ドコモの解約金が想定外…チェックすべきだった3つの項目

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

スマホを乗り換えるなら!

機種変更でこんな失敗をしていませんか?
・有料オプションを契約させられ料金が高くなった。。。
・待ち時間や契約時間が長くて、半日かかってしまった。。。
・キャンペーンや割引がきちんと適用されていなかった。。。

スマホを乗り換えるときには『おとくケータイ』などのオンラインショップを利用してください。

損することなく、どこよりも賢くおとくに乗り換えられます。
学割や限定キャンペーンなど、今月が最もおとくな時期です。

→ おとくケータイで乗り換えキャッシュバックをもらう
→ソフトバンクはこちら
→ドコモはこちら
→auはこちら

1.携帯電話の途中解約の解約金が気になる…

携帯電話の途中解約の解約金について、気になったことのある方は多いのではないでしょうか。これはDocomoユーザーの方だけに限ったことではありませんが、途中解約をする時の仕組みまで気にされている方はあまりおられないように思います。お金(解約金)がかかるということだけは知っているけれど、自分は2年使うつもりだからあまり気にしない、という人がほとんどではないでしょうか。

しかし実際は、途中解約で解約金がかかってしまった、という人が非常に多いです。自分が買い換えたくなるような機種が2年ごとに、それも自分の契約が終わる頃にちょうど間に合わせて出るなどと言う事はほとんどないでしょう。iPhone7が出た時も、ちょうど2年契約が終わったところだった、なんて言う人ばかりではないはずです。

iPhone7がどうしても欲しい人は、今まで持っていたスマートフォンの契約を途中で解約してiPhone7の契約をしようとするでしょう。それが機種変更になるのか、MNPの契約になるのか、MNPの場合は、どうしても解約の問題と直面することになります。そうすると当然、解約金の門外が発生し、解約金だけでなく、月割りの値引き額も打ち切りになってしまいます。

キャリアは2年縛りで契約すれば端末購入に際し端末ごとに値引きをしますが、その契約期間内に解約した場合は基本9,500円の解約金がかかりますよ、とだけ伝えるのみです。実は注意しないといけない、大きな問題であることを積極的に教えてはくれないように感じます。解約しやすくすると、顧客ベースの確保が難しくなるのではないか、という不安をキャリアは懸念しているからです。

世の中にはそう言った複雑な仕組みを利用して、2年間の契約の後には最終的に黒字になるように計算し、儲けてしまおうと考える人までいることには驚きを感じざるを得ません。しかし、携帯各社の料金体系は複雑で普通の携帯、スマートフォンユーザーがサービスやオプションとセットになった料金体系を理解するのは難しく、9,500円くらいなら払うよ、と考えてしまう方も多いです。でもそれはキャリア側の思う壺ともいえます。

普通のユーザーも最低限の知識だけは持ち、解約金を払うときも納得して払えるようになっておく必要があるのではないでしょうか。

http://goo.gl/wlmkeO

(本文)

2.自分が携帯を契約した日時を覚えていますか

大手3キャリアの契約途中の解約金はどこも基本9,500円です。そして解約する場合は、さらに適用されていたキャンペーン、オプションの割引がすべてなくなってしまいます。

また「月々サポート」のような、端末の割引もなくなります。当然端末の支払い残金が残っているユーザーは、それを継続して支払うか一括で清算しなければいけません。そういった契約の内容が一番複雑で解りにくいのがDocomoかもしれません。

<<次ページに続きます>>

スマホを乗り換えるなら!

機種変更でこんな失敗をしていませんか?
・有料オプションを契約させられ料金が高くなった。。。
・待ち時間や契約時間が長くて、半日かかってしまった。。。
・キャンペーンや割引がきちんと適用されていなかった。。。

スマホを乗り換えるときには『おとくケータイ』などのオンラインショップを利用してください。

損することなく、どこよりも賢くおとくに乗り換えられます。
学割や限定キャンペーンなど、今月が最もおとくな時期です。

スマホの機種変更が変わる!スマホを自宅で受け取るだけで、 スマホが安くなる「自宅乗り換え」がいまスゴい!』も参考にしてください。

→ おとくケータイで乗り換えキャッシュバックをもらう
→ソフトバンクはこちら
→ドコモはこちら
→auはこちら
1 2 3 4

お得に携帯を乗り換える!キャッシュバック比較表を紹介

1. 今の携帯キャリアそのままで機種変更することは、機種代金・月額料金・キャッシュバックなどあらゆる面でをします!
2. au・ドコモからソフトバンクのように電話番号そのままで乗り換えることで、機種代金もお得に、毎月安く使うことが可能です。
3.特に、下記で紹介するようなスマホルームやおとくケータイのように店舗費のかからないWeb販売店を利用することで数万円の現金キャッシュバックを貰えます。

おとくケータイ

評価

★★★

キャッシュバック

20,000円〜30,000円

特徴

  • 高額キャッシュバック
  • 全国に店舗あり

デメリット

  • 実際のデモ機を触れない

SoftBank Online Shop

評価

★★☆

キャッシュバック

0円〜10,000円

特徴

  • 直営のため入荷が早い
  • 店頭の待ち時間が無い

デメリット

  • MNPでもキャッシュバックが少ない

docomo Online Shop

評価

★★☆

キャッシュバック

0円〜10,000円

特徴

  • 直営のため入荷が早い
  • 店頭の待ち時間が無い

デメリット

  • MNPでもキャッシュバックが少ない

au Online Shop

評価

★★☆

キャッシュバック

0円〜12,000円

特徴

  • 直営のため入荷が早い
  • わかりやすい料金シミュレーション

デメリット

  • MNPでもキャッシュバックが少ない
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket