古商品を買っておき、乗り換え額に等しい契約をしたりもできなくはありません。
http://goo.gl/uOv0xT

3.下取りプログラムを活用する

Softbankの下取りプログラムを利用する方法を紹介します。こちらはSoftbankのiPhoneやandroid端末を使用していた場合に適用されるキャンペーンです。機種変更下取りプログラムというキャンペーンになりますが、2015年2月1日から始まっているようです。
最初に下取りプログラムの中で一番高い下取り端末が、iPhone6s Plusになります。次に高いのがiPhone 6sです。これらを綺麗な状態で下取りしてもらえば、最高で36,000円もお得になります。基本的に通信料金から割引されるのが基本ですが、Tポイントの一括付与も可能なため、そちらを参考に考えてもらえば、把握しやすいのではないでしょうか。
こちらのキャンペーンは機種変更の条件で下取りしてもらえるため、iPhoneを使っていたなら、別の機種に変更しなければいけません。機種変更対象機種は、iPhone 6s、iPhone 6s Plus、iPhone 6、iPhone 6 Plus、iPhone 5S、4Gスマートフォンになります。まずはiPhone6sを下取りしてもらい、4Gスマホに機種変更した場合を考えましょう。
普通に考えれば、4Gスマホの通信料金が安くなる感覚で36,000円のキャッシュバックが返ってきます。これを全てTポイントに一括付与します。取りあえず、4Gスマホに乗り換えることにより、iPhone以外の楽しみ方が可能です。そして一括付与した36,000円分のポイントをどう使うかが要点になります。
貯まったTポイントをどこで使うか、TポイントはiPhone7を購入できるヤフーショッピングやヤフーオークションを使えば便利です。Tポイントはヤフーの簡単決済の時などにTポイントを使って支払う選択も可能になっています。ヤフーオークションは中古のiPhone7が出品されることもあり、端末を安く手に入れたりできるのです。
36,000ポイントもあれば、殆ど費用を掛けずにiPhone7ゲット、そしてですが、iPhone7はdocomoの端末を購入するようにして下さい。docomoのiPhone7があれば、各MVNOのSIMカードを使いデータ通信ができたり、音声通話なども可能になります。今まではAPNにsoftbank.ne.jpの設定をしていたはずですが、それをOCNであれば、ocn.ne.jp、BIGLOBEであれば、biglobe.ne.jpを使うことになります。
これらのSIMカードはdocomo のSIMを使うため、docomoの回線を利用しているのとほぼ同義です。そのためiPhoneを安く買ったり、docomo端末を手に入れれば、docomoより安く通信できるということになります。他のMVNOは中古端末の再利用ができるよう安い料金での通信を提供しており、コスパ的にも乗り換えは別のMVNOが良いとされます。

まとめ

ソフトバンクから他社のiPhone7に乗り換える方法を紹介しましたが、いかがだったでしょう。賢く乗り換えれば、そんなに実費を使わず済むのは理解できたでしょうか。今回紹介した例以外にも、他のキャンペーンや方法を使い、安く乗り換えることは可能です。他のサイトなどを参考に乗り換えの検討などしてみてはいかがでしょうか。
※タイトル画像:http://goo.gl/JZCuKM

関連記事

あなたのiphone、繋がりやすい?電波が悪くなる3つの原因
軽やかなタッチ操作!噂の新作、新型iphone3種を徹底分析!
まずは確認から!iPhoneの容量を効率的に使うための5ステップ日
iPhone6の価格で見える!? SoftBankがお得な5つの理由
iPhoneの料金を比較できる!お得が分かる5大サイト

スマホの乗り換えで失敗する人の共通点

「機種変更してみたら、思ったより料金が高かった…。」なんてことありませんか?

いま、ショップの店頭で有料オプションや有料コンテンツに加入させらて、結局損をしてしまう人が続出しています。

スマホを乗り換えるときには『おとくケータイ 』などのオンラインショップを利用してください。

どんなショップよりも、賢くおとくに乗り換える方法です。
iPhone7も実質0円になり、学割などのキャンペーンや限定割引など、今月が一年の中でもっともおとくな時期です。


→ おとくケータイで乗り換えキャッシュバックをもらう (電話がおすすめ!)
→ SMARTPHONE STOREでキャッシュバックをもらう
→ソフトバンクはこちら
→ドコモはこちら
→auはこちら

-iPhone, iPhone6s, iPhoneの料金, ソフトバンク, 乗り換え, 新着

Copyright© app note , 2018 All Rights Reserved.